「それはデマだ!」というデマ:読売

「コロナは存在しない」という荒唐無稽な主張をするグループも存在するが、米疾病対策センター(CDC)が公開しているウイルスの写真を確認すれば、デマと分かる。 読売は上記のように言っていますが、写真を見て「ああ、これは新型コロナウイルスだ」と分かる人がいるんですかね? (注1) こん…

テレビは死んだのか。

「衝撃的なデータ」なる文言がネット上で話題になった。 最近よく見る「若者のテレビ離れ」についての記事である。 若年層のテレビ視聴時間が短くなっていることがデータとして示されたという。 テレビ以外にもいわゆるオールドメディアといわれるような媒体は、急速にネットに置き換えられ、その役…

🚨「ぞっとする」G7サミットでのバイデンのパフォーマンスを海外メディアはどう報じたか…

🐸#QArmyJapanFlynn@dariruさんの情報を掲載致します‼️ アメリカのメディアは、明らかに民主党に沿った検討議題を押し付けられているという事実は、誰もが知っていることです。 一方で、意識の高いアメリカ人は、海外のニュースソースに真実を求めるようになっています。 アメリカのメディアは、…

【完全版】ヤバすぎ、衝撃のG7 サミット

「強烈な違和感」 G7サミットで一言も発さない総理大臣 いったい何があったのか? 出発前の記録、音声に注目 👆 この時の総理大臣の姿が、声を「発しています」ね。ハキハキしてまんな さあ、これから飛行機で離陸 (あれ、、耳の形が違うのと、首の付け根が隆起、、)👇 1時間40分の政府専用…

考えるのも行動を起こすのも全て自分の責任

もうみなさん気がついていると思いますが、政治で世の中が変わるわけではないんですよね。政治家の人たちも自由な発言や行動ができず、一部の支配者の言いなりになるしかなかったのです。 だから国がどうのとか政治がどうのというのも的が外れていて、本当のことを知ると、なぜ世界がこんなことになっ…

言われなき、かいわれ大根

90年代、かいわれ大根は何故か二度も濡れ衣を着せられている。 1996年にO-157、1999年にはダイオキシン問題の犯人として。 これはもはや、かいわれ大根業界を狙った組織的な陰謀なのでは?と思ってしまうレベルだ。 また、1994年に日本かいわれ協会が独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会…

自分の声をより大きく遠くへ響かせる拡声器としてテレビを使おうとする人の道具になるよ…

是枝裕和著「歩くような速さで」の この一節を紹介したのは、 気鋭のジャーナリスト、 安田菜津紀さんだ (先日の『ACROSS THE SKY』)。 ジャーナリズムの使命に絡めて 取り上げられたが、 声にならない声、 以前に 声に出さない思いは より見え難くなった。 聴診器をもつ気概を失わずに、 聴診器…

マスメディアの良識と、それを促す民度

大相撲の大関朝乃山が、ルールを破ってキャバクラに何度も通っていたことで、6場所出場停止の処分を受けましたが、同行していたスポーツニッポンの記者は諭旨解雇処分を受けたそうです。 朝乃山、あるいはこの記者に対する処分が妥当なのか厳しいのか緩いのか、人それぞれ感想も解釈も異なるでしょう…

朝日新聞「27年間も値上げをしなかった」

自慢げに言うことじゃない。その前から日本はデフレで、物価は下がり続けているのです^^; あ、朝日は報道しなかったから、知らない人は多いでしょうが、朝日新聞の消費税率は8%据え置きです!   10%も払ったら新聞代が高くなって、購読者が減るかもしれないですからね。朝日新聞としては、もち…

他国を救わないと、自国がとても損をする話

▼「三田評論オンライン」に載った、ゲイツ財団日本常駐代表の柏倉美保子氏のインタビューから。(2021年2月15日) 友人から教わったのだが、とても興味深い話だ。 ▼ゲイツ財団は、「COVAX(コバックス)ファシリティ」という、途上国にもコロナワクチンを行き届くようにするシステムづくり…