2月度在宅医療研究会のご案内【2020/2/12(水)18:45~@目黒区】

在宅医療研究会では、世田谷区・目黒区・大田区・渋谷区・練馬区・江東区・中央区などの地域を中心に、高い専門性を持った医師や病院の地域連携室、地域の専門職、地域コミュニティを支援する活動をされているみなさまなどを演者にお迎えして、毎月講演を実施しています。

医療職・介護職・福祉職の方でしたらどなたでもご参加いただけます。お気軽にお越しください。

2月度在宅医療研究会:開催概要

【講演】
演題①「

もっとみる

介護保険事業の運営を考えるー売り上げ向上を目指すためにすべきこと①フローを数値化する 前編

こんにちは(^_^) monさんです♪

今回のテーマは売り上げ向上に関する実践的な内容です。

過去のnoteにおいて、売り上げに関する投稿が閲覧数が高いので、便乗します。

下記でも告知しておりますが、来年度弊社でマネジメントセミナーを行う予定です。

この、noteでは基礎的な内容をさらっと綴っているだけなので、具体的な内容や、計算方法、管理方法はセミナーでお伝えしていきたいと考えています。

もっとみる
き、き、奇跡だぁー(;.;)
2

ながーーーい火曜日

21日㈫
1:00-1:30 note投稿したあと、寝る準備を無理矢理始めたら、
  思考回路がいよいよ高速で負に陥り、涙が止まらなくなり、
  とにかく落ち着けようと、小田和正さんの曲を流して、
  ぬいぐるみを抱いて厚めのタオルを顔にのせて、眠った。

8:45 バッと起きる。心に余韻はあるものの苦しくはない。
  が、身体がまだ重たく動かない。
  天気予報を確認し、不調ぶりに納得。
  身

もっとみる

リウマチ患者の快適な生活のために知っておくべき治療や生活の注意点や活用できる制度【#在宅医療研究会レポート(2019/11/20)】

『リウマチ患者の快適な生活のために知っておくべき、治療や生活の注意点や活用できる制度』

11月度の在宅医療研究会が江東区で開催されました。

■講演
演題 「関節リウマチと上手につきあうために」
演者:とうきょうスカイツリー駅前内科 金子俊之院⾧

リウマチ専門医・指導医であり、順天堂医院膠原病・リウマチ内科非常勤助教である金子先生は、数多くの関節リウマチ・膠原病の患者さんの治療に取り組んでいま

もっとみる

開設時購入物品リスト

訪問看護ステーションを開設する際に作成した物品リストです。

リンクなどはすでに変わっているものがあったり、価格が変わっていたりすると思いますが、リストは使いまわせると思いシェアします。

もっとみる
I love you! Thnaks!!  恩に着ます

訪問看護事業計画書フォーマット

日本政策金融公庫から1,000万円の融資を頂いた時の事業計画書です。相談から振込までが3週間というスピーディーにして頂けました。

また、こちらの事業計画書に即して実施していたお陰で、メインバンクにしていた信用金庫から3年後に3,000万円の融資も相談から振込まで2週間という形でした。

訪問看護ステーションの資金繰りの参考に使用して下さい。

また、訪問看護だけじゃなく、新しく法人を設立してビジ

もっとみる
よっしゃー!がんばる!ありがとう!
3

褥瘡

今回のテーマは「褥瘡(床ずれ)」について。

普段、訪問リハビリの仕事をしているとよく直面する問題です。

基礎的なことを書きますので何かご参考になればと思います。

褥瘡

褥瘡の定義

「圧力、張力、剪断力の持続的作用により支持面と接触する身体の局所(圧迫点)に生じる阻血性の組織損傷や壊死のこと」

好発部位は仙骨や大転子などの骨の隆起部

予防が最も重要で必ず予防できるという考えのもと話を進

もっとみる

「ある日夫が亡くなる」-住民主体生活支援型地区サロンと多職種連携

「あなたは『長生き』したいですか?」
講義や講演におけるこの質問に、生き生きと真っ直ぐに手を挙げる人は少なくなっているように思う。

令和元年7月30日、厚生労働省が公表した、わが国の平均寿命は
女性が87.32歳、男性が81.25歳で、ともに過去最高を更新した。
「平均」の寿命が女性は87歳、男性81歳なのだ。
ゆえに、「母は70歳台です」というと「まあ!まだまだお若いわね♪」という会話になる。

もっとみる
またどうぞお読みくださいませ。
3

#3 在宅看護で本当に必要なアセスメントとは

今日は一つ学びがありました。

それはアセスメントです。アセスメントってなんぞやって話だと思いますし、私も語源をちゃんと理解したくて調べました。

アセスメント (assessment)   評価。査定。事前評価。

※出典 Weblio辞典 アセスメントの意味

看護師やリハビリ専門職は病院でも在宅でもアセスメントをする機会って多いですし、基礎となるものなので医療専門職にとっては大事な力になりま

もっとみる
時間が許せばコメント等いただければ嬉しいです。その方向で努力します!