mmmmm_mmmmm

神戸の女子大教員

181:「自然」な出来事としてディスプレイで起こるポインタの「磁性」

前回の記事では,J・J・ギブソンの生態心理学から影響を受けた渡邊が書いた「手と環境(=対象)を同時にデザインする」というテキストからiPadOSの「適応精度」を考えた.…

180:「カーソルという身体」と環境(対象)の関係性からデザインされるべきなのだ

iPadOSのポインタについて考えていて,渡邊恵太の『融けるデザイン』を読み返していると,以下の記述を見つけた. GUIではメタファが採用されているが,実はそのメタファ…

179:「変形の束」を体現するカーソル/ポインタ

佐々木正人・鈴木健太郎による論文「行為の中心にあること」を読んだ.この論文では,行為そのものにおける「変形」と「探索」という二つの側面が記述し,考察されている.…

178:「iPadOSのポインタのあたらしさ」を考えるための発表のアウトライン🥸

ポインタの歴史──画面に現れては消えていくポインタインターフェイスにおけるポインタのかたち スケッチパッド➡️十字 NSL➡️上向矢印 Alto以降➡️斜めの矢印,タスク…

177:一周回って,インターフェイスがつくる錯覚を「正直」にモノとして捉える態度になった

多摩美術大学 美術学部 情報デザイン学科 メディア芸術コース 2019年度卒業制作展「Skippp...p」のオンライントーク「インターフェースは『正直』か?」に,菅俊一さん,時…

176:意識に物理世界との誤差が最小限の「モノもどき」ができあがる

​​ハードウェアとソフトウェアとが一体化したモノ=ヒトということになるとすれば,モノ自体もハードウェア+ソフトウェアとの組み合わせで考えることができるのはないだ…