『同一労働同一賃金』から無期雇用労働者が外れた経緯を厚生労働省「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」を議事録から追ってみた③-1

第2回の審議会では非正規労働者の国際比較を中心に議論が進みました。派遣労働についても触れられました。
どれも重要で抜粋することが出来ず書き起こし状態となっています。

第三回審議会(平成28年4月22日(金)
・現時点における課題の整理について
・同一労働同一賃金原則について(水町氏によるプレゼンテーション)

引用資料

これまでの主なご意見等

出席者
川口 大司 (東京大学大学院経済学研究科

もっとみる
嬉しいです
10

非正規ランチ

今週の非正規労働者のランチです。

ご査収下さい。

もっとみる

『同一労働同一賃金』から無期雇用労働者が外れた経緯を厚生労働省「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」を議事録から追ってみた②-3

派遣社員について言及のあったPart2ですが、どうしても議論の中心は非正規と正規の区分けになってしまうようです。

今回の検討事項
(1) EU 諸国における制度の現状と運用状況(裁判例等)
(2) 日本の制度の現状と課題、日本企業の賃金の実態と課題
(3) 日本と EU における雇用形態間の賃金格差に影響を与える諸条件の違い
(4) ガイドラインの策定、必要な法的見直し等に向けた考え方の整理

もっとみる
感謝感謝です
6

『同一労働同一賃金』から無期雇用労働者が外れた経緯を厚生労働省「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」を議事録から追ってみた②-2

厚労省の資料の解説で終わったPart1の続きです。割愛する部分が少なく、ほとんどそのまま転載する形になっています。派遣についての議論は一部ですが、非正規問題についての重要な議論があり派遣社員以外についても掲載しています。

今回の検討事項
(1) EU 諸国における制度の現状と運用状況(裁判例等)
(2) 日本の制度の現状と課題、日本企業の賃金の実態と課題
(3) 日本と EU における雇用形態間

もっとみる
感謝感謝です
3

『同一労働同一賃金』から無期雇用労働者が外れた経緯を厚生労働省「同一労働同一賃金の実現に向けた検討会」を議事録から追ってみた②-1

第1回の「同一労働同一賃金実現に向けた検討会」では、非正規が4割という現状に危機感を持ち、派遣労働者の均等均衡は雇用主の派遣会社ではなく派遣先企業の労働者と比較するという見解を示していた一億総活躍推進室次長はじめとする政府がどのように考えを変えていくのか、無期雇用非正規労働者を同一労働同一賃金の対象外とする問題点に触れるのかを追っていく”議事録を追ってみよう”シリーズの続きです。

今回の検討事項

もっとみる
感謝感謝です
3

帰省のお土産で思ったこと

2020年は上京して2回目のお正月でした。

私はお正月意識の薄い外資系企業の非正規労働者ですので、30日も普通に出勤し、仕事終わりに閉店間際の百貨店で帰省のお土産を選びました。

田舎へのお土産とは悩ましいものです。

ど田舎で生まれ育ったエデュケイトされていない旧時代の老人たち(親戚)から自分の尊厳を守るため、老い先短い人生に小さな花を添えるため、なんとなくハイカラでなんとなく物珍しい感じのも

もっとみる

行列のできるそば

こんにちは。

お正月明けのTOEICが終わり、自分の誕生日も終わり、浮き足立った気持ちが落ち着いてきた非正規労働者です。

極めて友達の少ない私ですが、先日友人と出かけた際、白いカレーうどんで有名な恵比寿のお蕎麦やさん、初代に行ってみました。

30分ほど並んで入店できましたが、お客さんの90%が白いカレーうどんを召し上がっています。汁だけもらいましたがだしが効いているマイルドな味わいでおいしか

もっとみる

正社員総合職から契約社員への転職。

新卒で正社員「総合職」として就職した会社を2年とちょっとで辞めて、いまは中途入社して「有期契約社員」だ。

年収は100万近く減った。
非正規という社会的弱者になった。
雇用も不安定だ。
明らかにキャリアダウン。

だけど、そんなことがしたくて、"楽"で"給与が高かった"会社を辞めたわけじゃない。

◆見方による違い

1 短期的にみるとつらい
2 長期的にみると、あれ?優しい?
3 ワーク・ライ

もっとみる
あなたの投稿も読みますね(ニヤリ)
5

惨いけど事実です。すべて告白します。

はじめに

飲食業界で働く人たちだけではなく、すべての産業で働く人たちに対して警鐘を鳴らします。
全ての人たちが、今残された僅かな時間を有効に活用すべき時代だと理解して頂きたい。
あなた達は、時代の犠牲者なのです。
  
1章では、僕が何故、飲食業界で働く事になったのかについて話していきたいと思います。
どんな風に考えて飲食業界に入り、出世し、起業し、廃業して今の地位に就いたのかを赤裸々に告白して

もっとみる

大企業の中小企業化と正社員の非正規化

◇大企業の中小企業化
 日本の賃金が上がらないのは大企業の賃金が上がらないからだ。中小企業では賃金は上がっている

 2012年10-12月期から2018年10-12月期の期間を見ると、資本金10億円以上の企業では賃金が若干低下しているが、資本金2000万円~5000万円の企業では賃金が1割程度上昇している(『野口悠紀雄の経済データ分析講座』、図表3-1)。
 これは、中小企業では人手を確保するた

もっとみる