人生における「成功」とは

6月某日、エリックゼミの新しいYouTube企画が始動した。その名も「エリックの10QUESTIONs」。各界のスペシャリストに10の質問を投げかけ、セッションを行うというものだ。記念すべき第1回目は日本からは東京、恵比寿にあるTONY&GUYの代表である河井氏、アメリカからはサンフランシスコに出店されているEdge Hair Salonのオーナーの遠山氏を御招きしてのセッションが開催された。美容

もっとみる

『メディア文化論』最終講義(名古屋学院大学)

全13回に渡って行なった『メディア文化論』の最終講義です。
…というても、最後なので過去回を、ざっくり丸っとサラッと振り返ってます☺️
なにせw10時間超の内容を振り返りながら40分弱で話しているので。。
もし良ければ、寝苦しい熱帯夜のお供に是非🙇‍♂️
(一見、導入部はアレですが…至って真面目な内容です笑) #社会学 #メディア文化 #マスメディア #講義 #学ぶ

ありがとうございます!

世の中のあらゆる癒着に関して

今日ツイッターを見てたら、ドラゴン桜2の投稿に面白いものがあった。

官僚はマスメディアと癒着しているから、正しい批判や監視がなされず、官僚は好き勝手やっているという内容だった。これは、アメリカでエドワードスノーデンが各報道紙と協力して、政府の機密情報を暴露しようとしたときと似ている。各報道紙は、国家権力に楯突くと、何をされるか分からないため、スノーデンが持っている情報を簡単には公開できなかった。

もっとみる
あざんすであります
2

「 虚像でもつ政治 」

風刺漫画 ネタ:現代の政治とマスメディア 伝える事

大袈裟でなく、今起こっている事

もっとみる

辺見庸  断たれた死者は断たれたことばとして

わたしが通っていた小学校の、震災直後の写真を見ましたが、ことばを失いました。三階建ての校舎が全部焼けただれていて、校庭にはまだ死体があるのです。黒こげの車が何十台も校庭に山積みになっていて、窓から教室に突っこんだのもある。アブストラクトアート(抽象芸術)のようであり、地獄のようでもありました。車の中には焼けただれた人もいたのです。こんなことは報じられないでしょう。しかし、3月11日の現実は、まさに

もっとみる

肺炎の報道は事実だけど、真実は何処

お久しぶりです

なんだか最近のマスメディアの報道は、なんでもかんでもやたら新型肺炎の情報がぶり返したように、増えつつあります。

どうしてなのでしょうか?

危機管理をあおっているきらいがあるんですよ。

今までマスクしていた人が、一部はずすひとがいる

今まで自粛していた人が、一部カラオケバーへ訪れている

今まで遠慮していた人が、一部接待を伴う飲食へ勤しんでいる

今まで我慢していた人が、一

もっとみる
そんなあなたのことを わたしも大好きです
4

「編集」で印象がまるで変わる件ーーALS嘱託(しょくたく)殺人の報道から

▼編集によって印象がまるで変わってしまうことが簡単にわかる、いい例があった。2020年7月25日付の毎日新聞と東京新聞で考える。

これは、日本社会に蔓延(はびこ)る「優生思想」について考える導入になる。

また、木村花氏を死に追いやったリアリティー・ショー「テラスハウス」をめぐる「編集」の意味についても、応用して考えることができる。

▼まず、ALS嘱託殺人の概況報道をみておく。NHKから。適宜

もっとみる

情報の伝わりかたが変わったことの影響は計り知れないほど大きい

このテーマでも何度か記事を書いていますが、「売れる=みんなが知っている」という常識は過去のものです。
昔は売れてるアーティストは誰もが知っていたし、みんなが同じメディアから情報を受け取り共有していたので、逆に知らないと「遅れてるね〜」なんてバカにされることもしばしば。

ところが今は、あるアーティストに対してファンがたくさんいても、そのアーティストの情報に触れることがなければ、その存在を知ることも

もっとみる

知性ある孤独な労働者階級のみんなへ

まず、はじめに。

ここに記されたのは、我々というどうしようもない生き物のことについて、僕が感じたことの羅列だ。

この文章は、7000文字弱ある。ツイート50個分に相当する。バカだ。
だから、このクソ長い文章を読み切る人も、バカだ。
でも、このクソ長い文章を読み切るだけの知性と教養のないクソバカが、きっとこの国には沢山いて、僕はそいつらが大っ嫌いだ。
そういう内容の文章だ。

加えて。
これはき

もっとみる

【アフターコロナ】雑誌を買わない時代にアパレルはどこへ向かうのか?

最近めっきり雑誌を買わなくなった。買っても1年に1冊程度。直近で買った雑誌といえば付録のトートバッグが魅力的だったから。雑誌本体はろくに中身も見ずに捨ててしまった。

小学生の時のニコラに始まり、大学生くらいまでは毎月ファッション誌を買っていた。それがインスタが流行りはじめた2013年頃からぱったり雑誌を買わなくなった。

そしてある時ふと気づいた。雑誌を買わなくなったから、今世の中にどんなアイテ

もっとみる
今日もいい1日になりますように♡ (オーストリア)
16