マネジメントするってなんだろう | 凡人が箱根花柳界から#7

マネジメント、マネージャー、マネージする
きっと多くの働く大人たちにとって、どれも聞き慣れた身近な言葉だと思う。

「マネージする」は、英語のmanageだと「こなす」的な意味で使うことがある。

大変なことが起きて、なんとか『乗り切った(barely managed)』とか
課題などに対して、『こなすぞ、乗り越えるぞ(I’m gonna manage it)』的なニュアンス。

対して、名詞化さ

もっとみる
スキ、ありがとうございます!

二羽の飛翔

空高く
旋回する
二つの命

風を受け
高くとべ

微笑んで
風になれ

⭐︎

神社の境内で空を見上げると、一羽のトビが飛んできました。

ふうわりと風を受け、優雅に弧を描く。

わぁ。氣持ちよさそう!

いいなぁ、と見上げていたら、わたしの頭上を旋回し始めました。

おおお!

ときめきが高まる中、どこからかもう一羽視界にすうっと入ってきました。

羽を広げて優雅に舞う姿は一羽でも十分に美しか

もっとみる
ありがとう💕✨
23

贅沢が叶う【オールインクルーシブ】bar hotel箱根香山 へ行ってみた。

こんにちは、みりさです。

コロナで旅行もなかなか思うようにできないから、これを機に過去に宿泊した宿をコツコツと記事にし、まとめていこうと思います。

まずは近場の箱根から。横浜に住んでいるからか、小田原から乗り換えてすぐ行ける「箱根」は旅行感は少ないけれど、行きたい宿が多すぎて追いつかない・・・。大好きな温泉の1つです。

さて、記念すべき第1弾は
2019年9月・2020年3月に訪問し、感動し

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
3

さらに追及強羅温泉

温泉ホテル強羅館

タイトルが大それていますが、要は翌週も行ってみたということです。
ここは前回行った箱根太陽山荘の一つ坂下の強羅駅寄りにあります。

強羅温泉は泉質が似ているようで宿によって微妙に違うところがハマる所。
なんといっても神奈川県では唯一の火山地帯なので、時に噴火警戒レベルが上がることもありますが、今現在レベル1でとても安定しています。

宿の前に車を停め、涼やかなのれんをくぐると、

もっとみる
うれしいです!励みになります!
3

木立の間

木立の間
時がゆらいで
かくれんぼ

⭐︎

とある森の遊歩道。

足を踏み入れると、どこからか笛の音が聞こえてきます。だれかが練習をしているのか、はたまたライブでもしているのか。

歩みを進めていくと、ランダムに響いてくるその不思議な音色にどんどん引き込まれていきます。

少しずつ大きくなる音にドキドキしながら、音の鳴る辺りに近づいてみたら。

音の主は、この森に新しく収蔵されたアート作品、「ウ

もっとみる
ストロベリータイムへようこそ💖✨
23

寿命を7年延ばす🥚?

山道の運転は大変だったぁ~。
箱根にドライブ行ってきました!

この道を、箱根駅伝では走るんだよな~凄いなぁ~なんて思いながら…私は快適ドライブ

🚗³₃Boooon!!♡

夏休みだけあって…少し人は出てたけど、やっぱり寂しい(。•́ - ก̀。)

寿命が7年延びると言われてる黒たまご。
めっちゃ美味しいですよ。

車で行くのもいいけど…
台風19号の影響で運休してた、「箱根登山鉄道」が運転

もっとみる
スキありがとうにゃ🐱大好きだにゃ🐱
2

カーコラム「ISUZU PF60型ジェミニZZ Rの思い出 Part.9」

PF60型ジェミニZZ Rの慣らしが終わると、連日の箱根通いが始まった。

 東京の城南地区にある自宅から箱根方面に行くには、東名高速の厚木インターから小田原厚木道路を乗り継いで小田原西インターで降り湯元に抜けるか、あるいは御殿場インターから乙女峠を経由して仙石原へ抜けるか、いずれかのルートが最も手っ取り早かった。

 しかし、無理して新車を購入してしまった金欠病の人間には高い通行料を払えるゆとり

もっとみる
マジ卍で嬉しいです!
2

銀河の花

天の川
銀河の花も
くつろいで

深く
あなたに
沈む夜

⭐︎

古い小さな石造りの浴槽。源泉からしたたるお湯が、掛け流しの水面に不規則な揺らぎを刻む。

宿で仕事用の記事をひとつ仕上げるつもりだったけど、まぁいいや。

今夜は、大自然の息吹にとことんまで沈んでしまおう。

古くからの箱根の名湯と名高いここのお湯。季節になると、もう何年も通っている。

やっぱり好きだなぁ。

パワフルに感じてい

もっとみる
たくさんのしあわせが降り注ぎますように😊✨
26

星の王子さまミュージアム 箱根

費やした時間がそのものを大切なものにする

箱根には世界で唯一「星の王子さまミュージアム」が存在する。サン・テグジュペリ生誕100年を祝した世界的記念事業の一環として作られ、1999年にオープンした。

星の王子さまが筆者のどのような経験を基に生まれたのかを知ることが出来、とてもおもしろかったので紹介したい。

※ここかからはネタバレを含むので気をつけてください。

フランス・リヨンの伯爵の子とし

もっとみる
يا سلام ヤーサラーム (すごい)
7