岡部恭英さんと繋がって_#スポみら

57

岡部恭英さんと繋がって【1】

Newspicksというサービスがありますね。

情報感度の高いビジネスマンに対し、ニュースを配信するだけではなく、コメントできる様にすることで当事者的・部外者的な“考え方”を知ることができるニュースのプラットフォームです。

ぼくの中ではSNSみたいな日経新聞てイメージ。

そのプラットフォームの中に、もちろんぼくも登録していて、割とローンチされたばかりの頃からのユーザーです。

コメントを見る

もっとみる
さらにもう一歩、シェアまでしていただけると発狂します!

岡部恭英さんと繋がって【2】

前回のエントリで、ひょんなことから岡部恭英さんと繋がって、トントン拍子で話が進み、新潟へお呼びすることが確定したことを書きました。

早速、岡部さんにもシェアやPickしていただいて、地道に仲間を増やしていこうと思っていると、ドンドンと岡部さんの名の下にTwitterでコンタクトを取ってきてくれる方が...!

地元新潟県の高橋さんに...

地元新潟の大学生である岡崎さん

早速、参加宣言をして

もっとみる
「スキ」をいただけたので、姿勢よく、態度よく、気持ちよく過ごします!
1

岡部さんと繋がって【3】

もう、なんだか、フワフワしてます。

いくらSNSで事が運べるというのを存じ上げておりました、といってもここまでトントン拍子に事が運べるとは夢にも思いませんでしたからね。

前回のエントリで、岡部恭英という人格の元に「新潟」「スポーツ」「サッカー」というクラスタ(房とか集団を意味する語から派生し、Twitterでは「◯◯してる、興味がある人たち」と表現される集団)に属する人たちの輪が一気に広がった

もっとみる
「スキ」をいただけたので、姿勢よく、態度よく、気持ちよく過ごします!
1

岡部恭英さんと繋がって【4】

【これまでのおさらい】岡部さんとTwitterでつながったことから、「サッカー」「スポーツビジネス」「SNS」というキーワードで多くの方々とつながったり、問い合わせをいただく機会が増えてきた。

今回のプロジェクト、やはり、スポーツビジネスやUEFAチャンピオンズリーグに興味関心があり、岡部さんをご存知な方々は面白がってくれた上で、お手伝いを申し出てくれる人たちがいることがわかりました。

直接、

もっとみる
今日も充実した学びの在る一日に!
3

岡部恭英さんと繋がって【5】

前回の記事では、続々とゲストメンバーが揃ってきました、ということと、かる~い人材募集もかけさせていただきました。

ちょっと間が空いたのですが、この間にも素敵なつながりがドンドンと増えてきていて、スポーツジョブネットワークの公式Twitterアカウント(@SJN_official) から前回記事のリツイートを頂戴し、なんと心強い援護宣言もいただきました!

そして、大学生を中心に若者たちが岡部恭英

もっとみる
押してくれる一歩を期待しておりました!
4

クラウドファンディングのサービスサイト選定のお話

9月に開催する岡部恭英さんをおよびしてイベントを開催します。特に後ろ盾もなく個人での開催となりますので、賛同してくださる方々からの出資を募り、開催にこぎつけたいと考えています。

そこで僕の熱量を共感の輪として表現したいこともあり、 #クラウドファンディング で経費を賄いたいと考えてましたが、どのサービスサイトにしようかと考える上で基準を設ける必要がありました。

産みの苦しみという言葉を使用する

もっとみる
軽い気持ちで押しました?それが嬉しい!
7

"込めた想い"というお話

9月に岡部恭英さんを新潟にお呼びしてのイベントを開催するのですが、それに関連して【新潟スポーツインスティチュート】という任意団体を立ち上げました。

個人名で完結する形でも良かったのですが、その個人の繋がりで現在チームとして動いてくださるメンバーの方々から「任意団体として立ち上げるのはどう?」という提案をいただきましたので、乗っかってみました。

新潟でスポーツにおけるなんたるかを設立するとか設け

もっとみる
軽い気持ちで押しました?それが嬉しい!
8

クラウドファンディング公開前、というお話

もうそろそろなんですね。

9月に新潟で開催するイベントの開催に伴うクラウドファンディングを公開する時期が近づいてきています。

2月に岡部さんとTwitterでつながり、イベントを開催することしたところから半年。

途中、職と家族環境が変わる中で準備をすることに時間がかかり、焦燥感ばかり募る日々を過ごすことに対して少なからずストレスを感じて。

それでも今回の開催に際し、背中を押してくれる仲間の

もっとみる
途端にやる気が出てきました!
4

ついに公開します、というお話

先日から投稿内容がクラウドファンディングに染まっているということは、そう、つまりそういうことなんです。

2月、岡部恭英さんとTwitterでつながったことから動き出したプロジェクト「スポーツの未来に、僕たちができること」。

当初はそんな名前なんてあるわけもなく、ただ単に「面白そうだし、やってみたい。何よりも岡部さんに会いたい」ってそれだけでした。

そこに現在は九州産業大学へ移られた福田拓哉さ

もっとみる
押してくれる一歩を期待しておりました!
5

えとみほさん登壇へ...というお話

昨日の16時、9月23日に開催するイベントへの支援と参加権を合わせたクラウドファンディングをオープンしました。

『スポーツの未来に、僕たちができること』と題して開催に向けて動いているわけですが、グローバルなコンテンツであるスポーツをコミュニケーションツールとして利用し日本を盛り上げちゃいましょう!ということです。

日本を盛り上げる、というのは何を盛り上げるのかといえば、地方です。

ぼくが住む

もっとみる
また明日も書く気持ちが湧いてきました!
4