地域おこし協力隊のんちゃん「種子島移住ブログ」

9月7日~9月11日の記録

2020年09月07日(月)
台風10号到来!!

【今日9/7の西之表のんちゃん的体感天気】
台風が過ぎて晴天に!けど、威力の強い台風。風は強く海は大荒れ。
髪は、サイヤ人確定だね。台風一過となった今日。
まだまだ風は強風で、海は大荒れ。

今日は、午前が台風のことを考えお休みということだったが、
8:30に連絡があり準備が終り次第出勤してくださいとのこと。(ヤバイ

もっとみる

地方移住のメリット・デメリット

✅都心と地方の治安の差

私が今まで、住んだことのある土地は、大阪(高槻市)、愛知県(刈谷市)、神奈川県(青葉区)、東京都(新宿区四谷、国分寺、練馬区)など、地方から都心部まで、いろんな場所で暮らしたことがあるが、結論から言えば、『大都市の郊外(県境)』が、一番利便性と安全性が高いということ。

山や川の近くに住む場合には、クマやイノシシの動物のほか、災害や犯罪に対しても、それ相応の覚悟が必要だと

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
19

4ヶ月経過:野生の勘

9月に入ると涼しい風が通り抜け、朝晩は大分涼しくなった。喉を潤す冷たい緑茶から、ほっと安心する温かい紅茶へと体が求める物も変わってきている。

 この4ヶ月で大きく変わったことは、自分の動物的”勘度”が上がったこと。

 夜と朝の境目の基準が、太陽の光から、セミや鳥の鳴き声などの音情報へと変わった。空の色が変わり始める紺色の空に、セミの鳴き声が鈴虫の音へ混ざり始め、鳥の音が増えていく。現在は、温度

もっとみる
THX!生姜湯レベルであったかくなりました!

水仙畑を再生する。

コロナ失業をきっかけに、福井県の越前海岸へと短期移住。新たな土地で新しい生き方を探す23歳の日記。
水仙畑の草刈りをお手伝いしました。

越前海岸盛り上げ隊の一員でもあり、居倉町で「ノカテ」というチームで水仙栽培の新しい継承方法を模索する高橋要さん。

8月末には、ノカテのメンバーや、役所の方々が越廼のサテライトオフィスに集い、福井市の中での水仙の位置づけや今後の可能性について情報交換が行われた。

もっとみる

ランチは「えびちゃー」で。

noteはじめました。

こんばんは。

鶴岡に移住して感じる「おいしい」「たのしい」「しあわせ」を日記感覚で伝えていきます。

やさしい目でみてもらえるとうれしいです。

迷ったら「きく屋」で中華!

鶴岡はおいしいお店ばかりで、なかなかお店を決められないですよね~。

そんなときは湯野浜温泉にある「きく屋」さんがおすすめ。

狭い道を通るので初めて行く人はちょっぴり不安かも?

その先にはきさ

もっとみる

福岡移住日記 ~県民性~

今回は県民性について、現段階で感じた事を書いていきます。

1、方言について

2、県民性(福岡市の印象)

3、まとめ

1、方言について

まず北海道に長く住んでいると、県というシステムがよくわからないのです。方言もあるといえばありますが、ほぼ標準語なので方言に対する憧れがあります。

私の中で九州男児のイメージが独り歩きしていて、皆ゴリゴリの博多弁だと思っていました。が、店員さんや知人は時折

もっとみる
励みになります。ありがとうございます!
3

三里浜の特産品「らっきょう」を植える。

コロナ失業をきっかけに、福井県の越前海岸へと短期移住。新たな土地で新しい生き方を探す23歳の日記。
先週、三里浜でらっきょうの植え付けをお手伝いしました。

三里浜のらっきょう

家から海岸沿いを車で20分程。福井県坂井市の海岸沿い「三里浜」には、砂丘地が広がる。この砂地を生かし、らっきょう、スイカ、大根、最近ではオリーブが栽培されている。特に、らっきょうは、三年子という通常よりも一年長く土の中で

もっとみる

なんでもない日の贅沢

なんでもない日の贅沢は、心の余裕に繋がる。
島には4〜5軒のごはん屋さんがあるが、島価格のお店が多いためファミレス感覚で行くのは気が引ける。(と言いつつ、ひとりで行くことはないのでほとんどが払ってもらうことが多いのだが)
わたしはなんでもない土曜日で、いつもと変わらぬ土曜日で、けれど残業続きだった彼の帰りが早かったので外で食べることにした。彼が先に帰っている日の外食率は高いし、一気にご飯を作る気と

もっとみる

福岡移住日記 ~梅雨・夏・冬~

1、冬について

私が移住をしたのは昨年の10月でした。雪国育ちの為、冬は余裕のよっちゃんでしたが、予想していたより風が冷たく、寒い時もありました。海が近いので、強めの風が吹くことが多い印象です。移住相談センターの方によると、雪が積もる事も山間部等であるようですが、今年は平野では積もることはなかったです(ちらつきはしました)。なんだか雪のない冬が新鮮でした。

余談ですが、大好きなダウンのコートを

もっとみる
スキして頂きありがとうございます!
5

やわらかくて きもちいい風

コロナ失業をきっかけに、福井県の越前海岸へと短期移住。新たな土地で新しい生き方を探す23歳の日記。今日は一日お休みしました。

百万円と苦虫女をみる

「今日は1日やすむ!」

昨晩急にそう決め、今日は昼過ぎまで寝倒すつもりだった。
しかし、シェアメイトからのゴミ出し依頼で泣く泣く9時には起床。さくっとゴミを出し、先日買ったコーヒー豆でゆっくりとコーヒーを淹れる。

こんな生活がずっとできてなかっ

もっとみる