東芝 UIデザイン

東芝CPSxデザイン部のUIデザインチーム公式noteです。 日々の業務での気づきなどあれこれお届けします。

東芝 UIデザイン

東芝CPSxデザイン部のUIデザインチーム公式noteです。 日々の業務での気づきなどあれこれお届けします。

    最近の記事

    [第4弾]デザイナーが教える人間工学 記憶のしくみを使ってわかりやすいデザインをつくる! 記憶のしくみと認知の働き

    こんにちは。東芝共創センターCreative Circuit®担当の池田Sです。 グラフィックデザインをバックグラウンドに、現在は東芝の共創センターの運営に携わっています。  今回は「デザイナーが教える人間工学」の第4弾として、「記憶のしくみと認知の働き」のお話をしたいと思います。 1     デザインに重要な「記憶のしくみ」とは? 前回まで文字の読みやすさを軸に、文字の大きさやコントラスト、色覚多様性などについてお話をしてきましたが、今回のテーマである「記憶のしくみ」も

      • UIデザイン未経験だった私がUIデザイナーになるまで

        こんにちは、UIデザインチームの新井田です。 現在入社4年目、社会インフラからBtoC向け製品まで、様々なUIデザインに関わらせていただいております。   そんな私ですが、大学時代はインダストリアルデザイン(ID)を専攻しており、毎日サーフェイサーやスタイロフォームの粉にまみれ、UIデザインとは縁遠い生活を送っていました。   大学3年のインターンシップで東芝の事業領域の幅広さに触れ、『自分も様々な事業に携わりたい!』と就活に臨み、幸運にも今では多種多様な画面をデザインするU

        • 東芝UIデザインチームの魅力をWEBサイトに詰め込んでみた

          こんにちは!東芝UIデザインチームの青木です。 私は2年半前に美術大学のデザイン学科を卒業し東芝に入社しました。今はデザイン部門で社会インフラ全般のUIデザインのお仕事に携わっています。   皆さんは「東芝」と聞くと、どのようなイメージを持たれますか? 私は、社会インフラ、半導体、電力事業等と、事業内容から真面目でちょっと堅いイメージを持っていました。皆さんの中にも、同じような印象を持たれている人もいるのではないでしょうか? しかし実際には、それとは全く違うものでした。チーム

          • 「AIとUIデザイン」 ユーザーの気持ちを動かすAIの見せ方って?疾病予測アプリ開発の裏側をご紹介!

            こんにちは、Wendyです。私はプロダクトデザイナーを経て、現在はデジタルソリューションに関連したUI/UXデザインを担当しています。 AI(=人工知能)は、スマートスピーカーやロボット掃除機など身近なところで活用されているテクノロジーです。 最近は絵を描くAIも話題になっていますね。UIデザイナーとしてAIに関わる機会も、増えてくるのではないでしょうか。 Webサイトのチャットボットや音声エージェントなど、AIと人のインターフェースを心地良い関係にするためには、どうすれ

            [第3弾]デザイナーが教える人間工学 少しの工夫で見やすさが大きく変わる!カラーユニバーサルデザイン

            こんにちは。東芝共創センターCreative Circuit®担当の池田です。 グラフィックデザインをバックグラウンドに、現在は東芝の共創センターの運営に携わっています。  今回は「色覚・カラーユニバーサルデザイン」のお話をしたいと思います。前回の「コントラスト」に続く、「眼のしくみから、文字の読みやすさを考える」の第3弾です。 1. カラーユニバーサルデザインとは? さっそくですが、このような監視制御システムのUIがあったとしてどのような印象を持ちますか? ぱっと見、

            どちらを選ぶ?ライトテーマとダークテーマの使い分けをインハウスUIデザイナーが雑談してみた

            こんにちは。東芝UIデザインチームの近藤です。 みなさん、PCやスマホで使うOSテーマやアプリケーションは“ライトテーマ“と“ダークテーマ“のどちらを好んで使っていますか?その理由はなんでしょう?そんな、ふとした興味から、チームメンバーで「UIの“ライトテーマ“と“ダークテーマ“」について座談会を行ってみましたので、その内容を一部ご紹介します! UIを使う時と作る時についてUIデザイナーならではの視点で語っています。 雑談を聞くような気持ちで、気軽に読んでいただけたら嬉しいで

