2020年7月10日 今すぐに話題にできる日経新聞注目記事

今日も日経新聞の注目記事を3つだけピックアップします。
就活生や新入社員から若手まで、上司やお客さんと今すぐに話題にして、できる社員を演出しましょう。

米セコイヤ、インド・東南アに1400億円、2ファンド設立

米有力VCのセコイヤ・キャピタルはインドや東南アジアでの投資に向けた2つファンドを立ち上げる。新たに13億5千万ドルを調達した。投資先となるスタートアップの多くは新型コロナウイルス感染拡

もっとみる
是非ご活用くださいませ
1

2020年7月11日 今すぐに話題にできる日経新聞注目記事

今日も日経新聞の注目記事を3つだけピックアップします。
就活生や新入社員から若手まで、上司やお客さんと今すぐに話題にして、できる社員を演出しましょう。

ネット中傷、投稿者特定、電場番号開示を了承、総務省有識者会議

総務省は10日、インターネット上で中傷を受けた被害者が投稿者を特定しやすくするための制度見直しに向けた有識者会議で改正の方向性をまとめた中間報告案を提示し、大筋で認められた。制度の柱

もっとみる
いつもお読みいただきありがとうございます
1

教えるために、教えない。 ~ 一言切り抜きfrom日経#147

ちょっと訳あって、教育関係のプロジェクトだけのプロフィールを整理した。数えてみると、この10年で、学校、大学での授業、企業研修、トークセッションを200回くらい、させてもらっていたみたい。

そのほとんどは、この1枚のスライドから始めている。

それに続く、

次の1枚はこれ。

呼ばれたのに「自習」と言って始める。

それは2つの理由があって、

まず1つは、学校で一番自由を感じた瞬間は、先生が

もっとみる
サンキュー!
19

気候変動リスク、企業の「負債」に、国際枠組み、分析・開示促す、数値化に課題。 2020/07/11 日本経済新聞 朝刊 1ページ

【要約】
 自然災害が経済や企業活動に与えるリスクは年々膨らむ。気候変動に対応する企業が増えている。こうした動きを後押ししているのが、TCFDの枠組みだ。気候変動が財務に与える影響を、分析・開示するよう企業に求める提言した。
 開示が充実すれば、株式や債券の投資家は気候変動対応に優れた企業を選ぶ。企業も選ばれるために努力する。気候リスクは投資リスクである。投資家が、意識の低い企業を避ける傾向は強ま

もっとみる
好きな映画7/10 ノッティングヒルの恋人
13

20200711

東京、新たに243人感染 連日の最多:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61378010Q0A710C2MM8000/
経済再開のはざまで感染増、対応悩む企業:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61407850Q0A710C2EA2000/
>検査数を増やしたせいでの新規感染者数増加。無症

もっとみる

2020年7月11日 気候変動リスクは企業にとって負債?

こんにちは。ハッピーくんです。

本日はこの記事です。

気候変動リスク、企業の「負債」に:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61415880Q0A710C2MM8000/

企業活動において気候変動リスクの重要度が高まっています。

水害や気温の上昇が事業に与える損失は増大傾向にあります。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)と呼

もっとみる
励みになります!
7

20200709-10

伊藤忠、ファミマを完全子会社に:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGKKZO61281850Y0A700C2MM8000/
>1株2300円、5800億円で。TOB後に4.9%分をJA全農と農中に譲渡する。商社にとってコンビニは世界で調達した食料などの供給先としての役割だけでなく、AIや消費者のビックデータの活用、フィンテック分野など次世代技術を使った

もっとみる

気になった記事:社会に役立つ人材とは 佐々木閑(日経新聞:2020年7月10日 15:30)

まとめ:
「社会に役立つ人材を育成せよ」と大学でよく言われるが、「社会に役立つ」という言葉の意味が不明確である。
社会全体を巨大な機械に見立てて、その中の一個の歯車として働くこと、もしくは仕事を通して多くの人に利益をもたらし、感謝される人なのか。
仏教の創始者、釈迦は人の利益になるようなことをしていない人に当時の人々には見えていたが、長期的な目線でみるとものすごく役立つことを行っている。
ゆえに一

もっとみる
わああい☆フォローもお待ちしてます!ワクワク届けますっ!
5

月探査で日米共同宣言(2020年7月11日日経朝刊より)

ひとこと:遅れた日本の宇宙開発が解消?

月の裏側に初めて探査機を着陸させたのは中国だそうです。しかも2019年のお話。

裏側着陸って難しいんですね。

日本はこれから大事と思われる分野への投資(ITなども)が少なく、発展の遅れにつながっている。

共同で取り組むことで解消されればよいなぁ、と思います。

しかし、共同というとWTOなどの例もあり、十数年後にもめごとに発展するのも怖いです。

もっとみる
ありがとうございます!記事の質をドンドンあげていきます!
6

自堕落マイナス3日目

自堕落な生活を辞めようと決意してから3日が経った。

広告審査機構に怒られるくらいには、タイトルと内容が乖離してしまっている。

もはや自堕落プラス3日目だ。

ただただ自堕落な生活を垂れ流しているだけのnoteになっている。

改善しないと。。

そういえば、昨日の静岡県はとても金魚だった。

前々から金魚だったが、まるで魂が宿ったようだ。

なぜ赤いのに「金魚」と呼ばれているのかを調べたところ

もっとみる
嬉しいです!
1