仙頭正教

歌舞伎町ウォッチャー(月刊・裏モノJAPAM編集者)。繁華街の裏っぽい情報から実話怪談まで。東京。アウトデラックス出演。ツイッター @sento1025 メール masanorisento@gmail.com

仙頭正教

歌舞伎町ウォッチャー(月刊・裏モノJAPAM編集者)。繁華街の裏っぽい情報から実話怪談まで。東京。アウトデラックス出演。ツイッター @sento1025 メール masanorisento@gmail.com

    マガジン

    • 歌舞伎町ライター仙頭の繁華街見聞録

      新宿・歌舞伎町の散策をライフワークにしているライターの仙頭正教(月刊『裏モノJAPAN』編集部)の、体当たり取材記事&コラムです。テーマは、新宿の話を中心に、他のエリアの話も含め。怪しいスポットの探訪リポートから、ネットのウワサ、街の奇人、性風俗のトレンド、夜職の人々の人生観、シンプルなオススメ飲食店情報まで。

      • 歌舞伎町ライター仙頭の繁華街見聞録

    最近の記事

    • 固定された記事

    …人が死んでる! 新大久保の公園で、死体を見つけました。第一発見者として110番。東京屈指の人気タウンの闇

     新大久保は近年、若い女の子たちがこぞって訪れ、原宿みたいになってきました。人気の理由は韓流の聖地だからなわけですが、駅ビルが建て直されたり、歌舞伎町方面からの南北に抜ける道路も再開発されたりと、景観自体も随分ときれいになっています。いま、東京でもっともポップの町の一つと言っていいんじゃないかと。  ただ、新大久保というエリア、住所でいうと新宿区百人町は、歌舞伎町のベッドタウンであり、時代を遡ればドヤ街が形成されていたということなども相まって、町の空気にどこか、孤独や経済的

    有料
    149
      • 11月分(工事中5/5)

        いつもの借金記事です。なるべく早く書きます。申し訳ございません。仙頭

        有料
        100
        • 11月分(工事中4/5)

          いつもの借金記事です。なるべく早く書きます。申し訳ございません。仙頭

          有料
          100
          • 11月分(工事中3/5)

            いつもの借金記事です。なるべく早く書きます。申し訳ございません。仙頭

            有料
            100

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 歌舞伎町ライター仙頭の繁華街見聞録
            仙頭正教
            ¥980 / 月

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            11月分(工事中2/5)

            いつもの借金記事です。なるべく早く書きます。申し訳ございません。仙頭

            有料
            100

            11月分(工事中1/5)

            いつもの借金記事です。なるべく早く書きます。申し訳ございません。仙頭

            有料
            100

            野ション禁止! 歌舞伎町の名物お騒がせ売春婦におしっこを引っかけられまくっている場所は?

             奇行が複数ユーチューブチャンネルに取り上げられ、世間から悪い意味で一目置かれている歌舞伎町のぽっちゃり路上売春婦『M美』が、またぞろお騒がせを始めました。  今年の夏、窃盗の容疑で逮捕され、2ヵ月ほどの拘留期間を経て、執行猶予で釈放されたのが、10月の中旬。社会復帰したその際、M美はユーチューバーのインタビューを受け、カメラの前で、 「歌舞伎町には1年は行かない。更生する」  的な美辞麗句を並べていましたが、舌の根も乾かぬうちに、とはまさにこのこと。11月中旬より、歌

            有料
            139

            歌舞伎町に流れ着いた人々は、幸福か地獄か? 名物ホームレスの死と、トー横ホームレス殺人事件の一周忌を受け

             トー横でお馴染みの『シネシティ広場』あたりもよくウロついていた、歌舞伎町の名物ホームレスの「えっちゃん」が亡くなりました。ほとんどの人にとっては、誰? って感じでしょうが、西武新宿駅前のぺぺ広場の横、大ガードの下の寝床に座っているその姿などは、たぶんみなさんも、視界に入っていたんじゃないでしょうか。2021年の正月、朝日新聞が作った動画の中にも映り込んだりしていましたし。  えっちゃんが亡くなった日は、11月23日です。聞くとことによると、少し前から体調を崩しており、先月

            有料
            149

            ホストクラブ業界の好景気を、”オモテには出てこない数字”から読み解く。佐々木チワワ新刊発売を受け

             歌舞伎町をテーマに執筆活動をしている人物の中で、いま一番勢いがある人物、現役ホス狂いフリーライターの佐々木チワワさんの新刊が発売されました。 『歌舞伎町モラトリアム』 (2022年11月25日発売・角川書店)  内容は、短めのエッセイ50編ほどと、社会学っぽいコラム、そしてホストとの対談などが掲載されているのですが、わたしがまず何より目を見張るのは、佐々木さんの生産性です。  前作の書籍(『「ぴえん」という病』/2021年12月22日発売・扶桑社)の発売から、今回まで

            有料
            129

            新大久保駅前の『当たり屋』スポットで、「全身打撲だ! 謝れ!」と凄まれました

             歌舞伎町の区役所通りは、夜間、タクシーの往来が多いんですが、それらのタクシーが大久保方面に向かう際、抜け道としてよく利用する道があります。『すしざんまい東新宿店』の横の路地です。  この路地、車のサイドミラーが電柱や建物をこすっちゃうようなことが頻発してそうに思うほど、道の幅が狭いんですが、以前、タクシーの運転手からこんな評判を聞きました。 「ここ、当たり屋が出るんですよ」  車が徐行で走っているところに、アヤシイ通行人がケガをしない程度にわざとぶつかってきて、大げさ

            有料
            149

            有名廃墟「クイーンシャトー」がソープランドに。我らがあのナイトレジャー企業が作ってくれました!

