アカデミック

中3。不登校気味なので全日制の高校に行くか定時制に行くか進路で迷ってます。

ひろゆきの新刊だよ! 体が弱いのであれば、「体が弱い」っていうのをちゃんとに学校に言った上で、普通に全日制で、「たまに休む」でいいんじゃないですかね? 僕の高校で同級生で1個上のカナヤくんっていう人がいたんですけど。 なんか手術かなんかしたのか? なんか体が悪いとかでたまに休んで…

アカデミック読書会(第25回) 開催レポート - 「ナショナリズムの多様性」-

読書会概要本日(6/10木)の読書会は、「社会主義革命が起こった国々で、ナショナリズムはどのように採用されたか?」をテーマに、ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』の「IX 歴史の天使」を読みました。 社会主義の受け入れられ方は国によって異なり、独裁的・専制的な社会主義国・共産主義国…

自分の頭で考える代わりに、 なるべく昔の有閑者にそれを語らせ、 その後継者にそれを記述させ醸し、 ココゾという時に持ち出してただ「拝む」 いざ生まれてからでは遅いから、 ご先祖さまを使い、 過去世という遺産を存分に利用する。 自我にこだわらなければ、 『逆引用』すら可能。

読書感想 『裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち』 上間陽子 「魂のこもった調査の…

 こうした書籍を読むと、時間をかけての丁寧な取材(調査)は、アカデミックな研究者の仕事になっていくのだろうか、と思う。  それは、ジャーナリズムでのノンフィクションが、どれだけ困難な状況にあるのか、といったことをいろいろな場所で知るたびに、微妙な気持ちにもなるけれど、それでも、こ…

アカデミック読書会(第24回) 開催レポート - 「愛着」の源とは?-

読書会概要本日(5/27木)の読書会は、「なぜ人々は国民(ネーション)に愛着を持つのか?」をテーマに、ベネディクト・アンダーソン『想像の共同体』の「VIII 愛国心と人種主義」を読みました。 ナショナリズムは、自分の生まれを変えることができない「宿命性」と、自分でその宿命性を受け入れたとい…

アカデミック読書会(第23回) 開催レポート - AI翻訳でナショナリズムは超えられるか…

アカデミック読書会(第23回)の開催レポートです。 読書会概要今回(第23回)のアカデミック読書会では、「近代教育政策は植民地ナショナリズム(主としてアジア、アフリカの植民地で発生したナショナリズム)形成にどのように関わったか?」をテーマに、ベネディクト・アンダーソン著『想像の共同…

日本語教師が教える場所は大きく分けて3つある

日本語教師のわかばです。京都を拠点に関西で日本語を教えています。 ときどきライターとして記事を書いたりもします。 今日は日本語教師の「働き方」ではなく「働く場所」について考えたいと思います。 わたしは時々、オンラインの勉強会などに参加することがあります。そのとき、参加者同士で話を…

100

【現代の拷問器具】性産業、ジェンダー、環境問題には触れないが吉

報道して良い真実などない 共感力が高く、人の心がわかる人、理解力のある人は、 その手の動画を見るだけで十分に「満足」でき、 その手のニュースを見るだけで「辟易」するから、 そのような情報にフリーアクセスできる圏内では (結果的に)まともじゃないヒトビトが繁栄する。 「議論の余地」…

研究職に就くか医学部再受験か悩む。

ひろゆきの新刊だよ! 企業に行くと結局、「その企業がどう利益を出すか?」になっちゃうので。 多分本当に研究自体が好きだったら大学に残り続ける学問の方がいいと思いますよ。 なので普通に、「アカデミックで教授を目指す」っていう方向性で。 それが科学系でも、「科学系の教授になる」とい…

少し語りモード

はじめにこの記事を初めてご覧になる方も、またフォローしてくださる方も、改めて、初めまして、山田太朗(仮名)と申します。noteデビューは2021年4月からになりますが、ひとつお見知り置きを。 やっぱり(仮名)ってことははい、山田太朗(仮名)はHNです。ジョン・スミスさん的な感じで受け取って…