このままでいさせて

おはようございます。

夜灯(やと)です。

寝てないから、おはようでもなんでもないんですけどね。

もう頭おかしくなりそうで、

急に更新し続けてしまっています。

やっと就活のエントリー先を絞りつつありますが、

課題しないとエントリーの締切日さえ分からないのとかもあって、

前に進まないです。

もうやだ。

この苦しみから一刻も早く逃れたくて、

救われたくて、

抱きしめられている時間は

もっとみる
ありがとうございます。よく眠れますように。
2

写真を捨てるということ

#写真 #捨てられない #思い出を引き出す #音楽 #匂い #ぬくもり #場所 #人によって #気分によって #変わる #忘れない #思い出さなくなるだけ  

どうも。土日だと、どうしても投稿が遅くなりがちの、じーもです。

さて突然ですが、みなさん。写真、捨てられますか?(いつもは前置きが長いので、今回はズバッと!笑)

自分の若かったころの写真。幼かったころの写真。もうこの世にはいなくなってし

もっとみる
ありがとうございます(*^^*)
2

まんなかに自分

本当に描きたいものを描いていこう
それだけでは
バランスがよくないから
もしも人に頼まれれば
私で良ければ、といったものを描いてみよう

もっともっと
はっきりしたものを
描きたくて
なんだかもやもやしていた

突き放した言い方をして
燃えるものを求めている

ある人の声で
その時が来たのを知った
この丘から
駆け下りて
部屋へ戻るなり
描けたもの

何という
優しいものだったの

荒々しさから生

もっとみる
うれしいです('o`)
23

「抱っこからハグへ」いくつになっても伝わるぬくもり

大雪が降った翌日の朝、60代くらいの女性と豆柴がお散歩しているところを見かけた。

しかし、女性が豆柴を抱っこしながら歩いていたので、
「お散歩じゃないじゃん。豆柴を抱いたお母さんのウォーキングじゃん。」
と微笑ましく思ったのと同時に、むかし従姉妹が雪の日に1歳のむすこを抱っこしたままうしろに転倒し、腰を強打したときのことを思い出した。

いとこは「おかげで腰が痛いわ~。」と苦笑いしながら話してく

もっとみる
僕からもありがとう❤
10

短編小説| 愛しいあの子

寒い──。

ブルっと身震いして、目が覚めた。
 
先ほどまで部屋の中に差し込んでいた暖かな日差しは、すっかり角度を変えてしまっている。

どうりで寒いはずだと目をやると、眠る前に体にかかっていたお気に入りの毛布がなくなっていた。

おかしいな、と思ったのも束の間、隣で眠るあの子の小さな手がしっかりと握りしめているのが視界に入る。

どうやら自分の毛布を蹴飛ばしてしまっため、わたしの毛布を引っ張っ

もっとみる
うれしいです!ありがとうございます!
7

【昌棗】夜の梅 yorunote

ひとりでは通り過ぎてしまうだけの時間がある
足裏にからむかすかなにおいの名残りを
拾い上げる

水に映る景色が好きだ
見落としたものが落ちていそうで
ゆるやかにひなぐ水面の
まばたきの
すきまにすべりこんでいる 月の裏がわ
まっくろな空から落ちてきた音符を
はじきあげて

探りあてる手のひら
行こう 夜の向こうへ

ありがとうございます!

「㊗️5ヶ月」

芸能活動をスタートして
5ヶ月が経ちました。

いただくやさしさや 思いやりに感謝です。

ちいさな幸せを喜んだり
ゆっくり休んだりできますように

いつも、ありがとうございます❣️
              ゆま

人のぬくもりが恋しい。爺ちゃんと婆ちゃんに会いたいな。

こんにちは。ゆっぴーです。

今日も私のnoteに遊びにきてくれて、ありがとうございます。

月曜と火曜日は、心身ともに疲れきって脱け殻状態になっていました。

土曜の深夜に大きな地震があって、気持ちが休まりません。皆さんは大丈夫でしたか?

昨日、お昼ご飯を食べた後、2時間も昼寝をしたのですが、

昨年、亡くなった、大好きな婆ちゃんの夢を見ました。婆ちゃんは笑顔で私を見ていました。誰か家にいるの

もっとみる
嬉しいです。ありがとう!
6

またもや寝落ち!!か?

昨日、また寝落ちしてしまって、noteの連続投稿の記録が途切れた!
何事もなく記事投稿してまた再び眠ったけれども、
悔やまれる…

また新たに挑戦だ!

と言う今日ももう眠りそう。

しばらくはこんな感じかな。

明日明後日また少し気温が低いようだ。
仕事を早く切り上げて、温泉に行こうかな。
温泉、本当にありがたい!

冷えすぎない工夫もまた模索しよう!

おやすみなさい♪

また見てください!
3

イライラしちゃうときの時間の過ごし方

イライラしちゃうとき
あなたなら
どんな時間を過ごしますか?

〜〜〜KAI編〜〜〜

昔だったら
お酒ににげて酔いつぶれたり
誰かに当たりまくったり
食べて紛らわせたりしていたけど

(受け入れたくなかったんだなぁ
なんて   今ならおもう)

全然スッキリしないどころか
あ〜あ!またやっちゃった
なんて
自己嫌悪してしまう私がいた

1.文字や言葉に変えようとしない

イライラしちゃう時って

もっとみる