有吉佐和子

【ふりかえり】明治座『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

明治座『ふるあめりかに袖はぬらさじ』

大学のセンパイ【歌舞研のセンパイ】が、出演しているので、観に行きました♪

センパイが出ていた場面、すぐわかりました⭐︎(=^x^=)

かっぽれと唐人口の場面、楽しかったです。

開演したら、チョンパッで、暗転から明るくなって。大地真央さん演じるお園をセンターに、舞い踊るシーン。間夫がいなけりゃ……○○。
お園は、横浜の岩亀楼の芸者です。

行灯部屋で、

もっとみる

複合汚染 有吉佐和子(8/20)

環境問題を取り扱った本として、有名な小説。
”農業”を語る上で読んで良かったし、他の人にもぜひ読んで欲しい作品。

有吉佐和子さんの作品は始めて読んだが、ストーリーが想像しやすくて話がすごく入りやすかった。小説を通して、社会問題を伝えるというのはとてもいいと感じた。

そもそも、題名にもなっている”複合汚染”とは何か?

複合汚染というのは、二つ以上の毒性物質の相加作用および相乗作用のことである。

もっとみる
今後ともよろしくお願いします!
4

おすすめ本 15(71〜75冊目)

乱読です(^ω^)ほぼ小説!
この本読めばいいのに面白いのに!本をただただ挙げていきます。

真夜中のマーチ(集英社文庫)
よしっヤクザの賭博の金奪ってやろうぜ!っていう何とも破天荒なお話。真剣なシーンでも笑える。し、手に汗握るしで読むの大変。

針女(新潮文庫)
戦争が始まって、終わる。だが人の生活は終わらない。闇市、復興、戦死したもの帰ってきたもの。仕立て屋で働く清子の恋や戸惑い、成長。

もっとみる

「複合汚染」有吉佐和子著

感想を書きたい本はいくらでもあるのだけれど、日々のこともあるのでぼちぼちやっていきます。

同じテーマを1話-10話みたいに更新していけるのが理想ですが、まだまだ日々のコマ切れ時間を使って文章を書いているし、暮らしの記録が目的で始めたので、リアルタイムに自分の周りで起こることから、過去の知識へ結びつけて記事にしていきたいと思います。そのうち、情報がたまってくると思います。

今回は書評というより、

もっとみる