連載『あの頃を思い出す』

4. 雨降って地、現る・・・1

「ひさきさん、きました、きました。来たんです!」
 書庫で本をいっぱいに重ね、在庫整理をしている尚季(ひさき)の元へ明るい声で入ってきたのは、このところ塞ぎがちだったありさ。
「だれが?」
 バーコードを読み込んでいく手が忙しく動く。
「なに言ってんですか、生理ですよ。生理」
「ちょっと、声!」
「あ…」
「でも、よかったね。…胃の調子はどう?」
 散々降りまわさ

もっとみる
ありがとうございます、また来てください
19

スマホで思考を整理する5つの方法論

頭の中にあることを書き出せば、書き出すだけでスッキリしますよね。これはよく言われることで、僕も身をもって体験しているので完全同意です。

書き出した瞬間から、書き出した内容は別人が書いたかのように第三者視点で客観視できるから不思議です。

問題は、ノートに手書きなのか、スマホを活用するのか?という”神学論争”です。これについては目的に応じて使い分ければ?というのが僕の結論で、以前noteにも書きま

もっとみる
嬉しい!(^^)v
3

【思考をカタチにする】課題解決のためのアイデアを練る

アイデアを広げてカタチを作り、評価・選択を行う。

制限なくアイデアを発想する

アイデアを生み出す流れは「発散」と「収束」の2つに分類できる。発散は情報をインプット、理解、分解し、そこからアイデアを自由に広げるステップ。発散の段階では、アイデアの質に拘らず量を出すことに力点を置く。収束は発散したアイデアを整理、分類、結合するなどして具体的に活用できる形へ磨き上げる。

ブレインライティング
他者

もっとみる

10.22

1日雨でした。
自分が住んでる地域は、雨が少なめの地域なので今年分は降った気がしてます。(個人的に)
そして、傘を差すのが苦手なのでズボンビシャビシャになりました。
ナゼ(´・-・)まっすぐさしてるのに……

雨の音と匂いは好きだけどビシャビシャになった後のびゃーん?とした感じはそんなに好きじゃない( ˘•ω•˘ )

明日は晴れるかな?

待ってたグッズが届きました!
思ってた包装と違って、戸

もっとみる

紙の書類は貯まるとストレスでしかないので解消する

なぜ、捨てられないのか?

・扱いに困るから
・何かあったときに読み直す予防線
・一時的に置く
・作業関連書類で後で対応

何が問題か

・扱いに困ったら扱い方を考えるのを投げ出さない、ずっと残る。その後も考える時間がなくなるのできっと考えない

・予防線となる書類は机の上に縦に置くべき。再利用するのだから。キャビネットに置いたら二度と見ない。

・思考停止、捨てられる方法を考えないから後々ストレ

もっとみる
スキあり!
2

夫に片付けてもらうにはどうしたらいい?

ほんとにどうしたらいいですか?
すみませんが、このnoteはこうしたらいいよ!って書いてません。
悩んでます、ってだけです。

育児ストレス軽減の重要ポイントは整理整頓!

1歳になったばかりの子供がいます。成長に応じて、ありとあらゆるものを高いところにあげ、チャイルドロックを施し、必死にものを減らして押し入れに収納しております。

育休で毎日家にいると、いかに過ごしやすくするかはストレス軽減に大

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです!
11

【思考をカタチにする】市場を分析する

問題・課題を見つけ出す作業と、分析作業を交互に繰り返しながら必要な情報を収集しつつ、体系的に整理する。

マクロ環境や自社について分析する

世の中や業界の動きを知り、自社の現在地を把握する。調査を行うときは、目的にもとづいて自分なりの仮説を持って臨む。仮説をもつことでズレや大事なポイントへの感度が上がり、有益な調査と分析を行うことができる。

PEST分析
マクロ的な変化やキーワードを把握する

もっとみる

嫌なこと

久々に嫌だと思う出来事があった

すごく真っ当に正論を言ってるんだろうけれど
相容れないものがある

お互いに正論の攻防?

こちらの主張と相手の主張が微妙にずれていて
「そこじゃない」
3回やりとりしても伝わらないのでやめました

自分が正しいと思っている相手には無駄だと。

大切な相手だと目を見てちゃんと話をして折り合いつけれるまで付き合いますが
そうじゃなかったということがまずわかったこと。

もっとみる
スキ♡ありがとうございます
14

苦手な数学

実家の書籍を整理することになった。
 今の家にあらかた本は移した。

 問題は高校の頃の教科書である。

 自称進学校だった我が母校は参考書を元に授業を進めて行くタイプの授業があった。数学だ。
 数学は一冊一冊の大きさや重さは大したことないが、量が多いので重い。すごく重い。
 ただ、実家を出ても参考書の事は頭にあったので、

「時間に余裕が出来たらいっちょ数学でもやり直すか」

 などと、蜂蜜の如

もっとみる

【思考をカタチにする】問題・課題を発見する

問題を発見するための最初のステップは、あるべき理想の姿を書き出し、そのギャップのを把握・整理すること。ギャップを埋めるためどのような取り組みをするのか、どんな体制で実施するのかを設計する。

問題をあぶり出す

あるべき理想の姿と現状を比較し、問題を可視化する。
問題の本質的な部分まで掘り下げるため、「Why?(なぜ)」を繰り返し問題の原因や周辺の検討要素まで出す。

As is / To be

もっとみる