【#6 陸トレ シーズンイン】

おおはがです。

僕の地元・魚沼は日本でも有数の豪雪地です。

人が住むところでも3mを超える積雪になるところもあります。

そんな魚沼の冬といえばスキー。

僕も小学1年生から地元のスキー場のスキー教室に入って、

毎週末スキー場で滑りまくっていました。

小学校4年生の頃から競技に取り組むようになり、

中学時代は全国大会(いわゆる"全中")を目指して

夏は陸上部に所属してトレーニング、

もっとみる

鯉に恋して来い 言われても

ニシキゴイ に ハマっている 子から

「新潟へ行くんでしょ? じゃ 小千谷市へ」 

と、頼まれ

え?
おじや?
ナベの最後、卵 + ライス 投入の?

って、ソレ、雑炊らしく。

さておき。

ググり、、、

小千谷(おぢや)

初耳

「錦鯉の里」には、興味津々

ながら

地理的に、、、うーむ、、、、

上越新幹線
上野→浦佐

JR在来線
浦佐→小千谷

よりも、

終点の新潟駅 ま

もっとみる
スキありがとうございます!

【離婚に徳するお話】同じ「専門家」でも…

【同じ「専門家」でも…】
同じ、「離婚の専門家」でも、実は、人によって、いろいろ異なります。


まずは、専門家の種類の違い。


たとえば、弁護士と、行政書士と、離婚カウンセラー。


弁護士にできることでも、行政書士にできないことがありますし、かといって、弁護士にできないことが離婚カウンセラーにできることがあります。


それから、同じ職業でも、

もっとみる

【写真/旅】超三次元的猫町 能生地域

場所:新潟県糸魚川市 能生地域

萩原朔太郎の数少ない小説である「猫町」

あれに触れて以来、いつも旅先では自分の中の想像上の猫町を補強してくれるような町を探している。
例えば長野の渋温泉だったり、静岡の由比などがそうで、上海の路地裏もそれに近かった。

本当は自分の家から何間も離れていない所に見つけることができれば最も望ましいのだけど、生憎現在の住まいはすっかり綺麗に整備されてしまっていて、定規

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます。
3

麹チーズケーキ 栗&くるみ

冷凍庫に眠っていた里山ボタニカルのチーズケーキ。

麹も酸味があるので、チーズはよくわからないけど。
麹だなっと思う。背徳感のないおやつ。
ワインに合うらしいぞ、大人のおやつ。

里山ボタニカルのチーズケーキは冷凍なので
6時間前に「6時間後に絶対食べたい」と
思わないといけない。
買って帰ってすぐ食べようということができない。
なので冷凍庫に買っておいて、予定と気分を待つ。
もう冷蔵庫で解凍した

もっとみる

自然満喫の佐渡時間。

少し前の話ですが、今年のGWは妻の親戚筋を頼って佐渡島で過ごしました。緊急事態宣言発令もあって、県外に行きづらくなってしまいましたし、子供たちを家の中で過ごさせるのもアレだったので、久しぶりの佐渡行きです。

佐渡は自然以外何もない場所(良い意味で)。子供たちの曾祖母の家はまさに自然の中にあり、この時期は筍やら山菜やら、山に入ると色々な食物が採れます。

裏山にちょっと入るだけで立派な筍がいくらで

もっとみる

90歳 一人暮らしの父への想い➁

車庫崩壊

 例年以上に厳しい冬でした。

 離れて暮らしていると、地元新潟の降雪量・積雪量が気になってしまう。だから、冬は必ず毎日天気予報を見るのが習慣になっています。

 そう! 事件が起きる数日前も、実家に電話。今年(2021年)に入ってからも、相変わらず大雪が降る日が多く、私も心配になっていたのです。
 でも、父ちゃんは「雪降ろしをしたから大丈夫だ」そう言っていたので、ちょっと安心していま

もっとみる
私もスキです💓◍>◡<◍)。✧♡
2

一戸信哉の新潟のへラジオ Vol.6「高速道路」のような新潟バイパスと土屋雷蔵

新潟の高規格道路は、どのように計画されていったのか。その立役者である土屋雷蔵さんについてお話ししました。

もっとみる

FMPORTネタ①:さとうまこととMakotoSavannaその1

前回、初めてnote記事を書きました。そこで私は、「次回投稿を5/12にします」と書きました。
しかし、この記事を書き始めた時点で5/12 23:44。。。まぁ、いろいろありますよね。お許しを。。。

さて、今日はさとうまことさんの話を書きます。
単純に、ネットで【さとうまこと】と検索したら、とてつもなくいろんなさとうまことさんがヒットしました。俳優・アナウンサー・演出家・野球選手・新潟市議会議員

もっとみる

出会い=楽しい、を実感。

皆さん、こんばんわ!

好田 未里(よしだ みさと)です。

今回は自己紹介も引き続き、大学のことについて。

私は大学進学を機に、富山からお隣の新潟で一人暮らしを始めました。同じ高校から進学した人はほとんどおらず、当時は単身乗り込んだような感覚です。多くの同級生が進学した学校の話を聞いては、進学先を間違えたかもしれない…と不安にもなりました。

しかし、自分で決めた進学先。状況は自分で打破するし

もっとみる
モチベーションアップ⤴️
9