映画秘宝

映画秘宝MAR.2021

2020年度映画ベスト&トホホ10特集号です。日本最大規模!と謳ってあります。ベスト10が何かは本屋さんで購入して確かめて下さい。ここではトホホ10を紹介します:

1位 『キャッツ』

2位 『デッド・ドント・ダイ』

3位 『TENET テネット』

4位 『Fukushima 50』

5位 『チャーリーズ・エンジェル』、『新幹線半島 ファイナル・ステージ』

7位 『STAND BY ME

もっとみる
THANK YOU VERY MUCH

今月号の「映画秘宝」の『女帝小池百合子』妄想映画化企画会議(第一部)が最終回を迎えました。
これを、読みながら、映画やエンターテイメントで会議をするとは何かと言うのを知れて、勉強になりました(今の邦画の状況についても)。
後半に、まさか「鬼滅の刃」が登場するのにはビックリしました

映画秘宝FEB.2021

内容が濃くて、この号を読み解いて紹介されている映画を観るだけで年末年始休暇が終わりそうです。『真魚八重子&澤井健のシスターフッド映画 爆走対談』で取り上げている映画です:

今の流れを決定づけたのは「MMFR」と話を始めるお二人。

この『ジュリア』がシスターフッド映画の祖だとする分析は鋭いです。

多くの人は『テルマ&ルイーズ』をその元祖としているのもわかります。

「セックスアンドザシティー」

もっとみる
MERCI BEAUCOUP
1

今年も数週間で終わりですが。
と言う事は、もう少しで2021年。
「映画秘宝」の来月号で、2020年のベスト映画が発表されます。
そして、「映画秘宝」のライターの方や読者の方が選ぶベストの映画は何か。
本当にポップカルチャーやエンターテイメント系の映画の愛する者の拠り所であります

映画秘宝JAN.2021

撮り下ろしとはいえ、まるでキネマ旬報のような表紙。ハリウッドの大作が公開されない状況の影響がここにまで現れています。

そのキネマ旬報11月下旬号の表紙です。やっぱり被ってます。

そのキネマ旬報12月上旬号は池田エライザ。こちらの方が秘宝っぽいです。

映画秘宝1月号で注目すべきは、第一特集です。奇しくもブルータス11月15日号の特集と被っています。

むしろ、日本の映画雑誌市場で映画秘宝がリー

もっとみる
MERCI BEAUCOUP
4

映画秘宝DEC.2020

『NTTD』が表紙です。007の新作は来年に持ち越しで、ヤキモキしているのは編集部も一緒。というわけで『2010年代映画ベスト・スパイ!!』特集のスパイ好きが選ぶ、ベスト・スパイです。

ロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン):青井邦夫、てらさわホーク、澤井健選出(『アトミック・ブロンド』)

コントロール(ジョン・ハート):♪akira選出、ジョージ・スマイリー(ゲイリー・オールドマン):

もっとみる
THANK YOU VERY MUCH
2

映画秘宝NOV.2020

『映画秘宝SEP.20』に引き続きワンダーウーマンが表紙ですが、またまた公開延期になってしまいました。そのポーズが「ワカンダ・フォーエヴァー!」。チャドウィック・ボーズマンの急逝。その哀悼特集で紹介されている映画についてです。

『ブラックパンサー』については、杏レラト、のん、主水、真魚八重子、田村真らが、熱い追悼文を寄せています。

キシオタカシの「偉人を体現した”遅咲き”スター」では『42〜世

もっとみる

【映画秘宝】瀧内公美さん&大槻ケンヂさん&松林うらら鼎談取材!

9月になりましたね。

早いもので、
『蒲田前奏曲』の撮影も、丁度、1年前、
真夏の中、撮影を終えました。

1年の中で、世の中も大きく変わりました。

さてさて、『蒲田前奏曲』に染まったわたしの日々。公開までいよいよ20日間あまりとなりました。

先日は、、 #瀧内公美 さん& #大槻ケンヂ さん & #松林うらら
の鼎談取材でしたッ👀⚡️なんと、20年を超える長寿連載 #パイパニック対談

もっとみる

【映画雑記】テレビ東京「午後のロードショー」の思い出、という話。

小学生の夏休みだった。

 横浜のおばあちゃんちですることもなく、ただテレビをつけっぱなしにしてゴロゴロしていた。時刻は大体午後の2時30分頃。俺はテレ東の「午後のロードショー」を、しかも途中から、ダラダラ見ていた。なんだか、夜の住宅街で追っかけっこ?犯罪者を追っかける刑事なのかな?まじめに追跡をしている。で!最後に急に耳のとがったゴリラみたいな怪人が現れ、あまりの唐突さに金玉が縮み上がったのです

もっとみる