オープンダイアローグ

オープンダイアローグ なるものに初めて参加してみた話

アベです。 本日 skypeを用いた「 発達障害者同士のオープンダイアローグ」と言ったアクティビティ(?)に初めて参加をしてみました。 転職活動を細々としている現状において、何かのきっかけやヒントを得るいい機会になるかもしれない と感じたのが参加の理由でした。 ↑オープンダイアローグに関…

変化

先週末に借りた本は一時間ちょっとで読めるボリュームだった。が、そこから得られた考え方、いわゆる気づきの部分は、これからのわたしを培うものである。と、そういうふうに指針が定まっていくのが分かった。でも、極めて短時間に、たった一冊を読んだだけで、ころころと変わっていく様子は可笑しくも…

「介護booksセレクト」⑤『感じるオープンダイアローグ』  「21世紀に、知っておいた…

 いつも読んでくださっている方は、ありがとうございます。  おかげで、こうして書き続けることができています。  初めて読んでくださっている方は、見つけていただき、ありがとうございます。  私は、臨床心理士/ 公認心理師の越智誠(おちまこと)と申します。 「介護books」  以前は、いろい…

1対1ではない集団でのダイアログ・コーチングの魅力#184

今日は1月から週1ペースでしている、U理論をグループで体感するSSC(ソーシャルソリダリティサークル)のメンバーに、私が今抱えている問題について聴いてもらった。 本当に有り難い時間だった。 この感覚は、1対1のコーチングやカウンセリングでは生まれない感覚だった。 このSSC以外にも、1対1…

今日はオープンダイアローグ初めてのオンライン開催。どきどき。

6月10日のジャングルカフェの課題図書

 本日(2021.6.10)はジャングルカフェです。最近は統合医療の在り方を、課題図書を読みながら議論しています。今回の課題図書は以下の2冊になります。  オープンダイアローグについて、詳しく考えてから、「利他」の議論に移る予定です。「利他」の方は、分担執筆の形式ですので、一番興味深かった…

感じるオープンダイアローグ

 昨日(5/13)はジャングルカンファレンスでした。骨盤底筋と尿漏れの症例と、買い物依存とネグレクトの症例など幅広く議論が展開されました。  今回から占星術のセラピストも加わり、さらに広い視点からの「対話」となりました。  統合医療の在り方のみならず、コロナ対応も含めて、様々な視点が…

【臨床と宗教】 第5回 共感でつながる医療と宗教

前回まで 医療のなかで宗教が意識されることはまだまだ少ないかもしれません.しかし,つらい病気や死の経験をするなかでは,それらを乗り越える助けになり得るはずです.マインドフルネスなどは仏教がもとになっていますが,治療への効果が実証されたことで医療界に広まりつつあります.今後,宗教が…

オープンダイアローグ「リフレクション」とマネジメント

質問者:後藤さんはいまどんなワークライフなんですか? 後藤:コロナの前後に色々と変わったよね。今は、仙台のマンションの一室から、オンライン会議で、みんなと会う。機会があれば、出かけていって、楽しむ。それがとても素敵なことなんだ。 コロナになって多くの人がパン作りや自炊を始めたって…

888

色々な形の救いがある(オープンダイアローグに参加して) ストラテラ服用日記337日…

オープンダイアローグ(OD)の話題です。 先日、オンラインでODに参加しました。 自分が主催じゃない会に参加するのは2回目で、発達障害ではない参加者とのODでした。 今回は、1コマの中で短いODを2回繰り返す形式で開催。2名の悩みや困り事の相談を受けました。 その中でとても意外なことが起きま…