新聞奨学生

両立 について

「いかに上手くサボるか」

大学に入ってから、これが大事だということをものすごく痛感した。自分はこれが上手くできない。

このツイートを見て、改めて思い出した感情。せっかくなので、書いてみる。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざがある。中途半端に2羽のウサギを追うと、1羽もゲットできない。二つの物事を欲ばってどちらも失敗したり、中途半端に終わるものである、というたとえ。
また、一つの物

もっとみる

人生を変えたあの一年❶

1日8時間の新聞配達に始まる、

地獄のような日々……

どうも皆さん、こんにちは。

イシタです。

最近はコロナ感染者が増加の一途をたどり、

再び日常に暗い影を落としています。

緊急事態宣言が解除され、

ディズニーランド開園などの明るいニュースも

ちらほら増えてきた中でのバッドニュースに、

落胆された方も多いのではないでしょうか。

あの楽しかった日常にはやく戻りたいものです。

もっとみる

新聞奨学生について

こんばんは!

新聞奨学生の制度について数回に分けて書いていこうと思います。

一気に書こうと思ったら長くなったので分けました。

最初はメリットについてです。

一番の大きなメリットは返済不要ということです。

限度額はありますが文系であればほぼ全額まかなえます。

その上、月10万円の給料と半年に一度10万の賞与がもらえ、卒業の際は30万円の卒業祝いがもらえます。(10年くらい前なので今は制度

もっとみる

今の自分を支える1100日連続の新聞配達が僕にくれた、一生モノの宝(╹◡╹)♡

新聞配達との出会い

二十歳の頃、毎日新聞奨学生として学費と生活費を稼ぎながら、夜間専門学校に通っていました。

新聞配達は日曜日の夕刊と月一の休刊日以外は、基本仕事なので、ほぼ3年間の間は、1,100日連続勤務状態でした。※勤務時間超過はありません。

ちなみに朝刊は3時から6時半、夕刊はチラシセットを含めて14時から17時、そして夜は18時から21時まで学校で授業。授業が終わるとよく吹田駅で弾

もっとみる
こりゃど~も!!!
104

自己紹介

始めまして、Shinny(シニー)です。留学先で現地の人に付けてもらったイングリッシュネームです。

簡単な経歴をご紹介します。

千葉県の柏市という場所で生まれ育ち、サッカーに熱中していた少年でした。

中学・高校共に千葉県内の公立の学校に通っていました。

高校卒業後は、新聞奨学生として毎朝1時半から朝刊の配達をし、そのまま授業に行き、夕刊の配達をして学費・生活費を賄うという生活を2年間行いま

もっとみる

新聞奨学生の落とし穴

新聞奨学生は間違いなくおすすめの制度です

おすすめなのですが、、、
必ずしもいいとは限りません
なぜならどこの営業所に行くかは運次第なのです!

わたしは芸能学校に行くために新聞奨学生を使いました

私の通っていた学校には他にも違う新聞社や、同じ新聞社の別の営業所から新聞奨学生で通っている仲間がいました

配達がバイクの営業所
オーディションの日を優先して休ませてくれる神営業所
上司がおごってく

もっとみる

新聞奨学生

専門学校などの学費を払いながらバイト代までもらえる画期的な制度
それが新聞奨学生です

わたしは芸能学校の学費200万程を新聞奨学生を利用して支払っていました

簡単に言うと学費を新聞社が払ってくれる代わりに、朝刊夕刊の配達及びポスティング業務のアルバイトをするというシステムです

給料も月10万円程ありましたので生活に苦労はしませんでした

制度自体はとてもおすすめです

ここからスタート

はじめましてよろしくお願いします。

こういう最先端のアプリを初めて使います。
慣れるまでお見苦しいものになるかもしれませんが頑張ります

ここでは
今まで経験したことなどを
その道に進みたい人の役に立てたらなと
できるだけ毎日更新していきたいと思います。

次にあげる予定の中に興味があるものがあれば是非見てくださいね

予定

芸能学校

新聞奨学生

船乗り(航海士)



新築戸建て

失って気づくもの①

前回の投稿でも述べましたが、僕は新聞奨学生として働きながら大学に通っています。

前回の投稿→ https://note.com/daapiyo/n/n9f2f9356a6a2

新聞奨学生は、それぞれの販売店の上にある寮か、販売店が個別でアパートの部屋を借りていてそこに住み込んで働きます。高校を卒業してすぐ、僕は実家を出て一人暮らしを始めました。そこのお店はアパートタイプだったので完全に一人暮ら

もっとみる

はじめまして

言語化するのがいいと言うことを聞いて、つらつらと思ったことを書いていけるnoteをやってみようかと
僕は新聞奨学生というものをやりながら大学に通っています

周りにもよくこぼしていますが本当に本当にしんどい毎日。浪人して予備校に通うために始めてから5年が経ちます。とりあえず、以下に一日の流れとか書いていこうかなと思います

新聞奨学生とは、各新聞社がやっている奨学金制度で
朝夕新聞配達+付随業務(

もっとみる