算数教育

遊び方が無限、想像力も無限のゲームで遊ぼう

<遊び方が無限、想像力も無限のゲームで遊ぼう〉 いつもながら、久しぶりの更新になってしまいました。少し前に公式LINEを始めたのですが、こちらにも記事をアーカイブしておこうと思います。 * GWを挟んで東京、関西で緊急事態宣言が出されそうです。楽しいおうち時間が過ごせたらいいですよね。…

5年生が「割合」で壊滅するまで、その4〜そして「割り算」しか、子どもの頭には残らなか…

1月の下旬。5年生の「割合」の単元も終わりに近づいていた。 2クラスとも予想どおり壊滅していた。壊滅としか言いようがない。「もとにする量」「比べられる量」「割合」の3つの言葉が子どもたちをかつてないほどの混乱に陥れていた。「単位あたり量」を何とか生き抜いた子どもたちもここで脱落し…

随筆(2021/2/24_1):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学…

3.総括 3_0.(お知らせ)この記事は総括なので、実はここだけ読んでもいいようになっています この記事は総括なので、実はここだけ読んでもいいようになっています。 「この記事の前に、AからGまで7つも記事があるのか。読みたくないな」 という方は、この記事だけでもお読みください。 その上で、 …

随筆(2021/2/21):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」…

2_9_3.心身の健康や社会生活に役に立つリソースの消耗は容認出来ても、そういう風に役に立たないリソースの消耗は容認しがたい 2_9_3_1.本来成果に効いて来るべき努力を、成果に効いて来ないところのコストに注ぎ込み、成果に効いて来るところのコストに注いでいないようでは、困る 「社会生活におい…

随筆(2021/2/16):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」…

2_9.副作用の害とは、具体的には何のことか(社会生活の話) 2_9_1.「場合分け」をしないで「一律やる」パターンのメリットとデメリット 2_9_1_1.異なる単位の順序は、事情があるから辛うじて正当性があるので、そういう事情がないなら、それはやる理由がない さらに、数学教育と社会生活の間でのデ…

随筆(2021/2/11):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」…

2_8.副作用の害とは、具体的には何のことか(数学教育上の話) 2_8_1.副作用の害とは、具体的には何のことか(数学教育上の話) 数の掛け算の「順序」には、数学として見た時の、副作用の害がある。ここの話は今までしてきました。 それに加えて、数学教育として見た時の、副作用の害がある。 さら…

経験に基づく直感とか数的な感覚って大事だよね、という話

どうもここ数日が乾燥のピークな気がしている。 毎晩、全身が痒くてなかなか寝付けないのだ。 アトピーの方なら理解してくれるだろうが、朝起きると全身に細かい引っ掻き傷が多数できていて陰鬱とした気持ちになる。 1年でぼくが最も嫌いなシーズンである。 「ここ数日が乾燥のピーク」というのは、「…

随筆(2021/2/6):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」「…

2_7.副作用の害とは、具体的には何のことか 2_7_1.数学教育を真面目にやればやるほど、数学上誤ったこだわりを血肉と化してしまうというの、「頑張ったら罰がある」という学習的無力感の源に他ならない 数学として見た時の、副作用の害とは、何のことか。 *** 「これは、数学としての観点からは…

随筆(2021/2/1):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」「…

2_3.小学校算数水準での数の掛け算の「順序」を、「数学」「教育」で教えるとは、どういうことか こうした小学校算数水準での数の掛け算の「順序」を、「数学」「教育」で教えるとは、どういうことか。 それは「数学」そのものの都合なのか、数学そのものとは関係ない、「別の事情」における都合なの…

随筆(2021/1/26):小学校算数水準での数の掛け算の「順序」という、しばしば「数学」…

2_2_2_3.そもそも数の掛け算と関係ない場合 2_2_2_3_1.そもそも数の掛け算と関係ない場合 あと、これも混乱の元ですが、そもそも数の掛け算と関係ない話が、今回の数の掛け算の並べ方の話題にぶつけられることがあります。 今のうちに先取りして書くと、 「そういう話、何の益もなく、ただ混乱の元…