ウェブ会議

ウェブ会議の苦手なところは、ズラッと並んだ顔と自分の顔が映る点

★スキが励みになってます。いつも読んでくれてありがとうございます★

ナショジオでzoom疲れの記事が出ていて、自分だけではなかったんだと安心した。

疲れるのは4つの理由があるらしいのだが、ボディーランゲージが伝わりにくい、画面に収まっていないといけない窮屈さ、という2点はあまり私は感じない。

一方で自分の顔がずっと映っている設定だと、どうしても自分の顔が気になってしまう。美人でないため、こん

もっとみる
スキありがとうございます!
1

リモートマネジメントの悩みの構造①”情報共有が進まない”

スコラ・コンサルトの滝口です。昨年7月の記事以来ひさしぶりの投稿です。私たち”サイスコ”チームは今年に入ってからも、リモートワーク環境下のマネジメントについて、セミナーに参加いただいた皆さんと意見交換を続けてきました。

今後は再びオフィスで仕事をする場面が増えたり、リアルとリモートが混在するハイブリッド環境になったりするかもしれませんが、いずれの状況でも根底に流れる”マネジメントの本質”を意識し

もっとみる

もうZoomはいらない?!ゲームみたいにウェブ会議ができる「Around」😃

日々の在宅ワーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
Zoom、WebEx、Teams、Meetなどなど相手にあわせて切り替えて大変ですよね〜。

本日、職場の同僚といつものようにウェブ会議をしようとチャットをしていると、「今日のウェブ会議はこの前話していた「Around」でやってみません?」とお誘いがあったので、噂には聞いていた「Around」を初体験いたしました。

これが予想以上に快適で、超

もっとみる
うれしいです!コメントもぜひお気軽に❗️✏️
44

ウェブ会議の話し方心得

7.ウェブ会議のマナー

 自分の声が「目に見える形で」保存される時代になりました。あなたがYouTubeやインスタライブ等で発信しなくても、スマホのビデオ通話など、映像を通して自分の話が他人に聞かれる機会は増えています。

 新型コロナウイルスの感染拡大によってバーチャル会議(ウェブ会議やテレビ会議)が瞬く間に普及し、首脳が参加する国際会議もバーチャルで盛んに行われるようになりました。

 新型

もっとみる
どうもありがとうございます!

スマホをアプリでNDIカメラ化して、Zoomに参加してみた

スマホをNDIカメラにできるアプリがあると聞いて気になっていました。NewTekが出しているアプリ「NDI HX Camera」。Android版とiOS版があり、去年はなんと期間限定で無料配布されていたそうです。「もう少し早くNDIと出会っていれば…」と思いつつ、ウェブ会議アプリのZoomで使ってみることに。インストールからZoomに接続するまでの流れと、使った感想をまとめてみました。ちなみに私

もっとみる
うれしいです!
8

ウェブ会議の方が早く終わる?どれくらいリモートワークしてる?アンケートで色々聞いてみました!

こんにちは!ACALLマーケティング/広報の那須です🍆
あっという間に東京では桜が満開に🌸すっかり春ですね。

4月から新年度を迎えて、はたらく場所やはたらき方が変わる方、意識的にはたらき方を変えたいと考えている方も多くいらっしゃるかもしれません。

みなさんのはたらき方においても是非参考にもしていただきたく、リモートワークやオフィスワークについてアンケートを実施しました。リモートワークの割合

もっとみる
ありがとうございます!
7

いろんなウェブ会議に「速記者」を招待できる?スタートアップ「Scribe」

ウェブ会議に「速記者」を招き入れることができるサービス「Scribe」について、お話ししたいと思います。情報源はテック・クランチさんです。

こうして紹介しようとしている私もまだ使ったことはありません。まだ、ローンチしてないようで、まずはScribeのサイトからメールアドレスの登録だけしておきました。

分類されたテキストでデータが残せる

さて、こんなことをイメージしてください。

『あなたは、

もっとみる
うれしいです!

講演者とパネリスト間のキャッチボール

 みなさんは、ウェブ会議中で発言していないときは、カメラをオンにしますか?オフにしますか?しかし、そもそもウェビナーの参加者の場合は、カメラを自分でオンにできませんね。 

通例、ウェビナーでは、主催者を含むパネリスト(カメラとマイクを自分でオンにできる発言権のある方)だけが、顔の映像が表示できます。今日は、このパネリストがカメラを原則オンにして、積極的に講演者にリアクションを返してほしいというお

もっとみる
励みになります!

連続投稿100日達成記念!アクセスランキング

このnoteは、おかげさまで連続投稿100日を達成いたしました!

このnoteを始めたのは、昨年の11月。仕事の関係で身に着けたウェビナー配信の勘所について記事を書いて公開し、ウェビナー運営をどうしたらいいか悩む皆様のお役に少しでも立てればと思ってはじめました。

そして、初めて一日も欠かすことなく100日連続で投稿できました!100日連続投稿は、自分が目標としてきた大きな節目です。このブログを

もっとみる
励みになります!
2