白い休日【音声と文章】

※近所の雪景色を写真に収めました。 ※こちらは音声と文章、どちらでも楽しめます。 おはようございます。 山田ゆりです。 今回は 白い休日 ということをお伝えいたします。 おはよう 今朝はまとまった雪が降った https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061256.jpg https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_062844.jpg 新聞配達の自転車のタイヤが描いた道 https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061426.jpg 思い思いの雪の帽子をかぶった樹木たち なかなかいいじゃない https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061632.jpg https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061454.jpg https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061348.jpg 今は使命を終えてお休みの田んぼ https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/12/20211205_061952.jpg 静かに真っ白な休日が始まった 今回は 白い休日 ということをお伝えいたしました。 本日も、最後までお聴きくださり ありがとうございました。  ちょっとした勇気が世界を変えます。 今日も素敵な一日をお過ごし下さい。 山田ゆりでした。 ◆◆ kindle書籍の制作中です! ◆◆ 文章の素案を読んでいただい皆さまからの感想の一部です。 ↓ https://yamayuri58.com/tyoubo/wp-content/uploads/2021/11/2021-11-11_21h32_42na.png ◆◆ インタビューを受けました ◆◆ https://www.youtube.com/watch?v=jEq5g0xZ6RY&t=134s ◆◆ メールマガジン ◆◆ http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5 継続の人。爽やか60代の ゆりからのメールマガジン。 無料レポートも特典も ランディングページもありません。 日々のちょっとした気づきを 発信しています。 ◆◆ note有料マガジン ◆◆ 【自分のための人生】 https://note.com/tukuda/m/m5b66808db98c 『読むとほっこりする』 『胸にじーんと来ました』 などの感想をいただいています。 .。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+ 大それたことはしなくてもよい そこに向かう姿勢が大事 日々忘れない努力をする .。*゚+.*.。   ゚+..。*゚+

スキ
10

連載小説 【 THE・新聞配達員 】 その37

この物語はフィクションです。 如何なる人物も実存しません。 36. 24時間耐久レース4 海に着いた。 したい事が山盛りだ。 ①ビーチに寝転んで日焼けをしているふりをして 水着の女の子を眺める。 ②海の家でなんか食べる。 ③泳がずにビーチボールで女子たちと遊ぶ。 早速海パンに着替えようとした。 「あれ?真田くん用意いいね。海水パンツ持って来たんだ。 泳ぐの?」 白い服でコーディネートしている由紀ちゃんが 爽やかに聞いて来た。 「もちろん泳ぐさ。どこで着替える

スキ
1

朝の景色は変わりました。 「ガチャガチャ」騒がしく、自転車で町内を回っていた牛乳配達のおじさんはもう見かけません。 新聞購読者も少なくなりゴミ回収日に古紙の束も見かけません。 静かなものです。 聞こえるのは私の足音と、ピンポン球のように膨らんだスズメ達の囀りだけです

スキ
22

十九歳の地図

『十九歳の地図』(1979年) 紺野さんが留置所の中で歌った曲が加山雄三の「君といつまでも」だったとか、 何よりも、紺野さんが「どういう具合に生きていったらいいかわからないなぁ」、といったシーンがたまらないし、実は、私、宅配仕事やってたことあって、地図にバツくれたことあったりとか、この映画には、 とても感じ入ってしまうとこがいくつもある。。 原作は読んでないのだけど(中上健次の文体が私には・・?)、とにかく、こういうシーンを(シナリオ化し)造り上げ撮りきった柳町光男とい

スキ
2

ママ友から奇妙依頼、知らずに集団ストーカー加担させられる主婦 ⚠️知らなかったではすまない、迷惑防止条例法違反の犯罪 一般人成りすましの近隣、同級生、同僚カルトに警戒を❗ https://twitter.com/amataka_keiko/status/1466355369132068865?t=GYjrwiDMlMSUrEFHAajKsg&s=09

スキ
1

連載小説 【 THE・新聞配達員 】 その36

この物語はフィクションです。 如何なる人物も実存しません。 36.   24時間耐久レース3 途中で休憩する事もなく 順調に海の方に向かっている。 海が見えた時は感動した。 湾岸ではなくて海。 潮の香りがする所まで近付いた。 「もうすぐ茅ヶ崎か。江ノ島まで行こうか?」 すっかりナビが板に付いた松本先輩。 湘南の海と言っても広い。 サザンの歌詞に出てくる地名がズラズラと目の前に現れて 私は少し興奮している。 本当に今、自分が湘南に居るんだ。 湘南に住んでいるはず

スキ
2

高校の面子で修学旅行に行く。ホテルの食べ放題でウザいぐらいテンション高いやつがいた。久しぶりに団地の新聞配達をした。部活の先輩に会った。いたずらで非常ベルをならす人がいた。夢の話。

【名言】拝啓、関東平野#190

毎週木曜日0:00に更新される ポッドキャスト 「拝啓、関東平野」 出演 ❌ユンボ安藤(東京ペールワン) 渡辺隆(錦鯉) しゃばぞう(ピン芸人) 小生が勝手に選んだ 「拝啓、関東平野#190」お気に入り 名言集です。 去年の今頃は市場でバイトしてたブレイク芸人、錦鯉の渡辺隆。 「おじさんなんて、直ぐに飽きちゃうんだから」 (渡辺隆) 最近のお笑いの若手は30代。フリップ芸の若い女の子に歳を聞いたら31だった。 「なかなかじゃねえか」 (渡辺隆) パンクラ

スキ
4

連載小説 【 THE・新聞配達員 】 その35

この物語はフィクションです。 如何なる人物も実存しません。 35.   24時間耐久レース2 さて御一行は高速道路の上に乗り、 快調に爽やかに、そして確実に 海の方へと移動しているのでありました。 由紀ちゃんが白状した。 「実はさ、この地図ボリューム凄すぎてどう見たらいいか いまいちよく分かんないんだよねー。」 「どれどれ?貸してみ。ほうほう。」 後ろの席から私に向かって言った由紀ちゃんの素直な告白に 助手席の松本先輩が応えた。 分厚い地図が後ろの席から前の席に

スキ
3

連載小説 【 THE・新聞配達員 】 その34

この物語はフィクションです。 如何なる人物も実存しません。 34.   24時間耐久レース 「ねえねえ真田くん!ちょっと!」 元気で明るい声に素直になる私の心。 無心に由紀ちゃんの側に寄った。 「なになに?」 「海に行く計画なんだけど。日取り決まったの。」 「は、はやい!」 「うん!早く行きたいしね! 休刊日の前の日の日曜日しかないし。 後メンバーなんだけど、 女子は4人行くから真田くん入れてこれで5人でしょ。 7人乗りの車が一番大きいからあと2人乗れるの。 あ

スキ
3