既存事業

#394 「ビジネス頭の体操」 8月25日のケーススタディ
+7

#394 「ビジネス頭の体操」 8月25日のケーススタディ

はたらくおとな向け。普段の仕事と無関係なケーススタティで頭の体操。 その日にちなんだ過去の事象をビジネス視点で掘り下げています。 普段の仕事を超えて、視野を広げ、ビジネスの頭の体操をするのにぴったり。 考えるための豊富な一次情報やデータもご紹介。  →部分は、頭の体操する上での自分に対する質問例、です。 8月25日(水) 即席めん、日本では年○○億食食べられている!?1958年(昭和33年)のこの日、世界初の即席ラーメンである「チキンラーメン」が日清食品株式会社より発売さ

スキ
14
新規事業の成功率10%未満に対する処方箋

新規事業の成功率10%未満に対する処方箋

新規事業の成功確率は10%未満と低いですが、成功確率が低いこと自体が問題なのではありません。成功確率は10%未満だと理解してないことが問題です。 低いから取り組まないほうが良いという意味でもありません。その現実を受け止めて、どうすれば良いか学んで適切に理解することが大切です。 成功率が10%未満と知っていれば、普段通りにやってはダメで、「新規事業のやり方や物事の捉え方」を探らねばならないと誰もが理解するでしょう。しかしその現実を知らないと、やり方を変える必要性を感じることさ

スキ
13
運がよい経営者は神さまに好かれる秘訣を知っている

運がよい経営者は神さまに好かれる秘訣を知っている

霊視×経営コンサルティングの友野高広です。 いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。 今回のテーマは「運がよい経営者は神さまに好かれる秘訣を知っている」という内容です。 「神さまに応援?そんなことあるんですか(笑)」 もしかしたら、あなたは、そう笑われるかもしれません。 しかし、「運がよい経営者」は、神さまを信じています。 そして、経験的に「神さまに好かれている」からこそ、ビジネスを順調にやってこれたと本氣で思われているのです。 ・資金繰りで困り果て

スキ
4
〜「両利きの経営」から学ぶ〜技術力や資産のある企業でも新規事業を生み出せない本当の理由

〜「両利きの経営」から学ぶ〜技術力や資産のある企業でも新規事業を生み出せない本当の理由

michinaru株式会社で学生インターンをしている若林です。 「変化を起こす挑戦者を創る」というミッションの元、新しい事業を生み出す人や組織づくりについて日々勉強をしています。 今週は『両利きの経営』という本を読みました。 成熟した大企業・中堅企業が新規事業を立ち上げる際に直面する、既存事業との対立をどのように乗り越えればよいかについて書かれている本です。 新規事業開発に取り組む方に役立つ知見が多く詰まっている本でしたので、3つの記事に分けて紹介していこうと思います。

スキ
8
289日目 既存のビジネスをやりながら、新規事業はできるのか?

289日目 既存のビジネスをやりながら、新規事業はできるのか?

既存のビジネスをやりながら、新規事業をやることは難しいです。 なぜなら、既存のビジネスの方が短期的に利益が出せる、利益を出す方法を容易に思い付くため、成功確率を考えると既存のビジネスで利益を出す方法を優先してしまいます。 目に見える顧客が存在しており、「顧客優先主義」などと謳っている場合、社内検討段階で、これから売れるかどうかもわからない新規ビジネスのタスクと顧客対応というタスクを比較した場合、既存のビジネスを優先することになり、新規ビジネスは後回しにされます。 既存の

スキ
1
本業に集中せんかい

本業に集中せんかい

単純な話 経営者の方々から、「新規事業」や「新しい取り組み」等という事を手伝ってくれと言われること、結構あるんですよね。僕は基本的には、最後まで話を聞くんですが、途中で「ごめん」と伝えます。 理由は単純です。 ほぼ失敗するからです。 特に、依頼されるときに担当社員が居ない場合には、ただの強権発動です。 社員さんに恨まれるでしょうから、その片棒は担ぎたくないです。 売上構成比1%以下のものや、思い付きレベルの話、実現可能性が低いものを二本目の柱にすることと、1億の売上を1.

スキ
68
15マス目 未来島へ

15マス目 未来島へ

14マス目までで既存大陸として新規事業を開発するために 既存事業の置かれている状況や新規事業に求められていること、 必要なスキル、そして何よりリーダーである貴方自身について 考えてきました! このマスからとうとう既存大陸を飛び出し、未来に向かって、 新規事業探索が始まります。 いよいよ船出です。準備はいいですか? 次の未来島では今後どのような変化が起こり、 その変化によってどんなチャンスが生まれてくるのかを考えます。 変化が起こるところにチャンスがあります。

スキ
14
囚われを壊して、新事業を構想する方法
再生

囚われを壊して、新事業を構想する方法

拙著『アイデア・スイッチ』の「531ストレンジ」は、創造的破壊をしたい時に便利です。 講義ビデオを作る必要があり、作りましたので、公開します。

スキ
2
【GAFAから学ぶ、持続的にイノベーションを起こすための3階建て構造】

3階:イノベーション
2階:新規事業
1階:既存事業

イノベーション専任の部門と既存事業において
仕事の方向性、評価基準を明確に分ける

クライテリアを満たしたビジネスを1階に下ろしていく

(田所雅之)

【GAFAから学ぶ、持続的にイノベーションを起こすための3階建て構造】 3階:イノベーション 2階:新規事業 1階:既存事業 イノベーション専任の部門と既存事業において 仕事の方向性、評価基準を明確に分ける クライテリアを満たしたビジネスを1階に下ろしていく (田所雅之)

スキ
4