エコアニ📚IT×生保×キャリア

生命保険会社でシステム企画の業務を担当する、30代のミドル層社員です。生命保険、事務システム企画、キャリアの3軸を絡めながら日々の学びを発信しています。固定の自己紹介記事とプロフィール記事をぜひご覧ください。
    • 生命保険事業について考える

      • 27本

      販売チャネルの多様化、フィンテックをはじめとする技術革新の波、毎年の税制改正と、生命保険事業を取り巻く環境は激しく変化しています。 「生命保険の本質とは何なのか」に対する私なりの思考の足跡をまとめたものです。

    • 未来のシステム開発のあり方を考える

      • 7本

      多くの会社で、システム作った当時の「レジェンド開発者」が異動や定年でいなくなり、少数の担当者に依存しながら業務を回している場面が多いと思います。 私自身もそのような環境で働いていますが、俗人的な運営からの脱却方法を日々模索し、気づいたことを書きとめています。 同じように悩むみなさんの解決のヒントになれば幸いです。

    • 自己紹介

      • 8本

      私がノートを書く理由とか過去の仕事歴についてまとめています。 最初から思いついたものではなくて、書きながら気づけたものでした。 これもnoteのおかげですね。

    • キャリアを考える記事まとめ

      • 15本

      こちらは私自身が大企業で働く中で学んだことを書いた記事のまとめです。 大企業に一生勤め上げることはもはや一般的な仕事のスタイルではなくなりました。でも、なんだかんだいって大企業から学べるものはいろいろとあります。 こちらの記事たちがご自身のキャリアを考えるヒントになれば幸いです。

    • 仕事における、現在進行形の気づき

      • 29本

      仕事を通じて得たちょっとした気づきは、時が過ぎるとすぐに忘れてしまう。 気づいた瞬間の、頭の奥底が熱くなるような興奮だけは残っているのに、その詳細を思い出せない。人に伝えることができない。若手の指導にも活かせない。 教育は熱量とセットでなければいけない、というのが私の信念です。そのため、私が得た現在進行形の気づきをここに書き留めておくことにします。

固定された記事

自己紹介:私がnoteを書く理由

はじめまして、エコアニです。生命保険会社でシステム企画の仕事をやっています。 年齢的には…

フィンテックの波に乗るための対価について

昨今の規制改革により、非金融事業者が金融分野に参入しやすくなった、という趣旨の話を以前に…

気力体力の衰えに向き合う

コロナが落ち着いて年末年始に実家に帰ったのだが、2年ぶりに会った親は体調不良のオンパレー…

保険業界の革新に携わる方法

前回、少額短期保険事業者は商品開発の革新をもたらす可能性がある、という話をした。 では、…

生命保険会社のイノベーションを生む仕組みを考える

生命保険業界は入社して最初に業界の定める資格試験をたくさん受けるのだが、そこで学んだはず…

普及するアジャイルと新しいウォーターフォールモデル

アジャイルとウォーターフォールという両方の開発方式をユーザー部門として経験した。 知らな…