             大手マンガ喫茶チェーン『マンボー』の、店舗閉店が続いてます。コロナ以降、歌舞伎町の店も、新大久保の店も、はたまた池袋や渋谷の店も、残念ながらなくなってしまいました。一番直近のそれは、10月末をもって閉店した川崎の店でしょうか。  いやー、寂しいですけど興味深いですね。このnoteの読者のみなさんはご存じでしょうが、わたし仙頭、マンボーのことが、ていうか、マンボーを運営している母体のナイトレジャー企業(仮に『M実業』と呼びますが)のウォッチャーなんで。  M実業、いま、ど

            有料
            178

            YouTubeでは紹介できない「トー横のいま」。問題を抱える少年少女がたむろする広場の水面下で起こっていること

             わたしは、『裏モノJAPAN』という月刊誌の企画でYouTubeをやっています。チャンネル名は、その雑誌の中での、自分のニックネームにちなみ「マー君チャンネル 裏モノJAPAN 仙頭正教」。  12月2日、そのYouTubeに、歌舞伎町の「トー横のいま」というテーマで動画をアップしました。どんな内容かというと、話の柱は2つです。 ①「27才のトー横住人によるトー横解説」。 ②「トー横暮らしの美人ホームレス”ななみちゃん”の、名物路上パフォーマンス『2ショット写メ1枚・

            有料
            200

            歌舞伎町の広場は、誰が掃除してくれているのか? 自分たちの”居場所”だと喧伝するトー横の連中は、清掃の人々に感謝はあるのか?

             世間を驚かせた11月15日のハウル死亡のニュースから、数日が経ちました。  この間、トー横の名称で知られる、歌舞伎町のシネシティ広場を見渡したとき目を引いたのはやはり、ハウルを慕う連中によって作られた【献花台】です。前回のエントリーでお伝えしましたが、花やタバコやお菓子が供えられたその場所にはどこか乾いた空気が流れており、それがある意味、大都会の広場らしかったです。例えばそう、お供えのお菓子のRITZを、ホームレスのジイさんがパクっていたりもしましたし。  では、【献花

            有料
            139

            ハウル死亡。弔問客に対し、カノジョさんが挨拶を。歌舞伎町広場の献花台の前でトー横の面々と語ってみた

             昨日11月15日、衝撃のニュースが飛び込んできました。  トー横のハウルの死です。  コロナ禍に歌舞伎町のトー横の中心人物として名を馳せ、しかし今年6月に未成年淫行の疑いで逮捕され、悪い意味でさらに世間に知られる存在となったあの男が、収監されていた東京拘置所で亡くなったのです。  報道によると、初公判を11月22日に控えていたというタイミングだったそうです。「体調が急変した」と病死が報じられていますが、具体的な状況は? そして本人は亡くなる直前、いったいどういう気持ち

            有料
            139

            摘発された”民泊”乱交パーティーの中身とは?「新大久保の一軒家のときは人が凄かったよ」。参加者が詳細を語る

             新大久保の一軒家タイプの民泊を借り、そこを会場にして乱交パーティーを開催したとして、都内の売春業者の男女5名が、警視庁によって逮捕されました。10月8日のニュースです。  この業者、何でも10年以上前から同様の乱交パーティーを頻繁に主催。これまでに6億5千万円を売り上げ、近ごろご用達にしていた民泊の施設は、新大久保のその一軒家を含め、10ヵ所以上あったとか。  わたしの感想は、そりゃあ警察にも目を付けられるだろう、です。  実は自分、この業者の乱交パーティーの男性参加

            有料
            149

            公道走行不可の『フル電動自転車』、修理してもらえる?もらえない?を検証。in歌舞伎町。自転車取り締まり強化を受け

             先々週だったか、時事通信が自転車絡みのニュースを報じていました。近年、都内の自転車の交通事故が増加傾向にあるんだとか。それを受けて10月末より、警視庁が自転車の違反に関し、取り締まりを強化するとのことでした。  そこで、その10月末の今日は、歌舞伎町の自転車事情について考えてみようかと。 『フル電動自転車』ってあるじゃないですか? そう、ペダルを一切漕がなくてもモーターのパワーでグングン走る、バイクのようなあのチャリンコです。本来はナンバープレートを付けなければ公道じゃ

            有料
            138