固着した妄想分別から躍動する分節へ -井筒俊彦『意識の形而上学』を読む

今回の話はこちら、レヴィ=ストロース著『遠近の回想』に登場した「意味」に関する記事のつづきである。 もちろん前回を読まなくても今回の記事だけでお楽しみいただけます。 ◇ 続き、なのだけれども今回レヴィ=ストロース氏の話はほとんど出てこない。今日の主役は井筒俊彦氏である。レヴィ=スト…

№283 上から目線の要因

こんばんわ。白石です。note連続投稿*days283 「上から目線」はかなり毛嫌いされ、信頼を失うことに繋がるのは誰もが理解しているはずです。 ですが、日々のコミュニケーションで散見されていて、最近では「マウント」というワードが流行ってるぐらいです。 なぜ?上から目線と感じるのか?もしく…

#6 世界の言語力の高さを知った出逢い Fromスイス

いつもお読みいただきありがとうございます!! ☑幼少期をリアルな里山体験の中で感受性豊かに成長して欲しい! ☑私が経験できなかった美しい田舎の風景・文化・食をを知り、  それをまた次世代に、世界に伝えて欲しい! そんな想いから1世代超えたUターンで、自然あふれる暮らしをスタート!!【…

遠城寺式・乳幼児分析的発達検査表について(運動 移動運動7ヵ月~4歳8ヵ月の部分を掘り…

6月10日の記事で、大まかな移動運動のことを文章の単語や漢字を抜け出して覚えた。今日は遠城寺式・乳幼児分析的発達検査表の運動 移動運動の7ヵ月~4歳8ヵ月について自分なりに考えていこうと思う(ブログを始めたばかりで著作権のことが分からないので遠城寺式・乳幼児分析的発達検査表はインターネ…

教科書なし?!ドイツ語の勉強方法

こんにちは、pinguiです。 やっと暖かくなってきた!と思ったら急に最近暑くなってきました。クーラーがないので毎日死にそうです。 タイトル通り今回は私がどうやってドイツ語を勉強しているかお話したいと思います。勉強は人それぞれ違うと思いますが、参考になれば嬉しいです。 アプリまず最初に…

ボードゲームの説明書を読むための初級ドイツ語③ダイス編

なんとか第3回を迎えることができました。「ボードゲームのルールブックを読むための初級ドイツ語③ダイス編」を書いていこうと思います。 企画説明は第一回の記事をご覧ください。 ちなみに文法ガチ勢ではありません。 間違いの指摘、意見の相違などありましたら是非お伝えください!! 今回も【】…

言葉が私の武器です

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ(原題 arrival)』を見ました。 いつも映画を見て、3文であらすじ考えるのですが、エイミーアダムス演じるルイーズにまつわるあらすじが複数あり、映画の言語をつかって、新たな時間体験を切り開く面白い作品でした。 言語学を研究する女性が 未確認物体への…

第14回カレリア語【ヴィエナ方言】 独学記録 - 子音交替と母音交替

--- カレリア語のうち、狭義のカレリア方言-ヴィエナ方言(北カレリア方言)を学ぶページです。 方言分類に関してはこちらの記事をご参照ください。 --- 子音交替と母音交替 カレリア語の名詞を格変化させる際、あるいは動詞を人称変化させる際、語幹の中の k, t, p, č の音が変化することがありま…

〈正しいことば遣い〉という呪縛ーー高島俊男『お言葉ですが…』シリーズを巡って

 先日、中国文学者の高島俊男さんが亡くなった。  高島さんの存在を知ったのは、ある文学者の方がよく著書等のなかで言及していてそれを読んでいたからだと記憶しているが、『お言葉ですが…』シリーズには衝撃を受けた。  おそらく記号論が起源の「記述」対「規範」という二項対立がある。 「記…

インドネシア・アジアリンク

ちょいと気になるリンク集。 シンガポールは英語、北京官話、マライ、タミール語と4つも公用語があるけれど、シンガポールの友人たちはやっぱり自分の母語が中心。マライ語もマレーシア語系なのでインドネシア語では通じないこともあります。少しだけ覚えた広東語があまり通じず「どちらかというと福…