            あたりまえの生活を支えるインフラのUIデザイン!その開発プロセスをご紹介

            こんにちは。東芝の社会インフラ事業に関連したUIデザインを担当しているREIです。  私たちはよく鉄道を利用しますが、その裏側にはなかなか触れる機会がないと思います。実はそこにもデザインは活躍しているので、今回は、安心な日常生活を支えるインフラのUIデザインに関して、デザイン手法をご紹介しながらお話したいと思います。 1. 回生電力貯蔵装置ってナニ? 回生電力貯蔵装置(Traction Energy Storage System 以下、TESS)は、変電所に設置されていて

            Adobe XDでプレゼン資料を作ってみたら驚くほど簡単で自由自在だった

            こんにちは!東芝UIデザインチームの小林 Jです。 突然ですが、皆さんは何を使ってプレゼン資料を作っていますか?Windowsユーザーなら「Microsoft PowerPoint」、Macユーザーなら「Keynote」でしょうか。どちらも優秀なツールですが、もう一つ選択肢を広げてみませんか? 私のおすすめは「Adobe XD」です。 UIデザインツールとして広く使われているXDは、東芝でもよく活用しているツールの一つです。 UIチームから毎年2名が参加させて頂いているJ

            [第2弾]デザイナーが教える人間工学 眼のしくみから、文字の読みやすさを考える

            こんにちは。東芝共創センターCreative Circuit®担当の池田です。 グラフィックデザインをバックグラウンドに、現在は東芝の共創センターの運営に携わっています。共創センターの活動に関わるビジュアル制作や、日々の報告の書類作りなども行っています。 今回は「眼のしくみから、文字の読みやすさを考える」について前回のテーマ「文字サイズ・書体」に続き、第2弾として「コントラスト」のお話をしたいと思います。 1. 「眼の細胞の働き」と文字の読みやすさ 文字の読みやすさに

            「使う人の“うれしさ”を広げたい」鉄道輸送計画システムのデザインに込めた人を想う気持ち

            みなさん、こんにちは。東芝UIデザインチームでプロジェクトのマネジメントやディレクションをしている土肥です。 今回は、「使う人の“うれしさ”を広げたい」と題しまして、鉄道輸送計画システムのUX/UIデザインをご紹介しながら、デザイナーとして大切にしたことをお話したいと思います。 スジ屋って知ってますか?皆さんは、鉄道の時刻表がどのように作られているかご存じですか? 普段から鉄道を利用している方でも、誰が何を考えて作っているのかご存じの方はあまり多くないのではないでしょうか

            B2Bでカスタマージャーニーマップを作るときに、試してほしい5つのこと

            こんにちは。UIデザインチームの柴田です。 B2B向けの製品やサービスのUIデザインを行うときにも、カスタマージャーニーマップ(CJM)を作ります。しかし、旅行や食事がテーマだとスラスラ作れるのに、B2B向けとなると上手くいかない・・・という経験はありませんか? この記事では、そんな時に使えるコツをまとめてみました。 B2Bに限らず、B2CでもCJMの作り方に悩んでいる方や、これから作ってみようと思っている方におすすめです。 *** カスタマージャーニーマップとは

            [デザイナーが教える人間工学]眼のしくみから、文字の読みやすさを考える

            こんにちは。東芝共創センターCreative Circuit®担当の緒方です。 今日は、「眼のしくみから、文字の読みやすさを考える」というテーマでお話したいと思います。 1. 読みやすい文字を決めるには?私たちは仕事でも日常生活でも、目で大量の情報を取り込んでいます。ニュースサイトをチェックして、スマホでメッセージのやり取りをし、電車の広告を眺め、帰宅してテレビをつける…。 疲れ目をいたわる意味でも、文字の読みやすさは気になりますよね。 ディスプレイ表示文字の大きさにつ

            はじめまして、東芝UIデザインチームです。

            みなさん、はじめまして。東芝UIデザインチームです。わたしたちは、株式会社東芝のインハウスデザイナーとして、自社製品のユーザーインターフェース(UI)をデザインしています。 弊社でUIデザインの仕事が始まったのは1995年ごろからです。古株・・・ですよね、きっと。ところが、現場にいるデザイナーの存在はあまり知られていないのではないでしょうか。 今回、そんな知られざるデザイナーたちのことや、ここから生み出されるUIデザインのことを、みなさんにもっと知ってもらいたい!という想