お仕事やめ太郎(44歳専業主夫)

育児に専念する為に県庁を退職して主夫に転身した44歳の雑記。 2024年オランダ移住予…

お仕事やめ太郎(44歳専業主夫)

育児に専念する為に県庁を退職して主夫に転身した44歳の雑記。 2024年オランダ移住予定。←住居確保困難らしい。 趣味は釣りと料理と育児。 食品メーカー➡️欧州駐在➡️外資➡️私立大学職員➡️県庁職員➡️現在は主夫

マガジン

最近の記事

  • 固定された記事

長女の疾病の発覚と手術。育休取得を経て180度変化した価値観。そして県庁を退職した。

結論から先にお話しすると、2度の育休を経験する事により私の仕事に対する価値観、対価としてのお給料、家族のあるべき姿に対する考えは180度変わった。結果として長女の誕生から2年半後、私は県庁職員を退職して主夫への転身を決意した。 令和3年6月長女の誕生 予定外の帝王切開と出産直前の検査で発覚した口唇裂という疾患(唇がウサギのように縦に切れている状態で産まれてくること。3パーセント程度の出現率)であったが長女は元気に誕生した。普通の哺乳瓶や妻の乳首からはミルクが飲めず、専用の哺

    • オランダ移住準備 衣類のパッキング

      そろそろパッキングと思い、まずは衣類をまとめてみた。北部フローニンゲンは寒く、長野市とほぼ同じ気温のようだ。冬場は最高気温がマイナスな日もある。 靴下12 パンツ7 半ズボン2 ウルトラライトズボン3 パジャマ夏冬上下 メリノウールロンT5 モモヒキ3 エアリズムステテコ2 アウターフリース2 フリースズボン1 コーデュロイ1 ジーパン1 ヒートテックズボン1 ワークマンズボン1 ナノパフ2 Tシャツ9 ロンT2 しかしこれでも減らしたつもりだけど服多いな。 身軽に生きる

      • オランダ移住準備 22年ぶりのアルバイト

        オランダ移住までおよそ2ヶ月間義理の実家で待機期間があることが判明した今年1月下旬、一度でいいから飲食店で働いてみたいとこのようなメッセージを1番好きなラーメン屋に送らせていただいた。 待つこと2ヶ月、なんとオッケーとの返信が。 ということで、お仕事やめ太郎、3ヶ月ぶりに働いた。 計4日働かせていただいた。 水の配膳 ラーメンの上げ膳据え膳 テーブル清掃 営業後の床清掃 更には食洗機の使い方を教えてもらったりと何事もこの歳ではじめて経験することばかりだった。 この経験を

        • オランダ移住準備 引っ越しにともなう各種口座等の登録情報変更

          我が家は3月に一旦義理の実家へ引っ越して、5月にオランダに移住する訳だが、市役所で必要となる年金任意加入や健康保険脱退、住民票除票以外にもこんなにも手続きが必要だった。以下の通り。 ⭕️ソニー生命 ⭕️ソニー銀行 ⭕️マネックス証券 ⭕️新生銀行 ⭕️楽天証券 ⭕️楽天銀行  ⭕️楽天カード ⭕️モンベル ⭕️ベルメゾン ⭕️JAF ⭕️ろうきん ⭕️家の火災保険 ⭕️アメックス ⭕️猫保険 ⭕️wise この他いくつかの証券会社などはもう面倒すぎて放置することにした。 こ

        • 固定された記事

        長女の疾病の発覚と手術。育休取得を経て180度変化した価値観。そして県庁を退職した。

        マガジン

        • 子育てジャーニー
          6本

        記事

          オランダ移住準備 住居が決定

          オランダ下見から3月に帰国した妻は現在にいたるまで数十軒の物件に応募した。不動産屋に断られ、大家に断られ、先着順に負け。。。一軒のオンライン面談に100人以上が応募するのが常らしく厳しい状況だった。 やはり子供がいると家具付きの物件は断られるし、オランダで雇用される保証もないし、駐在員でもない、あるのは幾許の貯金と不動産収入のみの我々はなかなかな苦戦を強いられた。 しかし、吉報は突然やってきた。 オランダ北部、フローニンゲン近く、1920年築の程よい田舎にある物件のオー

          オランダ移住準備 住居が決定

          オランダ移住準備 胃&大腸カメラ

          胃を、いや、意を決して胃カメラと大腸カメラに挑んできた。 これも全て移住後の安心の為。愛する娘のため。 父はまだ死ぬ訳にはいかない。 調べに調べた結果、近所に全身麻酔で寝たまま大腸カメラができる病院を発見して本番前に事前問診を済ませた。 本番前日は夜飯あとに約2リットルの水やポカリを3時間かけて飲みながら下剤を飲む。翌朝も再度腸をきれいにする液体をガブ飲みする。 酒ならいくらでも飲めるがツマミもなくノンアルをこれほど大量に飲むのはなかなか辛い。 いざ病院で肛門にだけ穴が

          オランダ移住準備 胃&大腸カメラ

          オランダ移住準備 脳ドッグ

          結論、脳に問題なし。 保健所でケースワーカーをしていた私は以前に比べて多少は健康に気を使うようになった。いや、食生活や酒の量は変わらないしむしろ悪化しているかもしれないが検査はしっかりやっている。人間ドッグだ。 最後の人間ドッグは1年前。これが失敗だった。いまどきバリウムだった。医者の知人は皆揃ってバリウムは無意味という。バリウムで影が見えたらもう手遅れ、バリウムが腹に残ったら盲腸になる原因になることもあるという。戦前から変わらぬ検査方法らしい。 よって、胃カメラを選ぶよ

