自分の都合につきあわせるのが悪い

昔から一人の時間が好きだった。

自分だけが抱いた感情を、自分一人でかみしめたい。誰かに邪魔されることなく、誰かの思惑に合わせることなく、気がすむまで没頭できる。

はじめはそれくらいに思っていた。

でも、誰かと何かをするのも嫌いじゃない。むしろ、ともに何かを作り上げるのは好きだ。自分一人ではたどり着けない世界へと歩みんでいける。

ただ、明確な条件があるだけのこと。

自分の都合につきあわせる

もっとみる
書いててよかった📖
16

ちかごろの若い者の約束

中学生のムスメがいる。彼女たちの約束は悲惨だ。例えばLINE。

●「今度、映画に行かない?」
◯「いいね!」
▲「いいね!」
●「じゃあ、日曜日はどう?」
▲「あー、その日、ダメだわ。」
◯「そっかー、じゃあ、ダメだね」
●「そうだね」
・・・終わり。マジでこの状態で終わり。学校でも話し合わない。

なんなんだ。この3人の会話。おかしくないかい。日曜日はダメかもしれないが、「じゃあ、いつ行ける?

もっとみる
ビール飲んでいいですよ。
5

⑥糸紡ぎ姫(眠り姫)【都合】愛・スピリチュアル・ツインレイ・成功の法則・日本人

「眠り姫・野薔薇姫・眠れる森の美女・糸紡ぎ姫」起きろ!

生きて生活をしていると

ほんとにいろんなことしないといけない

てんこ盛り沢山ある

あれやこれやする時 他の事柄や

お相手の 事情とかを

考え合わせて 具合を見計らい  決めていく

都合合わせ よね

そうやって  上手く立ち回ったり

調整しながら 社会生活を成り立たせる

この時にね

人と人との関係が見える

都合合わせする

もっとみる

⑤糸紡ぎ姫(眠り姫)【常識】愛・スピリチュアル・ツインレイ・成功の法則・日本人

「眠り姫・野薔薇姫・眠れる森の美女・糸紡ぎ姫」

【常識(じょうしき)】

社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。客観的に見て当たり前と思われる行為、その他物事のこと。

ウィキペディアにはこのように書かれてる

「みんな」が知っていると思われる

共有していて 「当たり前」と認識されている

事柄

のことね

これね

何がおかしいか…わかる?

もっとみる

車の運転

「正しさとは都合や!」

というのは福本伸行さんの漫画『銀と金』屈指の名ゼリフとして有名ですが、このセリフがどうしても自分の中に刺さってて抜けてくれません。

このセリフが出てくるシーンの中で、

「毎日車の交通事故で何人もの人が死んでるけど、自動車メーカーで働いてる人間は自分達が人を殺すかもしれない機械を作ったり売ったりしてるっていう自覚は無い。売った後のことなんか考えてられないし、そんなこと考

もっとみる
自由律俳句集『ブルマ追いかけて八位』好評発売中!
48

思い出と記憶の改ざん

記憶は改ざんされる

子どもの頃

小・中学生の頃

高校・大学生の頃

社会人になった頃

昔は大事なことは必ずメモをしていた

そして、今は、

紙にメモする機会が以前よりも減った

スマホのメモ機能、音声録音、写真メモ

メモの多様化によって便利になった

そう便利になったのだ

でも、昔の読み書きソロバンじゃないが

自分の手で頭で体を駆使した方が頭の中に残る気がする。

記憶

人間は忘

もっとみる
やったね☺️
16

“『便利』”

『愛』って言葉が嫌いなんですよ。
……嫌い…………っていうか、苦手 っていうか。

『愛』って言葉って すごく便利な言葉だなぁ って思ってしまって。

あまりに高圧的な言い方、受け取る側としては暴論的に感じてしまうようなコトであったとしても、
「これは『愛』だよ」
とか言われてしまうと、その『愛』は歪む。

「あなたの為を想って」
とか言いながら自分のことばっか言ってるヤツとどう違うのか と。

もっとみる
とっても嬉しいです!!(((o(*’▽'*)o)))
1