金融戦隊カブレンジャー 第5話「TOBでなぜ株価が上がるの?」

今回はTOB(株式公開買付け)について解説していきます。
また、あわせてTOBが発生するとその企業にどのような影響が出るのかも見ていきたいと思います。

1. TOBは東証の外で株を買うというオファー

TOBは「株式の公開買付け」という意味です。これは東証の外、つまり株式市場の「外」で買付けを行う時に使われる手法です。そして、主に企業買収をするときに用いられます。

私たちは東証に上場している企

もっとみる
また是非お読みくださいね。お待ちしています。
2

個人でM&Aをする時に気をつけること

最近は、M&Aプラットフォームがネット上にいくつもできて、以前に比べるとよりM&Aが身近なものになってきました。

普通のサラリーマンでも、少し資金があればM&Aから起業をすることもできます。

M&Aの仲介やアドバイザリー業務をしていた者として、とても興味があり、大きな可能性を感じています。そして、そんな私もM&Aで小さな会社を買って起業しよう、と思ったうちの1人です…笑

もし個人でM&Aをす

もっとみる
嬉しいです!
7

シンプルM&A

信金中央金庫の子会社、信金キャピタル(東京)が、低額で中小企業のM&A(企業の合併・買収)を支援する事業を始めたとのことです。

M&Aコンサルもフルパッケージサービスは要らない

そういうことなのでしょう。記事にも書いてありましたが、オーナー同士で大事な条件自体は纏めてしまって、契約書の作成やデューデリジェンス(DD)(※)、専門家でないと見落としてしまいがちな各ポイントを抑えておけば問題ないは

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
1

美容室3店舗でもM&Aできる

失礼な言い方かもしれないですが、美容室3店舗でもM&Aによる会社の譲渡ができるという事例を見て、少し驚きました。

ビズリーチ・サクシードのホームページに掲載されている事例なので間違いないと思うのですが、譲渡価格はいくらだったのだろうと興味が尽きません。

美容室のM&Aについて

というのも、私自身、中部地方のとある美容室M&A案件の成約に関わったことがあるので、美容室のビジネスモデルや業績の傾

もっとみる
スキありがとうございます!
5

M&Aのマッチング

中小企業の地域内承継を支援するマッチングサイト「事業引継ぎ.net」(https://www.hikitsugi-net.com/)を運営するインクグロウ株式会社が、株式会社みちのく銀行と業務提携したようです。

また、経営革新計画の承認や補助金・助成金の申請サポートなどを手がけるNBCニイガタビジネスセンター/ニイガタビジネスコンサルタントは、スモールM&A(売上高3億円以下の中小企業のM&A)

もっとみる
やったー!
4

【「出てきた1億円5千万円の出どころ」「これ安倍総理から」克行被告から現金受け取った市議が証言が出た➠本丸の安倍前総理の捜査・証人喚問を求める声殺到

【「出てきた1億円5千万円の出どころ」「これ安倍総理から」克行被告から現金受け取った市議が証言が出た➠本丸の安倍前総理の捜査・証人喚問を求める声殺到】
 公職選挙法違反の罪に問われている案里被告の裁判には広島市議会の海徳裕志議員が出廷し、夫の克行被告(57)から現金合わせて50万円を受け取った時の状況について証言しました。
 海徳議員は【克行被告に『これ総理から』と言われ、封筒に入った現金を受け取

もっとみる
スキ。ありがとうございます。
1

買収 現金 「これ総理から」 河井克行 河井案里 安倍晋三 日本 20201013

安倍晋三首相(当時)からと、河井克行党総裁外交特別補佐(当時)から現金を渡されたと広島市議会議員が裁判で証言しています。

https://www.mskj.or.jp/profile/kawaikatu.html
河井克行プロフィール | 松下政経塾
平成29年10月衆議院議員総選挙、七期目当選〔広島県第三区選挙区〕
平成30年9月自由民主党総裁外交特別補佐に再任
令和元年9月法務大臣に就任【第

もっとみる
Благодарю вас!
1

M&Aはアライアンス

最近noteでM&A関連の記事を書くことを日課にしている。今日はそんな活動を始めて3日目になるが、3日目にして記事の内容をどうしようかとあれこれ考えることに…笑

そんな中で、noteのとあるM&A関連の記事でとても共感できる内容のものがあった。M&Aプラットフォーム運営をする会社のCEOが投稿していた記事だ。内容は割愛させていただくが、特に共感した内容がこれだ。

M&Aはアライアンス

本当に

もっとみる
嬉しいです!
3

サーチファンド

先日、中小企業のM&Aを主導する「サーチファンド」ができたようです。伊藤公健氏、日本M&Aセンター社、日本政策投資銀行、キャリアインキュベーション社による合弁会社として、株式会社サーチファンド・ジャパンが設立されたのです。

錚々たる顔ぶれによる設立で、個人的には高い関心を持ってその成り行きを見ています。

サーチファンドとは

そもそも、サーチファンドというのは何でしょうか?

一般的にファンド

もっとみる
やったー!
4