安倍逮捕に法趣旨に沿った立件を

双方の寄付認識では公選法罰則は有名無実に

     桜を見る会の前夜祭で、東京地検特捜部が安倍晋三前首相の公設第一秘書らを前夜祭で、不足分を安倍側が補填してホテルに支払ったとすることで聴取しているが、日本経済新聞、産経新聞などの報道では政治資金規正法による立件のみに重点がおかれ、公選法による寄付行為の立件では否定的なものがみられます。                            公職選

もっとみる
うれしいです、感激!!
2

私が3年半経って産経新聞を訴えようと思ったわけ

2020年9月23日、産経新聞を名誉毀損で訴えました。
11月25日に東京地裁記者クラブで記者会見をし、26日に第一回期日が行われました。以下は、私が記者会見でお話した全文です。

3年半前に起きたこと

産経新聞がこの記事を書いてから、私が提訴するまでに3年半が経っています。3年半経って、なぜ私が名誉毀損を訴える裁判に踏み切ろうと思ったのかをお話したいと思います。

2017年3月22日にネット

もっとみる
読んでくれて、ありがとうございます❤
95

新聞業界、大激震! 朝日新聞、大赤字に転落!! 相次ぐ「押し紙裁判」ってなに?

なんと、全国紙で大手報道機関で有名な朝日新聞が大赤字になるそうです!

新聞といえば、販売店(新聞を配達する)に売れない新聞を無理やりでも押し売りする(*独占禁止法2条の「優越的地位の濫用」)、いわゆる「押し紙問題」が話題となっております。

普段、テレビ・新聞ばっかり見ている人は絶対に知らないでしょう。

なぜなら、日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京といったテレビ局は新聞会社

もっとみる

混同されやすい陰謀と陰謀論の違いを先行解説した動画【セクプジャラジオNo.84】

シドニーパウエル弁護士の追及しているのは「陰謀(辞書に載っている正式な法律用語であり二人以上の企み全てを指す謀略の総称)」です。決してどこかの偽装保守新聞が報じたフェイクニュースのように「陰謀論(自説や勧誘等の為に根拠なき作り話を語る事)」ではありません。
その辺りを先行回答しておいた私的考察動画です♪
よろしければご笑覧下さい♪

イイネありがとうございます♪もしよければ共有もお願いします(*´ω`)
4

過日、日経さんが叩かれていたけど、僕は高評価してますよ

人間は忘れる生き物です。だけど、忘れてはいけない事もあると思ってます。

過日、「カス」総理の日経さんの報道に激怒していた人が多かったのですが、これは日経さんに限った事ではありませんよ。

「木を見て森を見ず」の人が多いと思います。

過去記事でも書いてますが、新聞は生活必需品でもないのに、軽減税率の適用を受けてます。税率8%から10%引き上げの検討時に、反社組織自民党に泣きをいれてます。反社組織

もっとみる
ありがとう(^^)/
2

サンドイッチマン風ネタ~新聞勧誘

「ぴんぽーん」

「なんだようるせえなあ」(伊達ちゃん)

「すみませーん。読み捨て新聞の者なんですけど」(富沢さん)

「読み捨て新聞?」

「はい」

「通称読んだらそれっきり新聞」

「新聞の売り込みか」

「読み捨てだったら価値ねえよな」

「ですから朝刊は読み捨てで、夕刊は切り抜きしてスクラップにしてください」

「スクラップじゃなくてスクラップブックにしてくださいだろ。スクラップにする

もっとみる
みこちゃん攻撃!あいーん♪
62

そよ風も吹かない共闘野党

   有権者は機敏に共闘野党に警戒

画像 9月21日「読売新聞」

                                                                             画像 9月22日「毎日新聞」

11月世論調査

   毎日新聞(11/7)     読売新聞(11/6-8)   NHK(11/9)  日テレ(11/)
     

もっとみる
やった~ありがとうございます。
3

本質隠した産経新聞記事

    矮小化の狙いはミスリード

                    画像 11月4日「産経新聞」

 「野党ヒアリング 見直し論」「官僚ストレスで治療 業務を圧迫」こんな見出しを立てた産経新聞の報道。毎日のように合同ヒアリングに出席を求められ、身体に異変をきたし、通院治療で2か月近くかかった。業務を圧迫している、だから見直せというもの。                           

もっとみる
やった~ありがとうございます。
4

産経新聞「朝の詩」に掲載されました

11月7日の産経新聞朝刊一面「朝の詩」に掲載されました。どうもありがとうございます。

もっとみる

【廃止検討】児童手当の特別給付、待機児童解消の財源に

国の政策に振り回されなくてもいいよう、稼ごう……。

(今日は、日経新聞ではなく、産経新聞よりニュースをピックアップしております。日経新聞にこの記事が無かった為です)

記事の要約

・政府は中学生までの子供がいる世帯に支給する児童手当について、所得制限を超える場合子供1人当たり月額5千円を支給する「特例給付」を来年度中に廃止する方向で検討に入った。

・支給額の算定基準も、世帯で最も稼ぎが多い人

もっとみる
ありがとうございます。今後の励みになります。また、いらしてくださいね!
2