たゆ・たうひと

家族の食事を作ること、愛犬と昼寝、サスペンス(再)を観ることが主です。小説、料理、ペット、ひとりごと等をつらつらと…もうひとりのわたし『ひらさわ たゆ』もよろしくお願いしますヾ(≧▽≦)ノ→ https://note.com/taematayu

たゆ・たうひと

家族の食事を作ること、愛犬と昼寝、サスペンス(再)を観ることが主です。小説、料理、ペット、ひとりごと等をつらつらと…もうひとりのわたし『ひらさわ たゆ』もよろしくお願いしますヾ(≧▽≦)ノ→ https://note.com/taematayu

マガジン

  • しっぽのうた

    ぽくはたゆさんちの2代目ペット 末永くよろしくお願いいたします

  • 更年期料理レシピ集

    • 4本

    更年期に不足しやすい栄養を補う料理をご紹介します。手に入り安い旬の食材で簡単に作れるレシピ集です。食材から摂取できる栄養素と効能の説明や、相乗効果が得られる調味料の使い方などもあったりなかったり。ぜひお家で作ってみてね♪

  • たゆ飯はじめました

    あぁ、せっかくのタイトルがはみ出てしまってますが… そのままです なんか簡単でお安いレシピを紹介できたらと思います

  • たゆそうし

    思いつきや、自分のこと、 エッセイ的なものを 書いていきたいと思います

  • 筋肉祭りby幸年吉日サークル

    • 7本

    更年期だってエクササイズをして元気に過ごそうよ!若い頃のようには動かない体だけれど、今の体でいいじゃない。更年期の体にまつわる短歌と川柳を募集します!2022/9/29-10/10 ヨガのイベントもあるよ!

最近の記事

固定された記事

いらせられませ・・・・ いつも仲良くしてくださっている方々、 偶然たどり着いたあなた、めぐり会えたご縁に感謝! 年齢は大人、だけど💛は永遠の乙女でありたい きっとあなたもギャップ萌え(^^♪ 末永くよろしくお願い致します https://note.com/guerlain_325/n/nfa9e6cbe87a6

スキ
166
    • +4

      無防備…というより

      スキ
      1
      • パンのみみ

        サンドイッチはサンドイッチ用のパンを使った方が楽だし、厚さも丁度良いのでしょうが、食パンの方が安いので、どうしてもそっちを買ってしまいます。耳がついたままのサンドイッチとかもありますけどね たまにサンドイッチを作る時は、だいたい旦那さまがパンのみみを食べてくれていたのですが、さすがに毎日サンドイッチが続くと、パン屋さんなみにパンのみみが出るので、更に「食べてくれ」とは言えなくなりました しかもこの頃は旦那さまもサンドイッチのお弁当を持って行っているので、更にパンのみみを食

        スキ
        33
        • 嘘寝 ~たぬきねいり~

          幼少当時、あまり言葉を知らないわたしたちは、たぬき寝入りを「嘘寝」と呼んでいた。嘘の眠りからくる子どもの造語だが、簡単でいい 子どもの頃、親戚の家からの帰り道、ほんの15分足らずの距離の中、わたしたちは眠りこけていた。たった15分でも充分にガチ寝できた子どもだったわたしたちは、両親にお姫さま抱っこされてお布団に運ばれることが至福だったのだ でもそれも、少し大きくなると自宅につくころには目覚めてしまったりして、お姫さま抱っこが叶わなくなってくる。そんな時、たぬき寝入りを決め込

          スキ
          23

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • しっぽのうた
          たゆ・たうひと
        • 更年期料理レシピ集
          幸年吉日サークル 他
        • たゆ飯はじめました
          たゆ・たうひと
        • たゆそうし
          たゆ・たうひと
        • 筋肉祭りby幸年吉日サークル
          幸年吉日サークル 他
        • 4コマ漫画に憧れて
          たゆ・たうひと

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          焼き芋屋さん

          子どもの頃に聞いていたおなじみの焼き芋屋さんの謳い文句 わたしが知っているのはシンプルなこれ・・・・ だけど、20代に叔母の家に居候していた頃に聞いた焼き芋屋さんは、 若干、歌詞も違えば、節も違う これも地方ならではなんだろうな~と、スタバのフラペチーノを飲みながら思う それだけの話笑笑

