小池百合子氏の学歴詐称疑惑から見えるもの

小池百合子都知事の学籍詐称疑惑が一部のメディアで取り上げられている。都知事選前のためだろう。

概要としては、小池百合子氏のエジプト国立カイロ大学を卒業に懐疑的なメディアが多かった。小池百合子氏の著書『女帝 小池百合子』でカイロ大学を主席で卒業、日本人で初めて某大学を4年間で卒業したとの記載があるが、肝心の卒業証明書の卒業を拒否していた。卒論はなかったと説明しているが、同時期に卒業した同級生は卒論

もっとみる

Core Web Vitals概要

こんにちは、SEO野郎です。

いずれGoogleのランキングアルゴリズムにCore Web Vitalsが加わることが発表されました。

今回はCore Web Vitalsの基本情報を簡潔にまとめておきます。

0. ランキングアルゴリズムに含まれるUX要素

現在ランキングアルゴリズムの指標としてGoogleによって公表されているものは以下です。

・Core Web Vitals(予定)

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアお願いいたします。
スキありがとうございます! 素晴らしい毎日でありますように★
6

「一旦、時事ニュースから離れよう」

皆さんこんにちは。

Twitterで「#いいねした人を適当に紹介します」みたいなハッシュタグが流行ってて、あれって何故やりたくなってしまうのだろうと疑問を持っているきいらすです。

建築界隈ではそれが一つの文化になりつつあるのですが、やりたくなる大半の理由は恐らく「自分のことを宣伝してもらいたいから」ですよね。

それが悪いと言っている訳では全然なくて、「この法則を上手く活用出来たら強いかもな〜

もっとみる
良ければシェアもお願いします!
1

コロナ禍、Yahoo!ニュースはどう読まれた? PV、コメント分析から見えたこと

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、医療・健康、経済・仕事、「新しい生活様式」など、いつもに増してニュースへの関心が集まった2020年春。Yahoo!ニュースはこの4月、過去最高となる月間225億ページビュー(PV)を記録しました。

Yahoo!ニュースでは、年明けから6月までのPVやコメントの推移などを独自に分析し、人々が新型コロナウイルス関連のニュースをどのように読み、関心が推移していったのか

もっとみる
やったーありがとうございます!
2

5万人と100人、私たち次第

連日感染者が100人越えと報道されている。
何回もトップニュースで報道されている。
重大事件だ!
日本沈没かもしれない。
東京の奴らが日本を滅ぼすんだ。
東京から大流行がやってきて、
日本がコロナの波にのまれていってしまう・・・

こころがざわつく。

増えてきていることに
終わらないことに
自分が感染することに
不安になる。
イライラする。

アメリカでは、大統領選挙にむけて日常が過ぎている。

もっとみる

感染ゼロ主張の北朝鮮を金正男殺害のマレーシアはどう見る?

北朝鮮の新型コロナウィルス対応をマレーシア中国語新聞が報じる

マレーシアの中国語新聞『中国報』電子版は2日、「【武漢肺炎】鉄壁伝染病防御で北朝鮮は患者0!」と担当者の発言とともに伝えた。

記事では、北朝鮮保健当局の宋英成氏が「朝鮮中央テレビ」にて、中国武漢から発生して世界的に蔓延しつつある新型コロナウィルスによる肺炎患者は、これまでのところ北朝鮮では1人も確認されていないとの話を紹介している。

もっとみる
スキ有り難うございます。
3

【就活生・広告業界志望の学生必見!】懸賞論文(JAAA主催)の過去入選作品の内容をまとめてみた(vol.1)

広告業界界隈で働く人の中では、知っている人も多いと言う、JAAA主催のアワードの一つの「懸賞論文」。
私自身、この懸賞論文について知らなかったのですが、知人に教えてもらい、過去入選作品の論文をさらっと読んでみたら、勉強になる内容がいくつかあったので、このnoteに簡単にまとめたいと思います。

本件に関するnote記事(Vol.1~3)は以下リンクよりご覧いただけます。

〈本記事〉第49回懸賞論

もっとみる

クレジット表記のお願い

こちらで配信させていただいているフリー音源および、

有料音源に関しまして、クレジット表記のお願いを

させていただくこととなりました。

ダウンロード後は自由にご使用いただけます。

ご使用の際、以下の媒体にてのご使用の場合は、

必ずクレジット表記(©︎2020 Juste)をお願いいたします。

1.TV

2.メディア

3.動画制作

4.ゲーム制作

表記は、素材と同時に目に入る形でお

もっとみる
スキありがとうございます!
2

「文化人類学と現"在"美術からみる『ポストヴィレッジ』そして『メタシティ』」(後編)

本基調講演で、現在美術家の宇川直宏さんと文化人類学者の奥野克巳さんがメタシティの思考基盤となりうる「ポストヴィレッジ」の概念を提言。

後編は、まず佐渡島で行われたパフォーマンスを例に身体的なコミュニケーションと神話の成り立ちについて考察する。その後、現代の都市生活においていかに多自然主義的感覚を実現するか、にまつわる構想を話す。
(前編・中編はこちらから)

本記事は、2019年1月に開催した『

もっとみる