一言切り抜きfrom日経 by 倉成英俊

Creative Project Director 倉成英俊が、日経新聞からグッと来た…

一言切り抜きfrom日経 by 倉成英俊

Creative Project Director 倉成英俊が、日経新聞からグッと来た一言を、切り抜いてアップしているプロジェクトです。(日経comemoというnoteのコーナーです) 倉成英俊- https://www.creative-project-base.com/

マガジン

  • 日経COMEMO

    • 12,869本

    日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

    • 日経COMEMO

      • 12,869本

最近の記事

それは他社にやってもらったほうがいいんじゃないか ~ 一言切り抜きfrom日経#287

日経の朝刊から一言切り抜くために、もちろん広告面も見る。 先週の広告面に、キラリと光る一言。 前後をもう少し抜き出すとこうなる。 本田宗一郎さんと、右腕だった藤沢武夫さんの本は、結構読み込んでいるつもりではあるが、このエピソードは初めてみたので、切り抜き。 先週の、札幌市の広告面の、 楠木建さんの発言の中から抜き出した、 本田宗一郎さんの発言、でした。

    • 逆塾2の参加者募集告知 & 登壇者の中のお一人の、日経の記事から一言切り抜き。

      2年前、 早稲田NEO(早稲田大学の社会人キャンパス)で、 通説の逆ばかりを学ぶ「逆塾」というものを初開催しました。 逆張り、逆転の発想、逆手に取る、逆行する、逆走、などなど。 そんなことの実践者だけが登壇する、 おそらく世界でも初めてのコース。 やっぱり「逆」とか「裏」とか、多分みんな好きで。 それと、今の主流がホントかなあ、、って感じてる方、みんながやってる方法でつまんないなあって思う方が、多いんだと思います。 おかげさまで大好評を博し、 今回、その2回目を開催す

      • 景況感は週末の東名高速道路の混み具合で判断。 ~ 一言切り抜きfrom日経#285

        面白い人を発見した。 その人のプロフィール欄で見つけたのが、この一言。 1月29日の日経朝刊より一言切り抜き。 有名な方だとは思うけれど、その方はこの方。 テンポスホールディングスの森下社長。 この記事の中には他にも名言が多く、これとか これとか、 面白い方は、言葉の選び方一つとってもユニーク。 全部はこちらだが、 他検索しても、大体森下さんの記事は面白い。 と書いてあるのはこちら↓ 厳しいことを書いてあるけれど、ポジティブなこんなこと を書いてあるのはこ

        • 読書は覚悟のいるもの ~ 一言切り抜きfrom日経 #284

          年末年始はなんだか本をたくさん読む気分になり。 溜まってる本をたくさん読む、というところから今年は始まった。 そして今年も、タイトルの良い本だけを販売する本屋「good title books」 をどんな風に、発展させていこうかな、ということも、楽しみだったり、 もうすぐ4冊目の著作が発売になるその準備に忙しかったりと、 本の比重がもしかしたら今年は多くなるのかもしれない。 という中で、たまたま見た日経bookplusで気になった一言を 切り抜いてシェア。 こち

        それは他社にやってもらったほうがいいんじゃないか ~ 一言切り抜きfrom日経#287

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 日経COMEMO
          日経COMEMO公式 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          不確実な時代にはすぐには役に立たないマニアックさの多様性が後に価値を生む ~ 一言切り抜きfrom日経#283

          明けましておめでとうございます。 最近は、次の出版に向けての準備などで、この「一言切り抜きfrom日経」noteを1、2ヶ月ほどアップしてなかったのですが、ここに書くことは、自分としても備忘録、そしてまさに自分にとっての"note"となるので、不定期ですが、アップしていきたいと思います。 さて、2024年の1発目は、 あ、記事としては、前のものですが、 こちらから。 大好きな、磯田道史さんの 2021年4月10日(日経電子版の日付。紙の方は多分この前後の日です) 日経朝

          不確実な時代にはすぐには役に立たないマニアックさの多様性が後に価値を生む ~ 一言切り抜きfrom日経#283

          もしここで諦めたら、今しか味わえない緊張感を羨ましく感じるはずだ。 ~ 一言切り抜きfrom日経#282

          人の気持ちを動かすことも難しいが、 自分の気持ちを動かすこともこれまた難しい。 このnoteもしばらくは本当にたまにしかアップしていなかったが、 なぜか気分が乗ってしまって、3日連続で投稿してみたりして。 なんなんだ。 たぶん、、これは、今、執筆中の原稿の 現実逃避な気がするな。 9月27日の日経朝刊、交遊抄のコーナー、浜田元房氏の回より一言切り抜き。棋士の木村さんがおっしゃったという一言。 もう少し前後をお見せするとこんな感じ。 たまには、指入りの写真のほうが、

          もしここで諦めたら、今しか味わえない緊張感を羨ましく感じるはずだ。 ~ 一言切り抜きfrom日経#282

          うまい棒開発の真実。 ~ 一言切り抜きfrom日経#281

          この記事読んで、うまい棒、久しぶりに食べたくなりました。 9月29の日経朝刊「ヒットのクスリ」の記事より一言切り抜き。 いいですよね。こういう精神のもので生まれた商品というのは。 全文はこちら。 うまい棒食べながらどうぞ。