          スキ
          37

          Mrs.ハナ・キーンこそが捜査にいちばん適しているかもしれない事実 見返り前美人ソンナ・バナーナン捜査官 ストイックな彼女は犯人よりも自分を追い詰めやすい 寡黙なイアン・バンカーン捜査官 偏屈な彼のペットは皆、オスばかりだとか… オタクのヤヴァイ・パティーン分析官は実は鳥目

          スキ
          24
          +7

          キヌアで・・・・

          スキ
          38

          Mrs.ハナ・キーンはなんでも知っている 知る人ぞ知る動物映画に弱いアリエンティ警部補だが 実は猫アレルギーという事実 髪留めを壊すほど剛毛なA・B・バボー刑事 見た目には解らないがストレートパーマをかけている 期待の新人チョウ・ベリーバ刑事 幼少時のあだ名は「バッチグー」

          スキ
          22

          はないちもんめ

          謳い出しって覚えていますか? 多分、地方で違うんだろうなぁ・・・・ でもってここで勝負! えんえんつづく・・・・ 終わり方忘れちゃったな。ひとりになったら終わりだっけ? 全員いなくなったらだっけかな? 最後までやり切ったことないわ 「あかさと」と「しろさと」って言ってるけど、たぶん「ふるさと」が変わったんだろうなぁ…。そんでもって「まとめて」ではなく「求めて」じゃないかと推察する。ふた組で競うから「紅白」に分かれたんだな 「はないちもんめ」のほかは「かごめかごめ」が頻

          スキ
          25
          +3

          ふんふんふーん🎶

          スキ
          28
          +4

          おめかし

          スキ
          43

          牛乳パズルとか、

          正しいネーミングかは知らないが、牛乳パックが印刷されているわけではない。ジグソーパズルなのだが、ただただ真白な、な~んの画もない難解パズルである いつだったか忘れてしまったが、若かりし頃に観たドラマの中で、わたしの敬愛する桃井かおりさんが、孤独を癒すためか時間潰しのためか、ジグソーパズルをやっていて、そのパズルのひとつが真っ白い牛乳パズルだった 牛乳パズルという名前が、そのドラマの中で紹介されていたのかは覚えていないし、少し後からその名称を知ったような気もするが、果たして今

          スキ
          29

          8月のお弁当🍒

          暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? 我が家の娘もすっかり夏バテになっちゃって、お弁当の出番が少なかったんです ミニ食パンを幅広にカットしてくりぬき、トースト。バジル入オリーブオイルをしみこませ、カッテージチーズ、ベーコン、たまごを入れ、その上にミニトマトと粉チーズを入れてさらに2~3分焼いて、くりぬいた部分をのせてブロッコリーを飾りました あけたら「おっ♪」ってなるやつ。娘も楽しめたようです フランクフルトは市販のパスタソースを絡めて焼きました すいか

          スキ
          34

          閑話CSI・・・・ 署内の清掃は専属の専門業者に委託されている それは厳選され、 実は天下り先ではないかとの噂もあるが 真実は迷宮入りの事件よりも追及は困難 刑事課やCSIラボなど、重要機密部署には 当然のことながら信用のある者しか入れない 担当清掃員はMrs.ハナ・キーン

          スキ
          19

          2度目の思春期

          学生時代、部活に所属していることが困難だった。なぜなら、自分でも想像がつかない程の羞恥心に襲われ、そのせいで人前で「行動すること」「見られること」に恐怖を感じるようになっていたからだ わたしは極度のさみしがり屋で、沈黙を苦痛に感じるほど音のない世界があり得ない。ひとりがいやだ。ひとと話をしていたい。そこに自分の価値を求めるからだ。なぜそんなに自分を押しつけたいのかは解らないが、深いところにはなにか理由があるのだろう そんなわたしはいつも、部活動その他で「仲間」と呼び合える

          スキ
          25

          父不在の7年間

          表題の通り、我が家には母子家庭だった期間がある 我が家は子どもが物心着く前に父親を退いていただきましたので、ちょっと息子の成長には大きく影響を与えてしまいました。言葉を話す前から彼には父親がいなかったので、物心つく頃は、大人の男の人に対しどうリアクションしていいのか解らなかったらしく、小学校低学年のころの彼は、男性に対し若干へらへらしてしまっていました そんなわけで1年生の頃の彼の精神は暗中模索、周りに対しては少々手のやける子どもでした。それを助けてくれたのは、彼が2年生の

          スキ
          41