メガバンクから投資銀行への裏ルート 第4話 ~投資銀行へアクセルON~

「豪さん、一緒に踊りたい。」

彼女の名前は、愛美(マナミ)。

名古屋一のお嬢様大学として有名な金城学院大学の出身。
実家は有名な鰻屋を経営し、いわば名古屋を代表するお金持ちの娘だ。

「シャンパン一気して、あっち行こう。」

愛美(マナミ)は、豪(ゴウ)の手を握り、ダンスフロアに向かった。

気付けば、東大卒のエリート、鷲尾(ワシオ)の姿が見当たらない。

帰ったのか?と、出入口付近を見渡すと

もっとみる

【横浜夜遊び】家系ラーメンだけじゃない、これが横浜HOUSE系クラブだ。

新メンバー、Kuramariを迎えたKICKOFF 2020の初陣は、横浜アソビルにできたPITCH CLUBでした。

デビュー戦にして、今後の活躍が期待できるそれはそれは堂々たるプレイ内容で、ワクワクします!​

さてさて私自身、横浜出身なので、それこそ青春時代は、「ビブレで買い物して、ハマボールで遊ぶ」というハマっ子ルーティンをこなしていたんですが、実は初めて来ましたアソビル。

もうね、こ

もっとみる

◼️本日のお話
・イベントの最後にかける曲セレクション
・閉店ソング「ホタルノヒカリ」について
・最後の曲に込められた意味
・アンコールを呼ぶ選曲か、はたまた静かに〆るか。
・終わりに向いている曲とその理由
・お店側のメリット

◼️「キセキの一曲」で紹介した曲はこちら
①DJ Cam Quartet - New York New York
②Weiss(UK) - Feel My Needs(2

もっとみる
嬉しいです。
1

「DJってどういうところが楽しいの」

と、DJについて否定的な文脈でなく純粋な興味から聞かれることがたまにある。

すごく難しくて、パッと答えると「楽しいから」とか「音楽が好きで、そういう仲間とワイワイしたい」とか答えてしまうんだけど、本当は伝わりづらいけどめちゃくちゃ好きな瞬間がいっぱいあるからそういう話をしたい。

前置きとして、この文章はわたしの私見であってすべての人にあてはまるものではない。
DJをあんまり好きじゃない人やしっ

もっとみる
ありがとうございます!
4

デヴィ夫人にお会いしました

週末は大体六本木に居る私です。
先日とあるクラブのリニューアルオープンにて
デヴィ夫人にお会いしました。

やはり磨く女性は美しいです。

デヴィ夫人から先着一名の
サイン入り日めくりカレンダー
頂きました。

31歳な自分ですが
フリーでも人生を最高に旅します。

もっとみる

メガバンクから投資銀行への裏ルート 第3話 ~スキルよりもスタンス~

「今日だけでいい。今夜は、名古屋モードへのスイッチをONにするんだ。」

クラブに並んだ美女を横目にしながらも、豪(ゴウ)は三崎(ミサキ)から言われたこの言葉を頭に浮かべていた。

「俺に、名古屋大好き芸人にでもなれって言うのか?しかし、ここにいる美女達が抱けるなら・・・」

一次会の合コンから飲み続けたビールで理性も弱まってきた。

「ダメだ。いったい俺は、なんて卑猥なことを考えているんだ・・・

もっとみる

疾走感溢れる爽快なCLUB・JAZZ ーSt-Germain「Tour list」ー

ジャズの名門ブルーノートレーベルからリリースされたCLUBミュージック。ワクワクするような経歴からしてそのポテンシャルが伺える、それがフランスのアーチストSt-Germainのアルバム「tour list」だ。

往年のジャズファンもクラブキッズも魅了するセンスの塊みたいな音楽をとにかく一度聴いてみて欲しい。オールドジャスをサンプルに使いながらファンク・エレクトロニックな要素を存分に注入したとても

もっとみる
やったー😄
3

大人になってから彼女を作る方法

こんにちはゆーです!
いきなりですが、日本の男性ももっと積極的に行った方がいいと思います!
大人になるにつれて人は出会いの場がなくなっていくものです、学生時代は学校に行けば男女がいて、部活、課外活動などでの出会いもありましたが、社会人になって毎日仕事に明け暮れ何も刺激がないまま1日を終える人は多いんじゃ
ないでしょうか?

彼女ができない行動「何もしない」

現実を生きるのならささいなことでもいい

もっとみる

満足感

朝帰りした時ってすごく満足感が得られる。

最近クラブに行くことが増えた。
特に途中で抜けることとかはなくて、いつも行く友達と二人で行って、朝音楽が止まるまでいる。

クラブって言う場所を借りないと遊べなくなってきてる自分がいる。

それ以外ではハッチャケられない?
年齢に応じて、場所に適応すぎる部分があって...
すごい寂しいな、なんて感じてしまう。

けど朝まで遊んだぞって言う満足感と、めっち

もっとみる

上海ディズニーがパリピな件

中国の恋愛ドラマ、『私のキライな翻訳官』を見て上海に行こうと決めた。
大学時代の友人と2人で3泊4日の旅。

2人が一番楽しみにしていた行き先は上海ディズニーランド。
上海の中心地から地下鉄で1時間弱、

待ちに待ったディズニーランド!!!

混雑している入口で前に並ぶカップルがいちゃこきだしたこと、アトラクションの待ち時間が表示されていたよりも2倍長かったこと、ウォールトディズニーとミッキーの像

もっとみる