【復刻版】ツカサネット新聞の「やりすぎ防犯パトロール」

集団ストーカー犯罪が最初に世に出た2009年のツカサネット新聞の記事を復刻します。

http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/36662 (リンク切れ)

1.「天下り強める警察 社会不安あおり防犯名目に」

2.「やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視」

「天下り強める警察 社会不安あおり防犯名目に」【ツカサネット新聞

もっとみる
集団ストーカーの正体は『防犯パトロール悪用』だった
7

集団ストーカーの正体は『防犯パトロール悪用』だった

やりすぎ防犯パトロール、特定人物を尾行監視 2009年3月19日19時7分配信 ツカサネット新聞

【復刻版URL】
https://bakusai.com/thr_res/ctgid=119/acode=3/bid=1006/tid=8528699/rrid=0-11

この記事で問題になった通称やりすぎ防犯パトロールの問題ですが、これは創価学会と警察署が引き起こしていたようです

掻い摘んで説

もっとみる
集団ストーカーの正体は『防犯パトロール悪用』だった
7
いつもありがとうございます。
7
いつもありがとうございます。
4

「議事録」には2つの大切な意味がある件 加藤陽子氏の論考に学ぶ

▼安倍晋三政権になってから、公文書の管理の杜撰(ずさん)さが目に余るようになったが、2020年6月20日付の毎日新聞に、「公文書を保存する」意義についての、とても大切な記事が載っていた。

▼具体的には、解散された「専門家会議」で話題になった「議事録」がテーマだ。

「加藤陽子の近代史の扉」から。見出しは、

〈歴史書くには文脈が必要 議事録の意義〉

適宜改行と太字。

〈政府は専門家会議を、行

もっとみる

十二人のイカれた男女

先日、ハーバー・ビジネス・オンラインで、毎日新聞の捏造報道問題について書きました。

ハーバー・ビジネス・オンライン:毎日新聞がツイッター社への抗議活動について意図的誤報。主催者「もう活動したくない」

 さらに、この記事に対する「C.R.A.C(対レイシスト行動集団)」の野間易通の反応が頭悪くてクソすぎという話を前回、この場で書きました。

note:野間易通、さすがにそれはクソがすぎる

 そ

もっとみる

訳の分からない記事

本日はこちらの記事。

はっきり言って訳の分からない記事なんですが、訳の分からなさを解説していこうと思います。

日銀総裁の強いメッセージ

最初の方はまだまともです。

事実上の財政ファイナンス(中央銀行による国債の直接買い入れ)とも言える中銀と政府の政策連携は、欧米など主要国も実施している。新型コロナによる経済危機は戦後最悪になる見込みだ。失業者が町にあふれる最悪の事態を防ぐには思い切った財政

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
5