【特別編】「褒める」は必要か?自己肯定感を高める工夫

私たちは、多くの企業で「企業理念やクレド」の開発をサポートをしています。コロナ禍の今春、あるエネルギー関連企業A社で「クレド」を完成させ、現在オンライン教育を取り入れながら全従業員への浸透活動を進めています。

その開発にあたって経営陣やプロジェクトメンバーとかなり突っ込んだ議論をしたのは、「このクレドの価値観には、実践することで”自己肯定感”を従業員が想起できるものにしたい」というものです。

もっとみる
スキ、ありがとうございました。お役にたつ情報を今後も書かせて頂きます!

【本づくりの舞台裏】企画アイデアの探しかたとアウトプットのコツ

フォレスト出版編集部の寺崎です。

以前「【本づくりの舞台裏】企画が通る・通らない問題」という記事で年間50本程度の企画書を提出するなんて話をしましたが、これは単に「企画会議に提出する本数」で、実際にはボツになったお蔵入りアイデアが死屍累々なわけです。

編集者は「企画のアイデア」を形にして飯を食っているので、アイデアがわかないと生活が立ち行かなくなる。

じゃあ、そのアイデアはどうやって生み出す

もっとみる
THANK YOU! 毎日1記事投稿しますのでお楽しみに。
13

“本来の問い” は何か? 〔気になる記事(日本経済新聞)〕

以前、「パソナ社本社機能の淡路島移転」の記事を紹介しましたが、やはり反響は大きくその後も様々な切り口からの記事・コメントが出されましたね。
 最近(9/18)の日経新聞にもこんな記事が掲載されていました。

 ・パソナ本社機能移転、働き方のニューノーマルになるか
  グロービス経営大学院教授が「HRテック」で解説
  → https://www.nikkei.com/article/DGXMZO6

もっとみる
「スキ」のリアクション、ありがとうございます!
2

消費者信頼感指数が6か月ぶり高水準2020.9.19

昨日のアメリカ市場は、3指数とも下落しました。特に下落が目立ったのがここのところ軟調なハイテク大手企業群です。素材セクターなどは、買われていました。昨日は、「クアドルプル・ウィッチング」にあたり値動きが激しい展開となりました。そんな中、ミシガン大学の消費者信頼感指数が6か月振りに高水準となり、先行き経済の明るいニュースとなりました。

ダウ平均 27,657.42 -244.56 -0.88%

もっとみる
ありがとうございます!!💛
11

【特別編】テレワーク時の企業理念のあり方

「在宅勤務(テレワーク)の時代における企業理念はどうあるべきか?」という質問を最近多くのクライアント企業から受けます。

当然のこととして、社内にテレワーク社員が増えると以下の3項目の事象の発生が想定できます。

①組織やチーム内でのフィジカル・コミュニケーション機会減少(オンラインではない「直接対話」の意)②上司の細かい管理が行き届かない

そしてもっとも危惧されるべき③個人的価値観や主観による

もっとみる
スキ、ありがとうございました。お役にたつ情報を今後も書かせて頂きます!
やった~ありがとうございます。
3
うれしいです、感激!!
4

企業分析① - ZARA vs. UNIQLO

企業分析について。

今回は皆さんがよく知っているファストファッションの雄、ユニクロとZARAについて財務諸表分析を通じて比較をしてみる。今後他の企業や業界についてもやっていく予定だが、身近なBtoC企業でこの2社を選んでみた

以下の章立てで説明していきたいと思う

ファストファッション - バリュエーション比較

まずは、両者の属するファストファッション業界のバリュエーションと簡単な財務の比較

もっとみる
ありがとうございます!
11

苦しいアベレージターゲット~裁量残すほど威力は低下~

今後3年間はゼロ金利
9月16日のFOMCは現状維持を決定しました。FF金利の誘導目標は0~0.25%で据え置き、3月以降継続する量的緩和政策(QE)も米国債を月800億ドル、住宅ローン担保証券(MBS)も同400億ドルのペースで購入する方針が据え置かれました。一方、政策メンバーの金利見通し(ドットチャート)は「少なくとも2023年末までゼロ金利」という点で意見集約されており、当面の金融市場で政策

もっとみる