プロの視点で徹底解剖!CNPのミスト化粧水の真の実力!
+2

プロの視点で徹底解剖!CNPのミスト化粧水の真の実力!

こんにちは🙋‍♀️ もう秋なんだか夏なんだかよく分からない季節ですが、今日は秋分の日! 夏のダメージにも、秋から冬にかけての乾燥にも「保湿」が大事です🖕 (いつの季節でも”保湿”って言われますよね。保湿をしなくてもいい季節はないものか・・(ないんです・・)) と言うことで、今日はドラッグストアやLOFT、プラザなど、至る所で見つけるCNPのミスト化粧水について、プロの目線で解説していきます! [使用目的] 化粧水、乾燥対策、ツヤだしメイク [注目成分3つと理由]

スキ
6
霧と烏

霧と烏

霧の日はきっと外に飛び出す。 霧を追いかけて飛び出す。 霧が隠している世界は多分私が知らない場所に違いない。 そして 霧が晴れると、何食わぬ様子で日常に戻っている。 いつもの顔を取り戻した景色の中に、 身体が半分白いカラスがトウモロコシ畑の端を歩いているのに気が付いた。昨日若いカラスに体当たりされていた老カラスだった。 目は先程までの霧を閉じ込めた様に白く、曇っている。 霧の中で彼は何を見ただろうか?

親子でプレバト!!⑱

親子でプレバト!!⑱

母が創作。息子が添削。 親子で俳句教室の第十八弾。 前回に続いて、「突然ですが占ってもいいですか?」の日光神社仏閣巡りのシーンで一句。 「霧雨や奥宮はただひっそりと」*奥宮…徳川家康のお墓。日光東照宮の奥にある。 息子 「型自体、できている」    「ギリギリ凡人か。     才能アリをあげてもいいかも。」 「『霧雨』自体がすでにひっそりしていそうな 季語。“ひっそり”という言葉との距離が近すぎる。」 「“ひっそり”と言わずにひっそりしている感を出す。」 「削りた

スキ
3
敵米軍に「日本軍のヒューマニズム」と言わしめたキスカ島・奇跡の撤退作戦を成功させた木村昌福~日本が世界に誇るJミリタリー・教科書が教えない〝戦場〟の道徳(4)
+5

敵米軍に「日本軍のヒューマニズム」と言わしめたキスカ島・奇跡の撤退作戦を成功させた木村昌福~日本が世界に誇るJミリタリー・教科書が教えない〝戦場〟の道徳(4)

第4回は敵であるアメリカ軍から「日本軍のヒューマニズム」「パーフェクトゲーム」と称賛されたキスカ島からの奇跡の撤退作戦です。 ◇エピソード キスカ島・奇跡の撤退作戦を成功させた木村昌福     ◇キスカ島撤退・その他3つのエピソード               ◇参考文献等  旧日本軍に対して「命を大事にしなかった」というようなレッテルを貼りたがる人が今もいるようですが、それは事実に反します。その証拠の一つが孤立したキスカ島から約5千人の兵士を救出した撤退作戦です。これは

スキ
7
雲上都市の夜明け ~再レタッチ~
+2

雲上都市の夜明け ~再レタッチ~

最近ちょっとカメラを修理に出していて、新しい写真をなかなか撮ることができない状態になってます。そこで、たまには趣旨を変えて昔アップした写真を再レタッチしてみて、昔の自分とちょっと比較してみようかと思いつきました。 今回は、「雲上都市の夜明け」より、最初の一枚目の写真をピックアップしました。 去年の5月にアップした時は、こんな感じで仕上げてました。実際にこの目で見た風景を出来るだけ忠実に再現しようとしていたような覚えがあります。 あれから1年4ヶ月ほど経った今、前回の最終

スキ
19
霧の中
+7

霧の中

山道を霧に向かって歩いていく 誰ともすれ違わない山道を、ひたすらに霧に向かって。 霧に入ると、またその先に霧が出てくる。永遠に霧の中。 まさに五里霧中?歩いても歩いても霧の中。 「良い景色だなぁ(虚無)」と言って笑いながら、霧の景色を眺める。 心が綺麗な人なら、この中にも景色が見えるらしい。 僕の心は汚れているので、霧の光景で十分だ。 いや、むしろ今日は霧の光景を見にきてるから。 いつも青い空を眺めてその写真を撮っているし、たまには一面白い世界も悪くない。 こんな

スキ
11
日本の霧がかった山寺
+2

日本の霧がかった山寺

スキ
2
雨上がりの森林 写真メイン
+3

雨上がりの森林 写真メイン

おはようございます。 今日は写真です。 仕事を終えて作業現場から戻る時の光景 僕は霧に包まれた森林が大好きです。 理由はまだはっきり言語化できないのですが 神秘・静寂を感じるところでしょう 中学の時の美術の先生のよく言ったフレーズがあります。 「遠くは薄くぼんやりと、近くは濃くはっきりと!」 ペイントする時の指示なんですけどね。 その言葉が強調されたような世界が美しいと思えるから好きなのかもしれません。 ・白紙に書いた脳内再生される絵 ・ほんの僅かな陰陽

スキ
6
fog
+6

fog

スキ
51
霧
+1

・今日も朝から雨。合羽を着るぜ。 「カッパは英語で?」みたいなひっかけ問題あるよね。「犬は英語で?」とか「猫は英語で?」とか言った後に続けて質問するやつ。憎たらしい顔で「レインコートでした~。」っていうやつ。 あの種のひっかけ問題って、答える側もちょうどよく誤答して悔しがらなきゃいけないから大変よね。 間違えても「カッパは英語でもカッパでしょ、だって海外にカッパっていないでしょ。えっ、レインコート?じゃあ何で犬とか猫とか言ったの?だったら別に要らなかったよね犬・猫の質問