小田和奏 おだかずそう kazusou oda

Singer. Player. Songwriter. Composer. Sound…

小田和奏 おだかずそう kazusou oda

Singer. Player. Songwriter. Composer. Sound Producer. I wanna be your music. 唄う人。弾く人。楽曲作る人。まとめたり。 あなたの音楽になりたい。

マガジン

  • 小田和奏の実験室

    小田和奏のお届けする、脳内ダダ漏れマガジン。 今現在で小田の考えてること、お蔵入りになった写真と考察、 ライブイベントやレコーディングなど制作の裏話、プライベートなこととか。 日々の制作活動の実験の場所。 音楽を発信することの新しい可能性を考えてみたい。 そんな自分の見て聞いて思ったことをマガジンとして共にストーリーを追いかけて楽しんでもらえる場所に育てていきたいと思っています。

  • 小田和奏の放送室

    ちょっとしたコメント放送。 たぶん、毎朝起き抜けに一人でだらっと喋るだけな試験放送みたいなものです。そのうち簡単な弾き語りとかも?可能性を探っています。

  • 小田和奏の音楽室

    音源作品のリリースは、 CDに代表されるパッケージからDL、サブスクリプションなど今や様々。 じゃあもっと直感的で本能的に、アクションも直結する音楽の発信は? そう考えて作ったのがこの音楽室です。 この部屋から聞こえてくる音に少し耳を傾けてみてはいかがでしょう? 基本的に無料公開・ダウンロードです。 気に入った頂いた方は良かったら投げ銭お願いします。 それがこの部屋の運営・存続に繋がります。

最近の記事

    • 雑記20231208 整えるために。

      おはようございます。 昨日は体調が優れない感じがどうにも拭えなかったので少しずつスケジュールをを調整して身体の回復に充てました。おかげで思い切り体調を崩してしまうという事態は回避できたかなと思います。その分1日をスローに過ごしてしまったなぁというのはありますが、切り替える意味でも良かったのかな、というかそう思って今日からまた頑張らなきゃですね。 体調の変化というのはどうしてもスケジュールが立て続きにある時は敏感になるようになりました。その元々は以前の自分の悔しさみたいなも

        • 雑記20231207 Rehearsal Day

          おはようございます。 先週の音楽の旅の余韻とフルマラソンの疲れ、これを今週はここまでしっかりと纏って過ごしてきています。フルの疲れはほぼほぼなくなってきたんですが、見えない疲労がまだあるっぽくて、若干いつもよりも動きがスローになりがち。体調も気を付けなきゃな季節だけあって、少しディフェンスよりな時間を過ごしてます。 そんな中、昨日は13時スタートで外のスタジオでリハーサル。ちょっとしたクローズドイベントに招聘されてバンドでの演奏的なやつです。 なんとなく、見たことのあるラ

        人気の記事

        人気の記事をすべて見る すべて見る

        Karen's promenade (Instrumental)

        雑記20210421 木洩れ陽。

        夜行列車(Instrumental)

        my hometown (Instrumental)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 小田和奏の実験室
          小田和奏 おだかずそう kazusou oda
          ¥700 / 月
        • 小田和奏の放送室
          小田和奏 おだかずそう kazusou oda
        • 小田和奏の音楽室
          小田和奏 おだかずそう kazusou oda

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          雑記20231206 師走まっただなか。

          おはようございます。 気付けば今日で週の後半木曜日ということで、毎日の時間の過ぎ方が早い早い。不思議だなぁなんて思いながら過ごしています。 昨日は対外的なメニューのない日で、ひたすら譜面整理からの仕込みの1日でした。週末にあるちょっとしたクローズドのイベントのバンドのことでドタバタと準備をしているところです。これまた普段触る機会のないような曲などを触ったりしているので、面白いというかインスピレーションもたくさんもらえていて刺激的です。 昨日で来年の卓上カレンダーの入稿もの

          雑記20231206 師走まっただなか。

          雑記20231205 旅先でどうしてもおざなりになってしまいがちなこと。

          おはようございます。 慌ただしく移動とライブを繰り返した先週と変わって、今週はずっと東京でのスケジュール。11月のスケジュールを見ると改めてなかなかなカオスっぷりでした。旅先では高揚感とか緊張感とかそういうものでけっこう元気に過ごせるんですが、東京に戻ってきてふと我に返るというか、ちゃんと疲労感みたいなものがあったり、食事にしても自炊で素朴なものを食べることだったりとか、またいつものペースに戻すこともなんだか新鮮です。 ツアー中にいろんなものを差し入れとして頂きました。本

