(23歳・女)の今日、2020年5月28日

かまぼこです。

▼きょうのしあわせ

・母とおしゃべりする時間

▼きょうのつらみ

・免許がないこと もっといろんなところに自由にいきたい、ので、落ち着いたら教習所に行くぞ

▼きょうのわたし

「ことば」について、密かな連載をします。全3、4回くらいの。

きょうは、そのための背景情報、「わたし×ことば」を書きます。

***

「わたし×ことば」

国語が得意でした。国語が得意、というより

もっとみる
いつもありがとうございます。
6

マルタ語講座第0回

マルタって、英語の語学留学が盛んで、ひとつの基幹産業でもあると言えると思います。イギリスの植民地であったため、英語も公用語として用いられています。ところが、マルタ語というのも存在します。マルタ語はあんまり知られていないので、あまり見当がつかない言語かもしれません。地理的近さから、イタリア語に似てるの?とよく訊かれます。

 実は、マルタ語はセム語族の言語で、ヨーロッパの公用語のなかで唯一のセム語族

もっとみる

日本語を愛する

日本語とはいかに難しい言語だろうか。

日本語を教えることができないと悟ったのはつい最近、異国に住む大好きな人が日本語に興味を持ち始めたことがきっかけだった。

なぜ日本語は主語がなくなるのか。
「〜は」と「〜が」の違いはなにか。
カタカナは日本語以外を日本語で表現するためだけのものか。

もちろん、日本語教師の資格もない私には見当もつかなかった。

英語がLow context langua

もっとみる

言葉ってなんだろう

みなさん、はじめまして。
株式会社DONGURIというところで、コンセプトプランニングやプロジェクトマネージメントをしている高田と申します。

最初の記事になるので、少しかためにご挨拶をしてみました。

時間は深夜2:00になろうかというところ。
寝付けなかったこともあり、記事を書いてみようかと思い立ち今に至ります。
以前から書きたい書きたいと思ってはいたのですが、重い腰が上がらず数ヶ月が過ぎてし

もっとみる

言葉についてよく思うこと

2019-10-06

 言葉というものは、とても言葉では言い表せないような大きな存在だ。私は言葉というものの力をとても信じている。言葉は計り知れないほどの力を持つ。しかし、時には無力そのものである。言葉など何の役にも立たないことだってある。言葉に表せないものの方が世の中には多いし、言葉に表せることなど、この世界の氷山の一角にも満たないようなほんのほんの小さな部分だけだ。人間の知覚の範囲内で生成さ

もっとみる
感謝です(T_T)
1

海外で見かけた日本語 #05

本日はカナダ東部オンタリオ州のロンドンの中華系スーパーで見つけたこの一品。

ご感想、ツッコミ、シェアなどお待ちしております!

もっとみる
スキありがとうございます!
23

文字出力の快感

月曜夜、宿泊から帰宅して、水曜の午前11時まで外に出なかった。外に出てから「あ、40時間くらい太陽光に当たってなかったな」と気づいた。

 ただ個人的には満足のいく引きこもりだった。火曜は一日かけて、カンザス州トペカを起点に米国宗教史を振り返り、興味深い事実に気付いた。水曜は、ぼんやりと考え検索し、準備していた仕事用の原稿と、趣味の駄文をしたためることが出来た。

 そして本日、木曜日。午前中、仕

もっとみる
正しい者のこうべには祝福があり、悪しき者の口は暴虐を隠す。
3

共通言語

共通言語があるとコミュニケーションが上手くいく
出来れば付合う人とは同じ共通言語を持っていたいと思う

日本語  英語
言語もちろん共通言語なんだけど

私が感じるのは言語以外の共通言語

同じ世代で同じようなテレビを見て育ったとか
出身地が同じ (近い)とか
同じ趣味
同じ方言を話すとか
価値観
同じような経験
考え方とか
自分の中にある感覚的な所

人はそれぞれ違うから 
同じ物を見ても感じ

もっとみる
ありがとうございます♪
2

【インタビュー】「#おうち時間」で自分と向き合う

今回はこの2ヶ月の自粛生活について、フランス留学経験のある
nanaにインタビューしました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー仕事が無期限の休みになって、時間を何に使おうと思った?
まずは突然できた長い休みを喜びました(笑)
そして何をしようか考えて、今までおざなりにしてきたフランス語に取り組むことにしました。
机に向かうだけでなくて新しいことにも挑戦したかったのですが、直接人と話

もっとみる
うれしい!!
14

井筒『意味の深みへ』×丸山『生命と過剰』で深層意味論に踏み込む

井筒俊彦を読んでいく途上で、導きの糸を貸してくれるのが丸山圭三郎氏である。

丸山圭三郎氏といえば言語学者ソシュールの研究者として第一級の業績を残した方として知られる。

ソシュールは20世紀はじめのスイスで活躍した言語学者であり、その言語観は、後の言語論的転回(言語学的展開)と総称される思想上の運動に決定的な影響を与えた。

言語論的転回(言語学的転回)

言語学的転回。それは要するに、言葉を「

もっとみる
本日のお薦め文献は、内田隆三『国土論』
11