日本製鉄

日本企業が韓国を特許侵害や鉄鋼輸出で攻撃開始、怒らせると日本はここまで恐ろしい国になると思い知るがいいw

菅政権発足に合わせるかのように、日本の「制裁なき反撃」が始まるということだ。
韓国が国産化を叫ぶ度に、それは無理だとおいらも書いてきたつもりだが、連中にはまったく通じていなかったということだった(ま、そりゃ当然かw)。
もちろん、今更慌てているのは「我らが」中央日報だ。日本国民から「ざまぁ」の大連呼が聞こえりような記事から始めたい。

「韓国の素材・部品・装備国産化」の裏で笑う日本…特許訴訟で反撃

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
16

#元徴用工問題について

日本製鉄に元徴用工(旧朝鮮半島労働者)への賠償を命じた韓国大法院の判決に基づき、新日鉄住金(現日本製鉄)の資産差し押さえ手続きが完了した。裁判所の売却命令を経て、資産が現金化されることになる。

 履行されれば、1965年の国交正常化以降の日韓の協力関係そのものにかかわる問題だ。

 1965年の日韓請求権・経済協力協定は請求権問題を「完全かつ最終的な解決」と定めている。韓国の歴代政権は元徴用工の

もっとみる
よろしければシェアもお願いします。

現実から目を背けてWTO選挙の当選を夢に見、現金化待ったなしで日本が折れると妄想して、韓国は沈んでいくのだねw

いやぁ、久しぶりの妄想記事が飛び出して失笑だw
韓国ってのはキチガイが記者やってるってことなんだよなぁ。
長い記事で大変恐縮だが、これでも途中省略しているのでご勘弁を。
韓国ポータルのソウル経済に掲載されたお花畑雑談に、まずはお付き合い願いたい。

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
19

【読書メモ#13】「わが財界人生」永野重雄 1982年 ダイヤモンド社

鉄鋼マンとして、そして財界人として

今回は1900年代の鉄鋼業界の一大経営者の永野重雄氏の書籍。
業界の大先輩であり、松江生まれの広島県下蒲刈島出身のこの地の先人でもある。

まさに戦後の「経営者の時代」を生き抜いた、その人生を通じたスケールの大きな会社経営のダイナミズムと社会・日本経済・世界経済の秩序の構築に全力を尽くした大先輩である。

ダイナミックな生き方は目次の項目を見ていただくだけでも

もっとみる

ついに韓国への報復開始!

韓国の裁判所は、ついに日本企業の差押資産の売却・現金化を命じることができるように。それが現実化すれば、日本政府は韓国に厳しい報復に踏み切ることになる。
今、日本政府が準備している報復措置とは何か? また実行されれば、韓国はどうなるのか?!

ありがとうございます。よろしければフォローお待ちしてます。

【特許から見る】中国は日本にキャッチアップしたのか?-トヨタの中国鉄鋼メーカーからの電磁鋼板採用

今朝の日本経済新聞1面に、トヨタ自動車が中国最大手鉄鋼メーカーの宝武鉄鋼集団の電磁鋼板を一部で採用する、との衝撃的なニュースが掲載されました。

知的財産分野で電磁鋼板といえば、新日本製鉄(現在の日本製鉄)と韓国ポスコの技術流出事件が有名で、高い技術力が必要とされるため日本企業が競争優位とされてきたテクノロジー分野です。

経済産業省の「鉄鋼業の現状と課題(高炉を中心に)」にあるように、平成27年

もっとみる
イーパテントYouTubeチャンネルもよろしくお願いします!
8

新日鉄、いや今は日本製鉄名古屋
仕事でも製鉄所に入構したことありますが、男のロマンみたいな象徴です。
あの赤く錆びた感じに惹かれます。

共感嬉しいです🎵
1

2020年5月28日 鉄鋼業の課題が際立っている?

こんにちは。ハッピーくんです。
ついにヨガマットが家に届いたので、朝活でトレーニングを始めていこうと思います。

さて、本日はこの記事です。

コロナが変える鉄鋼市況(上) 高値支えた構図に幕:日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO59585900W0A520C2QM8000/

鉄鋼の国内市況における長年の課題が際立ってきています。需要の急減によ

もっとみる
励みになります!
7

好きな会社、嫌いな会社

社会に出て早○年、転職○社(書けない)、私も立派に昼間働く人になった。「昼職」というやつだ。夜の世界で働いているとこういう概念になります。

大手企業や一流企業、中小企業、メガベンチャーやほぼスタートアップなど、面接を含めたらほぼ全ての業界を見たことになる。

感想。
【業績のいい会社の人は優しい】
【人事がクソなところは会社もクソ】
【電通と博報堂ムカつく、かなり上から目線。何故面接に呼んだ?A

もっとみる

日本製鉄の決算から日本の未来が学べるから見といたほうがいいよって話

どうもコージです!
私は、毎日決算書を読んで企業の未来を妄想しています。
そんな私が決算書の中で面白かったポイント、未来への妄想ポイントを説明しています。

今日見ていくのは日本製鉄株式会社です。
鉄鋼の生産を主力事業としている会社で、日本製鐵と住友金属工業の合併によってできた日本最大の鉄鋼会社です。
かつては「鉄は国家なり」といわれていた時代もあり、製鉄は日本国内においても主要産業でしたが最近は

もっとみる