業務改革

今週の働き方関連ニュース20210516

本日はあいにくの雨模様。。。家の中にいる分には変わらないはずなのに、なんだか雨は憂鬱ですね。早いところでは梅雨入りしたそうです。
うーん、雨の中で釣りに行くかどうか、、、そこが悩みです。(←そこかい!)

==================================

会員登録しないと全文は読めませんが、それほど内容(特にファクト)がある記事ではありません。ただ、市場規模で行くと大きい建設

もっとみる
励みになります。
6

「印紙税」を払わない方法!?

1.「印紙税」を払わない
 作家が貰う…、そっちは印税です。契約書を交わした時に、切手みたいなものを貼って、印鑑で消し込みをします。あれです。契約書(契約の内容)によっては、数千円。税金なので仕方なしでしょうか?

2.「印紙税」について
 国税です。契約書を作成したとき、「印紙」を購入し、契約書の貼り付けて、印鑑なので消し込むため、再利用できません。購入=納税のイメージですね。そこそこの税収額の

もっとみる
スキありがとうございます。

マニュアル作成だけではなく、業務改革を実現するクラウド型手順書プラットフォームTeachme Bizー株式会社スタディスト 山下公平さん

こんにちは。ものづくり新聞です。当サイトは製造業の方々向けにインタビュー記事を掲載しているWebメディアです。ソリューションやサービスの提供元へのインタビューはもちろん、実際に製品やサービスを導入した側へもインタビューしています。ものづくり企業に勤める皆さんにとって本当の意味で役に立つ情報を提供したいという思いで、ただ情報を羅列するのではなくより具体的なイメージができる情報発信を目指しています。詳

もっとみる
ありがとうございます!ものづくり新聞もフォローください!
4

Vol. 11 いつDXに取り組むか

こんにちは。ちびっこOLのばんぶーです!

最近暖かくなってきましたね〜、
暑くて汗ばむ人もいる中、寒がりの私は未だにモコモコパジャマで寝ております💦

なんでこんなに寒いんだろ、、❄️

ま、これはこれで、今回もDXについて勉強していきましょう!

今回のテーマは、”いつDXに取り組むべきなのか”です。
今回もDX関連の書籍(下記記載)を参考に記載していきます。

ずばりこの答えは、「今でしょ

もっとみる
ありがとうございます!よろしければシェアお願いします❤️
8

今週の働き方関連ニュース20210509

長い方は、今日までの超大型連休だったのではないでしょうか?長い休暇になると「仕事とは?」「自分とは?」と内省する時間が増えますよね。

さて、皆さんはこの連休で自分を見つめなおす事は出来ましたでしょうか?

==================================

なんじゃこりゃ~!!(松田優作風)
これは素晴らしいですね。時差をうまく活用したビジネスですよね。DA PUMPのU.S

もっとみる
励みになります。
10

業務変革とDX (1)

企業内部から業務変革に携わっている。今どきの業務変革は、ほぼ必ずと言っていいほど、いわゆるDX(デジタル化。広い意味で)が含まれる。守秘義務に触れないよう、数社の経験から自分なりに解釈したことやコンセプトとして一般化したことを書いている。具体性を欠いている点についてはご容赦いただきたい。

業務変革やDXと聞いて真っ先に思い浮かぶのは、生産や物流、商流などのSAPが得意とするERP領域だろうか。そ

もっとみる

今週の働き方関連ニュース_GWスペシャル

GWではありますが、ニュース配信は続けようと思います。
会社の方には配信しない予定なので、毒成分多めでお届けするかも知れませんが、そこはGWの酒のツマミ程度に楽しんでください。(笑)

==================================

もう、こういう時代なんですよ。そもそも電話という「発信する人」と「受信する人」の時間が合わなければコミュニケーションできないツールに頼るのが変

もっとみる
ありがとうございます。
6

それがないと本当に「業務にならない」のか?

システム構築の要件定義をしていると、「○○できないと業務にならない」といったような言葉が聞かれることがあります。

ITベンダーの担当者からすれば、お客さんからそのように言われたら反論することはなかなか難しいでしょう。

逆に利用者の立場からしても、自分たちの業務のことを理解してくれてないITベンダーからの提案に不満をもつこともあるでしょう。

利用者側も気持ちはよくわかるし、実際業務にならないよ

もっとみる

参加者が主体的になるプロジェクト推進。
コンセプトを決める時間をじっくり確保し、チームの共通認識を徹底して浸透させる。
プロジェクト進行の様子、参加者の声や心情の動きがリアルで面白い。
安易に同調をせず、自分の想いを吐き出しきれるか。普段の業務でも問いたい。

ありがとうございます!毎日のんびり更新しています。
1