          雑記20231205 旅先でどうしてもおざなりになってしまいがちなこと。

          雑記20231204 旅の余韻と次の方角

          おはようございます。 8日間で5本のライブを終えて松江で千秋楽。昨日は東京に戻ってくる日でした。午前10時にチェックアウトして、空港までhommeあきやんがお見送りしてくれました。 で、空港でチェックインして荷物預けたら二人で出雲そばを食べてこの旅を締めくくるところまで完全に去年の全てを踏襲しています。笑 たぶん席まで同じ所に座ったと思います。笑 これ、去年の帰る日のnoteです。 もう1年経ったんだなとも思うし、だけどこの1年で僕は幾つか作品のリリースをしたり、ho

          雑記20231204 旅の余韻と次の方角

          無事に東京に帰ってきました。

          山陰から無事東京に帰ってきました。 出雲の空港から1時間ちょっと。ちょっと遅れそうだったんだけど、羽田空港到着は時刻通りに戻り、そこからの自宅までの移動もちょうどお昼間だったのもあってそこまで混むこともなく移動できました。 自宅に帰り着いて、今から洗濯フェスティバルを開催しつつ、早めに今日やることを片付けてしまいたいです。 昨日ライブをやってる裏側でこちらの受付もスタートしました。今年は月一でワンカメ配信ライブをやってきましたが、その総集編というか、今年最後のワンカメ配信

          無事に東京に帰ってきました。

          2023/12/04 朝の放送

          今日のゲスト:アキヤマヒロキ(homme)

          雑記20231203 国宝松江城マラソン2023からのツアー「あの夕暮れ時の麓まで」松江AZTiC canova

          おはようございます。案の定というか予定通りというか、歩き方が変な朝です。 昨日はツアーもついに千秋楽。その前に3人で走る「国宝松江城マラソン2023」という1日を最初から最後までしゃぶりつくす、という1日でした。 去年もこの流れでやったのだけど、hommeあきやんと僕の二人でマラソンを走ったわけですが、それ横目に見ていたhommeしまんちゅが「次は俺も走ろかな」と宣言したことで今年のツアーが決定しました。笑 今年はそういうわけで3人でエントリー、1年間の準備がはじまったので

          雑記20231203 国宝松江城マラソン2023からのツアー「あの夕暮れ時の麓まで」松江AZTiC canova

          雑記20231202 松江で蓄えた日。

          おはようございます。今朝は午前4時にスパッと目覚められました。いい具合。 前日の深夜に松江に到着して、一度午前7時に目覚めるものの、正味3時間くらいしか寝てないわけで、いまいちふわふわ。ちょっとぼーっとしながら過ごして午前中はスローペース。それでもちょっとだけ身体動かした方が疲れは抜けてくれるので30分くらいだけジョグ。hommeあきやんから迎えにいくと連絡があったので11時半くらいに待ち合わせして、お昼ご飯へ。 去年連れてきてもらって1発でノックアウトだった天空のラーメ

          雑記20231202 松江で蓄えた日。

          とりとめのない話 ver.231202

          旅に出て今日で5日目。始まる前は待ち遠しかったりそれまでの行程がなかなかタフだったのもあって、地方に自分の音楽旅で回るのはまたちょっと違った楽しみなものがあります。始まってしまえば時間の経過は早いなぁ。きっと充実しているからこそだし、毎日が目まぐるしいからだというのもあるのでしょう。 明日はこんな格好で走ります。予報だと明日の午前7時台までは小雨が降ってそう。寒過ぎなきゃいいけど、予報だとちょうど良さそう。いつもはシングレットで走る方が好きな僕ですが、去年もコース途中の中海

          とりとめのない話 ver.231202

          雑記20231201 homme×小田和奏「あの夕暮れ時の麓まで」岡山城下公会堂

          おはようございます。 ついに今年もあと1ヶ月、12月に突入してしまいました。時の流れの速さを感じるのは充実しているからとも言えるかもしれないし、でも年々加速していくのは実際に過ごしてきた時間を分母にして1年が乗っかるかららしく、そういうことを意識すると大事にそして大胆に過ごさなきゃなと、そんなことを思う師走のはじめです。絶賛ツアー中の僕は大阪から岡山へ。 チェックアウトを伸ばして少しゆっくり滞在できた大阪での時間。新幹線で岡山までのぞみだと45分。こりゃすぐ着いちゃうなとい

          雑記20231201 homme×小田和奏「あの夕暮れ時の麓まで」岡山城下公会堂