UQ(ゆーく)が行く。

83

SOCiAL FUNK!後の危機的状況、そして来場してくれた皆さんへのお願い。

SOCiAL FUNK! 2019、ご来場いただいた皆様、誠に有難う御座いました!

終わってから2週間が経ちますね。

今年は「芸術と人間科学」という謎めいたテーマ設定をしてかなり豪華なメンバーのブッキングにも挑戦した今までで最大規模の最高のイベントとなりました。

来場者数は500人超え、スタッフとか出演者を合わせると600人を超える熱気溢れる空間でした。

そして、、、皆様の予想通り、、、

もっとみる

日本全国の離島や山間部の課題を一緒に解決していける仲間を募集(福祉留学)

様々な事業を展開するUbdobeですが、今回は新規事業の第二期以降の担当者募集です。

2019年8月にスタートしたばかりの新規事業「福祉留学」。僕と社員の萩原で第一期のベースの流れはそろそろ構築し終わりそうなので、それを引き継いで拡張してくれる仲間を募集します。

「福祉留学」。大学や医療福祉系の専門学校からの期待が高く、各ローカル地域の施設からの連携施設申し込みもガンガン増えて急速に成長してお

もっとみる

SOCiAL FUNK!予襲復讐note(これだけチェックしとけば当日間違いないやつ)

タイトル通り、今週末のソーシャルファンクにご来場予定の皆様は当日安心してぶち上がれるように予襲復讐をしましょう!

まず、そもそも日程と会場を間違えて欲しくないので貼っておくね。

【SOCiAL FUNK! 2019 -芸術と人間科学-】
[日時/Date]
2019年11月24日(日)
14:00 OPEN 21:00 CLOSE

[会場/Venue]
SOUND MUSEUM VISION

もっとみる

この世に渦巻く課題や違和感にどう向き合えばいいのか?に対する一つの答えです。僕なりの。

2010年に初めて医療福祉がテーマのクラブイベント「SOCiAL FUNK!」を開催してから早9年が経つ。この間、本当に様々なことが起きたし様々な人と出会い別れてきた。「このイベントは一体誰のためで、なんのためにやるのか?」未だに自問自答を繰り返す。この9年でその答えは少しづつだが変化をしてきた。一番最初のきっかけは自分自身の体験だった。母と祖父の死を経て、自分にはやるべきことがあるのではないか?

もっとみる

「地方移住最高!子育ても仕事も両立!100万円あげるよ!」ってなんだよ、ふざけてるの?

地方への移住キャンペーン。

全国、どこ行っても盛んですよね。

なぜって?そりゃー決まってるでしょうに。

人口減少、そして少子高齢化による市区町村の消滅危機を免れるためです。

要はさ、東京に出て金稼ごうぜってみんな言うもんだからみんな出て行っちゃって、その流れが続いて続いて今でも地方から都市部への人口流出が止まらなくて大変って話。残された人々は高齢化して、新しく子供が生まれることが少ないから

もっとみる

自分の死に場所を自分で選べる人は自分の生き場所を見つけたのと一緒なんじゃないか。

なかなかヘヴィなタイトルだけど、自分の死に場所について深くちゃんと考えたことってありますか?
僕は、、、ないです。どこで何をしたいかばかりを考えて生きています。

自分が死を見届けてきた人たちも、自分で死に場所を選んだ人って一人もいません。

いつの間にか年老いて、体が弱くなり、病気になって亡くなっていく。
それか、若くして突然病気に倒れて亡くなっていく。
「終の住処」を選ぶのは本人ではなく、いつ

もっとみる

福祉の仕事なんて低賃金重労働にまみれて一生同じ場所で沈んでいくだけの仕事...?

俺は福祉業界で10年以上働いている。

介護と障害児支援の現場で6年働き、同時進行で起業して今は医療福祉業界を取り巻くあらゆる課題をエンタメを通じて解決しようとしている。この時点で何を言っているのか分からない人が多いだろう。医療福祉エンターテインメント®︎という造語を作って商標まで取った。とりあえず何を言ってるのか分からない人はこの辺を見てみてほしい。IBMのMUGENDAI、電通のCOCOCOL

もっとみる

「クソみたいな福祉イベントをこの世からなくす方法」

数年前に「国際福祉機器展がつまらない5つの理由」というブログを書いて、まーまーバズって事務局の方から連絡を受けて会いに行ったことがある。
https://note.mu/uqoka/n/n769588cdfea9

当時2014年。Ubdobeが行政や企業や社会福祉法人からの受託事業を開始した頃。

それまでは「なんなんだよこのだっさいイベントはよーマジでー」とかって文句ばかり言っていた。

けど

もっとみる

医療福祉系セレクトショップをオープンするという一大決心をした僕の心の変化と店名のヒミツ。(超絶長いです)

僕は一大決心をした。

マグロのように動き続けていないと生きていけない僕が、店舗をやるのだ。

店舗をやるということは毎日毎日そこには人が来て何かしらの活動を行うということ。

僕はほぼそのお店には居れないので本当の意味で信頼出来る人物に任せないといけない。

何気に慎重派の僕にとっては、「場所の運営」というのは一大決心だった。

今までイベントやデザインの事業しかやってきてない。

店舗といえば

もっとみる