関西じっくり滞在記(130):なんと再び大阪の街中で迷子に!!

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回まで大阪城のあちこちを巡っていました。今回は夕方ではあるけれど、堺筋本町まで出かけます。実は堺筋本町に行くことになったのは結果論なんですけどね。

さて大阪城大手門を出て、NHK前の道をホステルがある谷町に向かって歩きます。そして谷町筋との交差点で左折です。

思えば左折ではなく右折して近くのスタバに行けば、後で書くようなハプニングに見舞われずに済んだのかも

もっとみる
あなたのスキが、僕のやる気のもとです!感謝します!
3

関西じっくり滞在記(129):最後に大手門に行きました

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は秀吉が祀られている豊国神社でお参りを済ませました。今回は大阪城の大手門に向かいます。

時刻はまもなく夕方5時、ぼちぼち日が沈む頃です。僕も豊国神社からとぼとぼと大手門を経由し、外に出ようとします。

さて大手門は天守閣から見て南西にある門です。実は前回の関西旅で大阪城に来た時もくぐっています。

そして大手門をくぐると、また立派な巨石がお目見えです。

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
1

関西じっくり滞在記(128):太閤が神様の豊国神社へ

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は桜門や蛸石を見て面食らっていました。今回は桜門から程近い豊国神社にお参りします。

豊国神社は太閤こと豊臣秀吉を祀ってある神社です。1598年8月に亡くなった後、「豊国大明神」という神様としての名前で祀られました。

大阪城内にあるものは明治時代の1879年に創建された神社です。が、総本社は大阪ではなく京都の方広寺の隣にあります。おそらく秀吉のお墓が方広寺

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
3

関西じっくり滞在記(127):蛸石と桜門にやってきました

こんにちはこんばんは、ナオティです。前々回と前回でミライザ大阪城の中を見てきました。大阪城編はまだ続き、今回は本丸の南側に向かいます。

南側に向かう途中、ミライザ大阪城から見て左前側にあるのが本丸御殿跡の碑です。

本丸御殿では実際に政治が行われていました。豊臣政権の時代には秀吉が有力大名や家臣たちとともに日本を動かしていた舞台です。まさに当時の日本の中枢があったと言えるでしょう。

どうやら徳

もっとみる
あなたのスキが、僕のやる気のもとです!感謝します!
3

関西じっくり滞在記(126):ミライザにはお洒落なお店や不思議な風景が

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回はミライザ大阪城の階段でステンドグラスや装飾に心を奪われていました。今回はあらためてミライザ内部を見て回ります。

ミライザ大阪城は3階建てで、屋上のテラスにもビアガーデンがある仕様です。僕も屋上まで上ったところで小腹が減ったので、ビアガーデンでゆっくりしようとしました。

が、ちょっとしたおつまみだけでも5,600円くらいするので、あっさり諦める羽目に…。

もっとみる
読んでくれて本当にありがとう!読んでくれることが僕の支えになります^^
4

関西じっくり滞在記(125):レトロとお洒落を感じられるミライザ大阪城内部

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は天守閣の秀吉にまつわる展示を見てきました。あまり写真が撮れなかったのが無念です。

今回は天守閣のすぐ近くにあるミライザ大阪城の中を覗きます。場所としては天守閣の南東です。

最初にミライザ大阪城は、写真のような建物でございます。

なんだか妙にレトロに見えませんか?実は気のせいではありません。正面から見ると下の写真のようなものです。

「ミライザ」自体が

もっとみる
ありがとうございます!!とっても嬉しいです(^^)
6

関西じっくり滞在記(124):天守閣の中は秀吉にゆかりのある展示が

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は大阪城天守閣の最上階から見える周りの風景を堪能しました。今回は下の階に行き、いろいろ展示を見ていきます。

見ていくのは7階と4階、3階です。いずれも大阪城を建てた豊臣秀吉ゆかりの展示になっています。

7階は秀吉の生涯がメインです。特に秀吉の生涯で山場とされるシーンでは、からくり人形で解説されています。秀吉の人形が動きながら説明するという演出で、博物館で

もっとみる
あなたのスキが、僕のやる気のもとです!感謝します!
4

《写真の保存修復を考えてみた vol.5》~写真の種類と特徴4~ by タケウチリョウコ

今日9月15日の誕生花は「ススキ」です。花言葉は「活力」「生命力」だそうです。
いよいよ実りの秋到来ですね。
こんにちは。タケウチリョウコです。

本日は前回記事の続き「写真の種類と特徴4」の【ゴム印画とカーボン印画】編です。

**********
「芸術写真」や「ピクトリアリズム」と聞くと、ゴム印画やカーボン印画、ブロムオイル印画などの技法による写真をイメージされる方が多いのではないでしょうか

もっとみる

関西じっくり滞在記(123):天守閣からの眺めで今まで巡ったところを思い出した

こんにちはこんばんは、ナオティです。前回は大阪城天守閣の5階で大坂夏の陣関係の展示を見ました。今回は5階から階段を上がり最上階(8階)の展望台で景色を楽しみます。

5階から上る階段は見かけが昭和チックです。考えてみると今の天守閣が1931年製なので無理もありませんけどね。

階段を最上階まで上り切ると、お土産屋さんまであるスペースに出ます。お城の最上階というよりも、タワーの展望スペースみたいな感

もっとみる
あなたのスキが、僕のやる気のもとです!感謝します!
2

「うらやすの国」――資源活用事業#11

植戸万典(うえと かずのり)です。生きていれば何かの所為にしたいこともたくさんあるのが人生。その責任を負わせる先として、最近はコロナと、あとドルチェ&ガッバーナの香水が人気のようです。

疫病だけでなく自然災害もあり、さらには不景気で、文化財の保護はどうしても後回しにされがちです。
もちろん優先事項として人の生き死には重要ですが、文化財を継承していくための措置も放っておいて良いものではないでしょう

もっとみる
筆者もあなたのことがスキです
4