カテゴライズの安心感と呪縛

ユニバーサルデザイン

ユーザ個人の文化、国籍、性別、年齢、能力に依らず、遍くすべての人にとって使いやすいモノやコトをデザインしようというこのデザインの方法論は、ユートピア的思想で非現実的だと言われてはいるものの、素敵な考えだと思います。

このような考えは、最大公約数的な日常から除外されてきたマイノリティにも目を向けよう!という風潮のもとで広められていきました。

そして今では、世界中の市民レベ

もっとみる
うれぴうれぴ
6

やりたいことを呟いてみる。

昨夜はとある法人のスケジュールを調整してました。

友人が代表をしている法人で、やりたいことをどんどん増やして走りまくってたらやらなきゃいけないこともどんどん増えて(当たり前だ)、気がついたらスケジュールがぴっちぴち。

私が手伝っていいのかな・・・と思っていましたが、ひとりで考えると詰めすぎてしまう友人なのでちょうどいいのかもしれないです。
そろそろ友人が倒れそう(というかいつ倒れてもおかしくな

もっとみる
いいことがありますように~!
2

デジタルの世界におけるアクセシビリティの現状と、 デザイナーにできること | UI Design Weekly vol.06

先週書いた「iPhoneをアラビア語設定で丸一日使ってみた話」では、noteやTwitter上でも反響いただき、
多くの人に読んでいただき嬉しく思います!ありがとうございます🙇‍♂️
毎週木曜日、UIやユーザー体験に関して、自分が勉強しているトピックを中心にnoteに書いています。

--------------------

アラビア語のiPhoneを使ってみて、普段当たり前のように使っていた

もっとみる
ありがとうございます!🙏
16

勤務時間外のお楽しみ♪

遠い区間を使う際はグリーン車に乗り、本を読んだり研究を進めたりする。

因みに昨年は図書委員会担当の経験で、司書教諭に興味を持ち資格を取った。図書館のコーナーの分類のような基礎的なことはもちろん、図書館の授業ガイダンスや読書活動の推進までたくさん調べた。

もちろん、今年も公的機関を利用して知識を深めていくつもりだ。

実はもう一つ興味がある分野がある。それは「教育におけるユニバーサルデザイン」で

もっとみる

今日一気になるホテル関係のニュース 2020/07/07

『帝国ホテル 東京本館にバリアフリールームが9室設置』

少し前進ではあるものの業界の問題を感じる記事です。
端的にいうと「本気ではない」ということです。

まず業界には「バリアフリールームは売りにくい」という暗黙の了解のようなものがあります。一般の方にはバリアフリールームの手すりなどが受けず、売れ残りやすいということのようです。

上記には京王プラザホテルの「取り外しができる手すり」や、マンショ

もっとみる
ありがとうございます!
3

アクセシビリティを勉強する(1)

こんにちは、matsukoです。
普段はWeb界隈のデザイナーやってます。一児の母です。

最近社内でアクセシビリティについて話す機会がありました。
恥ずかしながら、今までコントラスト比程度で学習していなかったので、これを機会に少し知識を深めようと思います。

初回は、言葉の意味・似ているワードとの違いについてまとめます。

アクセシビリティ(Accessibility)とは

国際規格であるIS

もっとみる
٩(ˊᗜˋ*)وThanks!テンション上がります!
5

[おはよう日本] HUMAN 打席に立つ喜びを味わって! ユニバーサル野球 | NHK

[おはよう日本]の番組情報はこちら https://www4.nhk.or.jp/ohayou/?cid=dc... 「バッターボックスに立つ喜びを味わってほしい」 元高校球児の中村哲郎さんが考案した新しい競技、ユニバーサル野球。ひもを引く動作でバットを振ることができ、障害がある人もない人も一緒に野球を楽しむことができます。 3年間の試行錯誤を経て完成した20分の1の野球場で、いざプレイボール! もっとみる

ユニバーサルデザイン

SUPLIFEのゆみこです。

先日Eテレの「デザイン あ」という番組でユニバーサルデザインについてのコーナーがありました。

例えば、お札の右下を触ってみると、

千円札、五千円札、一万円札、

それぞれ触った時にざらざらとした感触があって、目の不自由な方でも触って識別できるようになっています。

社会には、様々な年齢・性別・国籍・障害の有無、
さらには身長・体重の違い、力が強い・弱い、右利き・

もっとみる
ありがとうございます!
3

カームダウン・クールダウンってなに? その問いに答えるサイトができました!

5月24日に書かせていただいた「『カームダウン・クールダウン』マークがJIS認定」でもお伝えしていましたが、6月25日に公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のHPにて、「カームダウン・クールダウンってなに?」その問いに答えるサイトがアップされたのでご紹介をさせていただきます。

ピクトグラム がJIS認定されたことからも、多くの人にカームダウン・クールダウンを知ってもらい、より理解を深めてほ

もっとみる
ありがとうございます!
1

マジョリティになると早い

コロナが話題になって以来更新していませんでしたがコロナの影響を受けたわけではありませんー、、、お久しぶりです。

新しい生活様式、という言葉も生まれ、世の中がいろいろと変わってきましたね。今まであんなに進まなかったことが嘘みたいに普及したり、パーソナルスペースを存分にとることがむしろ推奨されたり、このまま定着しちゃえよっていうことも色々ありますよね。

私のnote的視点からいうと、下記 の点が画

もっとみる
励みになります。またいらしてください。