          オランダ移住準備 脳ドッグ

          雑記 久しぶりに腹が立った介護の話

          100歳のひいばあちゃんがとうとう要介護3となり下の世話や日常の介護の重圧で同居して面倒をみている義理の母(実の娘ではない)が押し潰されそうな状況になっていた妻の実家。 先週、家族会議の末に施設入所を決めたが、待っていたのは同居もしていないし今まで何も手伝わなかった親戚からの非難の嵐。 怒鳴り込んできたおバカまでいた。「あんな大人しくて寝てるだけのおばあちゃんを何故施設にいれるのか」と。 そう、それは介護したことないから言える言葉。寝てるだけに見えたってご飯はたべさせなき

          雑記 久しぶりに腹が立った介護の話

          とうもろこしシチュー

          娘が好きなコーンが入ったシチューをつくったら、今日からコーンが嫌いになったらしい。 ドンマイケル。

          オランダ移住準備 家や車など、売れるものは全て売った預金残高は1,800万円

          移住まであと2ヶ月。家も車も売却して義理の実家へ引っ越してきたところだ。 メインバンクの通帳を見ると1,550万円とある。 他に証券口座、あまり使わない銀行口座にあるお金を合わせたら1,800万円が移住の軍資金と言える。既に先日の妻の下見や移住時のフライトは支払い済みだ。 国内の生命保険や公的年金、iDeCoなど4年分の支払い原資はこれとは別に確保してある。 まだ細かく計算はしていないが、1,800万円でオランダに滞在できるのは2年半から3年程度になろうかと考えている。

          オランダ移住準備 家や車など、売れるものは全て売った預金残高は1,800万円

          オランダ移住準備 妻が下見から帰ってきた

          2週間の下見にオランダに旅立った妻が帰国した。 今回の下見の目的は主に3つ。 1 住むエリアの絞り込み 2 不動産と顔見知りになる 3 住宅賃貸事情を知る 結論、マーストリヒトとフローニンゲンで迷ってたけど、ベルギー近くてオシャレすぎるマーストリヒトよりもまずはオランダらしいフローニンゲンが第一候補。不動産屋は数店舗訪問したがどこも賃貸物件を探すのは容易ではないと。子供やペットを嫌う大家もいるため、それら同伴だと更に厳しい戦いとなる。 よって、渡航してからはフローニンゲン

          オランダ移住準備 妻が下見から帰ってきた

          3.11の寄付にまつわる美しい話

          2011年の震災があった翌月のことだった。当時は従業員数万人の会社で働いていた。人事部から被災地に寄付したい場合は申請することで、その金額が各々の給料から天引きされ、更には会社が同額をトッピングして被災地に寄付する制度を作ったとの通知が来たのだ。 確か当時31歳だった私は三万円を寄付して、会社からの補助が同額の三万円あったので合わせて六万円寄付できたと記憶している。 同僚とはいくら寄付した?なんて話をしたりもしていた。やはり会社補助があるので皆すすんで寄付していた。 そん

          3.11の寄付にまつわる美しい話

          オランダ移住準備 引越しのサカイが凄すぎる話

          先日、海外移住を前に義理の実家に荷物を預けて2ヶ月滞在する為に19回目の引越しをサカイさんにお願いした。 サカイさんにはかれこれ7回くらいはお世話になっている。 今回も繁忙期ににも関わらず嫁さんの値引き要望に応え、更にはいままでにない程高いクオリティーで梱包、運搬してくれた。  その丁寧な仕事がエグい。 ベッドのマットレスは菓子折りが如く巻きダンボールで梱包され、プチプチで巻かれた棚の足もとを見ればここもまたダンボールで補強←ただの足なのに。ロードレーサーもプチプチ、ヘルメ

          オランダ移住準備 引越しのサカイが凄すぎる話

          マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

          美味しい学校給食を食べたいならフランスへ🇫🇷 柔軟で自立できる教育を求めるならフィンランドへ🇫🇮 男女平等を学びたいならチュニジア🇹🇳とアイスランド🇮🇸 歴史教育ならドイツへ🇩🇪 学費無料で大学に進学したいならスロベニア🇸🇮 家族と毎日ランチを楽しみたいならイタリアへ🇮🇹 第二次世界大戦後に戦争で負けっぱなしの超大国アメリカが勝つ為に世界侵略の旅にでたマイケルムーア。←なんとなく過激なイメージがあったけど超優しいおじちゃんだった。

          マイケル・ムーアの世界侵略のススメ

          札幌ラーメンどさん子

          35年ぶりくらいだろうか ペリカンみたいなロゴマークもそのままに 昔は群馬にもいたる所にあった 死んだ父ちゃんが釣りの帰り道とかに連れてってくれた 渡瀬川とか方面だったか マクドナルドやKFCよりも前に もしかしたらはじめて多店舗展開してる店として認識した店名かもしれない どこにでもあるラーメン屋だと でもなんとなく古くさくて足が遠のいていた 長野駅近くの細い路地にひっそりと生き残るこの店舗 そんなノスタルジー 暖簾をくぐってみたら常連客で賑わう繁盛店だった 札幌といえば勿論

          オランダ移住準備 妻が下見に旅立った3

          娘が飯くわねーっ! 妻が移住下見で日本を発ってから10日。 娘は日に日に飯を食べない。 もともと夕飯は私が作っていたが、顕著にたべない。 色々と娘の意向や好きな鶏肉を調理するなど工夫したが。 とある結論に辿り着いた。 娘の飯炊きに於いて、努力と成果に相関はない。 そして自暴自棄になって私がレタスに納豆を巻いていると、娘も一緒に食べ出したではないか。 そしてレタスに巻けば納豆ご飯だろうが鶏肉チャーシューだろうが食べる事が判明した。 娘の飯炊きに必要なのはサプライズ

          オランダ移住準備 妻が下見に旅立った3