繁華街の劇場

繁華街のビル内にある劇場のほとんどは、最上階にある。

それも当然で、音の問題や観客の導線があるからだ。

大変なのは道具の搬入、搬出の時。

商業ビルだと、朝は各テナントの搬入に被ったりする。

時間帯によっては、車両通行申請を警察署に提出しなければ、トラックが入れなかったりもある。

もう一つ困るのは服装だ。

スタッフとして入るときは、基本黒づくめの汚れてもいい服で行く。

劇場の中にいる時

もっとみる
嬉しいです。よかったら他の記事も読んでください。
9

昨夜の心の拠り所

上京して今の暮らしが1番
気分がさわやか
電車で三十分の新宿で
酒を汲みかわしている
やつらを想像をするだけで
みじめだった
酒の飲めない俺にとって
死にたいくらい
乾杯に憧れていた
酒を飲まずに
なにが楽しみで生きているのと
言っていた
俺は金払ってでも
飲みたくない酒を
金を払って飲みにいく
やつらにずっと
萎縮してた
コロナが喧騒を消しさる
夜な夜なジョギングする俺は
想像する
価値観の異な

もっとみる

夜職ホイホイビッチの幸せ♡奪取計画

①花と赤髪、繁華街にて夜と踊る

『夜の街』

大疫病の末、そう呼ばれ始めたこの街を闊歩するのはホストやキャバ嬢、風俗嬢など所謂夜職の人間だけではない。街のネオンによって真っ赤な髪を鮮明に縁取られながら、豪華に活けた花々を抱えた若い女がペタペタと金と欲望と、それから

…今は疫病にもまみれた街を縫い歩く。

繁華街の街角に店舗を構える花屋に赤髪ビッチ、否、赤髪ヤリマンクソビッチの私は勤務している。

もっとみる

夢百夜(9) ハルとフライパン

(550文字 1分でよめます)

それはけさみた夢のはなし。。

夜の繁華街。

ハルという友人の女の子と歩いている。

これからハルの自宅でごはんをご馳走になる。

ハルは妹みたいな距離感の女の子。

今晩の料理は、とたずねると、卵料理だという。

いまつかっているフライパンがこわれて、ちょっと不便で、、

でもこのフライパンが便利で!と突然通りすがりのお店に入り、

ハルはお店の入り口付近に陳

もっとみる
アリガト!(ひょっこり)
5

渋谷の柳瀬博一研究室

2020年9月23日(水) 10:00-10:55放送

00:00 | 00:30

【ナビゲーター】
柳瀬博一さん(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)

(Web会議システムを使用したリモート収録でお送りしました)

超久々に帰省したことをきっかけに、地方都市の新しい繁華街について思いを巡らせた柳瀬さん。
どうやら今「地方都市で勢いを持っているのは、市街地中心部ではなく江戸時代の街道沿い」というのが全国的な傾向の様子。
ならば首都圏では? 東京では? 渋谷では?
柳瀬さん

もっとみる

課長が派手な女性と繁華街を歩いてました(26歳女性)

コロナ自粛で、最近は殆ど飲みに行ったりしていないのですが、先日同僚の送別会を渋谷でやることになりました。その日は有休をとっていたので早めに到着し、集合時間までの時間潰しに一人でぶらぶらしていたら、私、見てはいけないものを見てしまったのです! まだ17時前、普通に就業時間なのに。なんと、隣の課の経理課長がめっちゃ派手な女性の背中に手を添えて嬉しそうに歩いているのを。課長は40代で独身、めっちゃ地味で

もっとみる
今日もグラマラスな1日を❗
7

マンホールの詩(うた)

いつも歩いている道なのに

今朝気付いた

マンホールがいくつも並んでいることを

その蓋に花の彫り物があることに

模様はそれぞれ違っている

誰にも気づかれず 踏みつけられ 雨に打たれ

日照りのときは暑さに耐え

黙ってそこにいた

田舎の繁華街

行き交う人は足元なんか見ない

食べ物屋の看板 ドラッグストアの看板 眼鏡屋の看板

ばかり見ている

マンホールの蓋は そこにいることさえ 気

もっとみる
スキありがとうございます。
24

歓楽街 一覧 日本全国

日本は小さいようで大きい国。各地方で様々な特色があります。

飛行機や新幹線、高速道路などの交通網も整備されており思い立ったら遊びにいけるし、実は人口は世界に200近くある国の中で第10位の大国なんです。そんな日本で生きて行くなら是非全国を股にかけて遊びたいですね。その参考になる地図を作ろうと思っているので、日本にある歓楽街をまとめてみました。

随時更新して情報をどんどん増やしていこうと思います

もっとみる
ありがとうございます。今後の画像も見てください。
4

夜中24時過ぎ、囁く女は、天使か悪魔か。【後半報】

夏の暑さに誘われて一人繰り出したネオンの繁華街。

気が付けば、腕時計の針が24時を右の方へ幾分か回り込んでいる。

ホロ酔い状態だったのは2時間前の昔話。

今や、1歩前進、2歩サイド、半歩後退、ふ~らふら。完全に出来上がっている。

しかし、私はなぜか客引きお婆(おばば)に連れられて、一軒の雑居ビルに足を踏み入れるところだった。

★★★

もう一度聞く。

本当に、全員水着で、、全員ビキニで

もっとみる
あッ、ちょっと涙が出てしまいました。
2