          うまい棒開発の真実。 ~ 一言切り抜きfrom日経#281

          選択と集中よりも少額を多くの研究者に配った方が影響力の高い研究成果が出てくる ~ 一言切り抜きfrom日経#280

          3年半前まで、大企業の中で新規事業を長い間やってきつつ、他の部署で新しいことを生もうとしているのを横目で見てきた自分としては、 この話は、超共感する。 9月29日の日経朝刊より一言切り抜き。 違った部分も切り出すと、 具体的には、こうなって、 冒頭にすごくわかると書いたのは、 ・ギリギリの予算の方が知恵を使うしかない。 ・チームの努力や熱量が試される。 ・高い開発費を投入されるチームは、  投資する側との癒着があるケースがある。 ・そして、高い方は浪費するケースがあ

          選択と集中よりも少額を多くの研究者に配った方が影響力の高い研究成果が出てくる ~ 一言切り抜きfrom日経#280

          書籍発売1周年記念。 「伝説の授業採集」ワークショップの方法、公開。

          ちょうど1年前の2022年9月6日、 「伝説の授業採集」を宣伝会議より出版しました。 内容については、 ちょうど1年前にnoteに書いたので、そちらを引用して済ませるとして。 1年間、この本のおかげで、いろんな出会いがありました。 感想いただいたり、イベントに来ていただいたり、 講演に呼んでいただいたり。 その中で、実は徐々に 「伝説の授業採集」ワークショップの方法を試していて。 発売1周年ということで、ここに掲載してみたいと思います。 シンプルで、簡単なものです。

          書籍発売1周年記念。 「伝説の授業採集」ワークショップの方法、公開。

          僕が演奏するとフェスティバルがどれだけ良くなるかを伝える。 ~ 一言切り抜きfrom日経 #279

          これは営業やプレゼンの基本だな。 って言葉が、今朝の日経に一言で凝縮されて載っていた。 2023年9月2日の日経朝刊読書面、 高免信喜氏「ニューヨークでジャズ・ギタリストとして生きるために、ぼくが実践してきたシンプルなルール」についての、 「あとがきのあと」の記事より一言切り抜き。 これの前の一文も切り出すとより、わかる。 どの業界も、同じじゃないでしょうか? 良いヒントだと思ってシェア。 全文はこちら。 ちなみに僕はgood title booksという良いタ

          僕が演奏するとフェスティバルがどれだけ良くなるかを伝える。 ~ 一言切り抜きfrom日経 #279

          人は失って得たもので進化した ~ 一言切り抜きfrom日経 #278

          作るためには、壊さなければならない。 そうよく言われるが、 壊さなくても、 失くすということが創造につながったりする、 という話。 7月1日の日経朝刊より一言切り抜き。 前後をもう少し切り抜くと 違った発想につながるかも、と思ってシェアしました。 全文はこちら。

          人は失って得たもので進化した ~ 一言切り抜きfrom日経 #278

          父が皿洗いをする娘は、それをしない父を持つ娘より社会的な出世をする確率が高い ~ 一言切り抜きfrom日経#277

          これは結構前の記事で、日経電子版では、2022年1月6日となっています。「なやみのとびら」という、土曜日の読者のお悩みコーナーなので、紙だと、その前後のどちらかの土曜日でしょう。 下書きに入れたまんまになっていたけど、やっぱり面白いからシェアします。 なやみのとびらの平岳大さんの回より一言切り抜き。 皿洗いをしないお父さんへの忠告を。 皿洗いをするお父さんへ自信を。 衝撃的なフランスの研究結果らしいです。 全文はこちら。

          父が皿洗いをする娘は、それをしない父を持つ娘より社会的な出世をする確率が高い ~ 一言切り抜きfrom日経#277

          プラスチックほどプラスにもマイナスにも都市に革命をもたらした発明はない。 ~ 一言切り抜きfrom日経#276

          ベスト書き出し of the Yearじゃないだろうか。この記事。 日経朝刊、7月8日の「アジアを読む」の「インドネシアに『循環型』新首都」記事より一言切り抜き。 書かれたのはこの方。 ヌサンタラ首都庁長官 バンバン・スサントノ氏。 日本の政治家や官僚の方々。スピーチや寄稿は、この方に負けないように、書き出し頑張ってください。 全文はこちら。

          プラスチックほどプラスにもマイナスにも都市に革命をもたらした発明はない。 ~ 一言切り抜きfrom日経#276

          しあわせになるため手段を選ばない ~ 一言切り抜きfrom日経#275

          いいなあ、こうできたら。という一言を日経より切り抜き。 どこからかというと、 こちら。 日経朝刊 7/1 歌壇の穂村弘さん選の短歌より。 猫になりたい。

          しあわせになるため手段を選ばない ~ 一言切り抜きfrom日経#275

          攻める選手が育つのだろうね。 ~ 一言切り抜きfrom日経#274

          昨日の日経朝刊、キングカズの「サッカー人として」のコラムより一言切り抜き。 備忘録としての切り抜き。 攻める気持ちを忘れないために。 この国では結構守りを教えがちだから。 全文はこちら。

          攻める選手が育つのだろうね。 ~ 一言切り抜きfrom日経#274

          成功に至る扉は自動で開きはしない。 ~ 一言切り抜きfrom日経#273

          日経の今日(6/4)の朝刊、ポーラの及川美紀社長のインタビューより一言切り抜き。 その後も良い言葉が続き、 電子版にはまだない様子で、数日中にはアップされるのではないでしょうか。全文はそちらで〜。

          成功に至る扉は自動で開きはしない。 ~ 一言切り抜きfrom日経#273