新着の記事一覧

気に入りの器が与えてくれたもの

江戸後期の偉人⁉ この令和のスマホの時代、本を歩きながら読む人を見た。 おもに昭和の時代に小学校にあった二宮尊徳の銅像と同じだ。 薪のかわりにリュックサックを背負い片手で本を開いていた。 「勤勉」を表す象徴だ。 歩き読み禁止の標識はない。 本を読むときは車に十分ご注意を!

韮崎市ふるさと納税返礼品掲載!令和のベストヒット大賞2022年!

薪を作る②

2週間前

薪を作る①

2週間前

薪のおはなし(vol.1 針葉樹について)

3週間前

朴の木街道

3週間前

夏なのに冬の画像でもどうぞ(*´▽`*)

1か月前

なぜおじさんになると小鼻をヒクつかせるのか、ようやくこの歳になって分かった気がするので共有する

八戸市 熊ノ沢温泉

2か月前