新庄剛志

スーパースター憧れて。

少し前、いやもうだいぶ前になる。
自分が小学生の頃。1人のプロ野球選手がいた。

新庄剛志 当時34歳。

※写真は日本ハム対中日の日本シリーズ、最終打席。
テレビを見てた、自分は、その日の夜のスポーツニュースを見て、彼が「28年間思う存分野球を楽しんだぜ。今年でユニフォームを脱ぎます打法」を披露したことを知った。
そのときの自分は新庄のことを好きだったし、若いのに残念だなって気持ちと、1度でいい

もっとみる

【英語は話せないなら日本語を教えようとする】 型破り過ぎる新庄剛志を見習いたい

1%の可能性でもあれば、男はどんな困難があっても走り続けられる。どんなに無謀と言われてもその信条は揺るぎない(新庄だけに…)

ふざけているのか?とこの上の文章見れば思うかもしれませんがカッコいいと思っているのは本当です!

本当にプロ入りするかは別としてこうやって努力を続ける姿は間違いなく本気だと分かります。

早速、書き込んでいきます!

そういう逆境があるほど、みんなが批判すればするほど、僕

もっとみる
私もあなたの記事を見にいきます!
27

もう何も残っていないのかーファイターズの明日が見えない…暗がりにぼんやりと座りこんでいるみたいだ。太陽は、どこにあるのー

ファイターズ2020 10/10 99試合目 札幌ドーム F×L  0対7

10月もあっという間に半ばを過ぎようとしている。いつもならシーズンの結果も出てクライマックスシリーズに向かっているか、来年への新しいチーム編成が始まる時期。まだ野球はやってるけど、もしかして裏側では、様々なお達しが始まってるのかな〜?と穿ちたくなるくらい。ファイターズは、沈んでいる。

どうしてこうなっちゃったんだろう。

もっとみる
ありがとうございます😊
5

スーパースターとの遭遇

久しぶりに投稿します!

この間、上司に『長期休暇何するの?』と言われ、

『ニューヨーク行きます。』と言ったところ大反対されました😂1週間くらいよくね?と思ったんだけどよくよく考えてみたら隔離期間含めると1週間で職場復帰ができないことに気がついてしまった😱どうやら今年、もしかすると来年の海外旅行はいけないのかも。🥶

本題に移ります。

2週間前にあった出来事なんだけど会社帰りにジムで運動

もっとみる

新庄剛志が閉鎖的な野球界を変えたワケ

阪神タイガースで活躍し、イチローと同じタイミングでメジャーにわたり、日本人初のメジャー四番打者を経験、帰国後、日本ハムファイターズでスパイダーマンや戦隊モノのマスクを被るなどのド派手なパフォーマンス、引退試合は日本一を決めた試合という新庄剛志。 

新庄は伝統的な阪神タイガースではリストバンドを赤にする程度で比較的おとなしくすると決めていた、とのこと。そして、メジャーではユニフォームの着こなしを

もっとみる

楽しそうをモティベーションにしたい。

最近ネットで漫画家のヤマザキマリさんのインタビューを読んだのだが、彼女の半生がもう波乱万丈で破天荒過ぎてメチャメチャ面白かった。それと最近はyoutuberのマコなり社長のインタビュー(こちらも仕事が軌道に乗るまでの波乱万丈、凄い経験をされているがそれをまた面白おかしく語っている)、そして最近の新庄剛志選手のインタビューもyoutubeで見たりして、本当に新庄選手がどこかのプロ野球チームで復活した

もっとみる
幸せです!!!
13

適応障害で休職していた頃⑭     - 楽しもう Ⅲ-

休職中、早く復職しようと、結果を求めて頑張っていた(下記記事参照)。

 思い起こせば、社会人になってから、英語(独学、通学、通信)、ファイナンシャルプランナー試験、簿記検定等について、試験合格等の結果を求め頑張って勉強してきたが、結果が出なかったものが多くあった。

 最近、新庄剛志さんの著書「もう一度、プロ野球選手になる。」(2020年 株式会社ポプラ社)を読む機会があった。その著書の中に以下

もっとみる
嬉しいでーす。励みになります。ありがとうございました。
3

スポーツの力

おはようございます!

私の大好きなプロ野球もいよいよ終盤。

これまで、コロナ感染者が出たりと色んな事がありながらも、なんとかここまでたどり着きました。サッカー、そしてプロ野球。

日本の2大スポーツと言ってもいいこの量スポーツがこのまま順調に進めば、来年のオリンピックも見えてくるのではないかと思います。

さて、今回はスポーツの力とゆうテーマで書いていきたいと思うのですが、時に皆さんはスポーツ

もっとみる

RIZINのオワリハジマリ。

最初に言わせてもらうなら、相撲取り崩れや野球で賞味期限を使い果たしたような人間を選手としてリングに上げて欲しくはないなと思う。

実際に選手を経験してみて思うことだが、選手はリングに上がることや、そこで結果を出すこと、パフォーマンスすることに全力を注いでる。

リングに上がるために毎日ジムでの練習とは別に走ったり、ウエイトトレーニングに時間を費やす。

スポンサーがいる選手は金銭面では多少楽かもし

もっとみる
「スキ」ボタン、押していただいてありがとうございます。