父が娘に語る美しく壮大でとんでもなくわかりやすい経済の話

経験価値と余剰と贈与(Gift)・・・骨髄バンクドナー経験から

私は利己的な人間だと強く実感したドナー経験から・・・

私は2005年に骨髄バンクにドナー登録し、2013年に、実際に骨髄を提供しました。その経験を以前のnote記事で「私(自分)は、利己的な人間なんだ、利己的な考え方をする人間なんだ」と、強く実感した経験となったことを書きました(※「私とは・・・骨髄バンクドナー経験から)。ただ、そう考えるようになって以降、ペイイットフォーワードという記事と、ある

もっとみる
スキありがとうございます!byにゃんた
15

【経済って難しい】何から勉強していいか分からない人が読むべき本

どーも、タイラーです!元ミュージシャン、現在はサラリーマンとしてバリバリ活動しております!このブログは30歳になってようやく勉強しようと思い始めた元ミュージシャンの知識や経験を発信するブログです。

20代は音楽に全てをかけてきたのでかなりバカです!
賢い人は読まないでください!逆に勉強し始めた人は読みやすいかも!

と、言うわけで今回は、「父が娘に語る経済の話」と言う本を紹介していきます。

1

もっとみる
スキありがとうございます!
4

読書メモ「父が娘に語る経済の話」

1章

「経済とか市場という言葉を聞くたびに、そういう話はいいやと耳をふさいでいては、未来について何も語ることはできない。」

市場とは交換の場所。
市場は大昔からあった。

「農作物の余剰によって、文字が生まれ、債務と国家が生まれた。それらによる経済からテクノロジーと軍隊が生まれた。」

農業革命

2章

経験価値と交換価値は対極にある。

生産の3要素は次の3つ。
「生産手段」「土地または空

もっとみる
嬉しいです!
1

売名目的でお金本を出す人は多いがこの本は本物だった〜父が娘に語る経済の話〜

【知ってた】お金があればあるほどイージーモード

お金本はとにかく本屋で目に付くものでして・・・

有名人の著書が出版してよく『1週間で10万部突破のベストセラー!!』みたいな謳い文句はあるもの。

しかしながら「読者」に届いている本はそのうち10%もあったら最高でして、大体は自分のお金で買い取っているものです。

大概は「自分はこうして売れたんだ!だからあなたも同じ方法でお金持ちに!」って内容で

もっとみる
優しさが染みます!!ありがとうございます!!
21

82歳一人暮らし実チチの生存確認

82歳一人暮らしの実チチには、だいたい毎日電話をしている。

いわゆる「生存確認コール」ってやつだ。

だからたまに「はいはい」と出たあと「生きてるよ」と言ってくる。

昨日の電話では、訪問した時にカバーを洗って日向に干した枕について「ぺっしゃんこだったのがふんわりしていい感じだった。よく眠れた。ありがとう」と言われた。

ちょっと嬉しかった。あまり家事ってそんなに改めて感謝されるものじゃないから

もっとみる
ありがとうございます!いいことありますように!
2

父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話

『父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話』
https://amzn.to/2ZoUI7I

"Talking to My Daughter: A Brief History of Capitalism"(Yanis Varoufakis)
https://amzn.to/3e3o6UR

英語と日本語で感想文を書きます。
I found the whole 7 ch

もっとみる

「父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」 ヤニス・バルファキス

「父が娘に語る美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。」 ヤニス・バルファキス を読んだ。

雑感

前半は、人類が経済社会に突入するまでに至る、歴史的な背景が語られています。ここら辺は、「サピエンス全史」(ユヴァル・ノア・ハラリ)と重複する部分が大分ありますね。ある意味、多くの学者さんの間で意見が一致している証拠でしょうか。メソポタミア時代に初めて貝をお金として扱うようになった経

もっとみる

経済の話。③

こんばんは。

コロナがまだまだ収まる気配がないですね。こういう時には主体性を持って行動することが必要だなと思いました。

このまま進行していくと、失業者がとんでもないことになるなと思いました。

前回の続き・・・

■景気は気分

・多くの起業家が賃金や金利の引き下げと言うニュースを聞くと、経済活動が低調になると予想したり、秘境が続くと思ってしまいます。すると、お金を借りなくなったり、従業員を雇

もっとみる
本当にありがとうございます😊
9

「父が娘に語る美しく、深く、壮大で、 とんでもなく分かりやすい経済の話。」

<あらすじ>

経済学者だけに経済をまかせておいてはいけない

本書はギリシャの経済危機時に財務大臣を務められた、ヤニス・バルファキス氏が娘に向けて執筆した一冊である。単純明快かつ多くの実例や物語を引き合いに出しながら話が進んでいくため、経済に関する本ではあるが小説のような感覚で読むことができた。経済の知識がない人でも理解できるほど分かりやすく解説されている意図としては、もちろん娘に向けたものであ

もっとみる

経済の話。②

こんばんは。世の中は自粛モード。本日、仕事で梅田に行ったのですが、店がほとんど開いていませんでした。

客観的に見ていたのですが、この状況が3ヶ月程度続くとするなら、本当にどえらい数の失業者の数が生まれそうだなと思いました。

とにかく個々ができることをやりましょう。全部を自粛としてしまうと、本当に個人でやられているが終わってしまうので、予防をした上でなら外出もいいかと思います。

てことで、先週

もっとみる
気に入っていただければフォローボタンもポチッとしてください。笑
7