立体錯視の世界 / 購入本

テレビの放送大学で「錯覚の科学」という授業を放送していて、少し見た。
「世界錯覚コンテスト」の優勝者で明治大学の杉原厚吉先生が作品を紹介していて、原理はよく分からないが、錯覚は面白いなと思う。

検索したら、杉原先生がYouTubeで自主講座を公開していたので、時間のあるときに見たい。

「立体錯視の世界」第1回「右しか向かない矢印」↓

ちゃんと確認していないが、第24回まであるようだ。

••

もっとみる
サンキュー!
3

第4回放送『Terminal Melody』ASKAさん初登場~テーマ【音楽家ASKAが誕生するまで】~(その2)福岡DNAの錯覚の力

~(その1)からのつづき~
(6分20秒頃から)

🌹小山ジャネット愛子さん🌹
「映画音楽なんかもとってもお好きだったって
伺ったんですけど、」

❇️ASKAさん❇️
「映画音楽は大好きでしたね。
父親に、あの~、コンポ買ってもらった時に、
〈映画大全集〉を集めてたんですね。」

🌹「へぇ~。」

❇️「本当に好きだった!」

🌹❇️「う~ん。」

❇️「メロディだけで世

もっとみる
ありがとうございます。
2

映画って"錯覚"

よく考えると映画って”錯覚”なんだよね!(よく考えなくても。)
エジソンが、人の眼の"錯覚"を使って発明した映画。
どんなに面白い映画も、”錯覚”なんだよねぇー。
(僕等は、"錯覚"を楽しんでるのだよねぇー。)

あべこべワールド

そーいえば、「あべこべ」って言葉を久々に使いました(笑)。

位置・順序・方向などが通常の状態とは反対であること。また、そのさま。さかさま。逆。(デジタル大辞泉より)

誰ということでなく、あくまで私事として、考えたコトを書いていこうと思います。

最後までお付き合いいただけると幸いですm(__)m。

具体的に、何があべこべかというと、「行動と発言」や「心理と態度」、「心と体」…あらゆるところで

もっとみる
楽しんでもらえたら幸いです
33

176:意識に物理世界との誤差が最小限の「モノもどき」ができあがる

​​ハードウェアとソフトウェアとが一体化したモノ=ヒトということになるとすれば,モノ自体もハードウェア+ソフトウェアとの組み合わせで考えることができるのはないだろうか.ヒトの意識=ソフトウェアに現れるのがモノのソフトウェア部分と考えてみる.しかも,ソフトウェアということでプログラム可能として考えてみる.ヒトがモノを体験したときに,ヒトの意識内に立ち現れるモノを考えていくと,ここで立ち現れてくるのが

もっとみる

人は、なぜ「きゅん♡」とするのか。

暗示、洗脳、錯覚。

なんて言うと、びっくりされるかもしれないけど。

「きゅん♡」だけは
意識的にできるものではないから
どれだけ、
「きゅん♡」の魔法をかけられるかは、

そこに、かかっている。

私はもう、その魔法にかかっている。

彼の存在自体が
〝 かっこよさ〟そのものになっている。

冷蔵庫を開けて
水を飲んでる姿を見ると   きゅん♡

リポビタンDのことを
「リポD」って略したこと

もっとみる
スキ、とっても嬉しいです♡
5

さらば理想の上司

 親は選べないと申しますが、上司だって選べないもんでござんす。苦労して意中の会社に就職できたはいいが、そこの上司が酷い奴だったとあればさぞがっかりでございましょう。上司というのは、毎日毎日顔を合わせるものでございます。贅沢は言わないまでも、最低の上司だけは避けて通りたい。それが人情ってもんでございますな。

「下手でもいいじゃないか。
半沢!
好きなように踊ってみたらどうだ?
お前が思う以上にお前

もっとみる
ありがとう!
17

成功させるために必要な思い込み力

【Youtube更新中】
オンラインでの企業講演の一部切り取りです。
思い込みの力でやる気を引き出し、イノベーションを実現しよう。

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
1

3-16. ある錯覚

僕がこの惑星に上陸して驚く一つは、

気候のスペクトル(幅)が多様ということです。

それによって自然環境もさまざ異なり、

生息する野生動物も多様ということです。

添乗員としてツアーに出ると

楽しみの一つは

神秘的な大自然、

そして、野生動物との意外の出会いです。

まだこの惑星すべてを回ったわけじゃありませんが、

もしかしたら、ここは神界ではないかというところもあります。

もっとも

もっとみる
スキありがとうございます。\(^_^)/
4

自分のバイアス、どれくらい知っていますか?(2)

はじめに

ITの発展とともに新しく生まれた「錯覚」を5つのnote記事に分けて紹介します。本記事は2項目です。

第一記事はこちら↓

11. 利用可能性ヒューリスティック (Availability Heuristic)

人間は意思決定を行う際に、思い出しやすいものに引っ張られた非論理的な判断を下してしまうことがあります。

(例)どこのお店に行こうかと考えていたら、直近でみた広告の場所を選

もっとみる
読んで下さりありがとうございます!可能ならシェアもお願いします(^^)
3