捨てる片付けは終わり。

わたしは20代後半まで、物を捨てられない性格だった。服も本もCDも思い出の品も。

その頃から、捨てる片付けに関する書籍が販売されはじめ、少しずつ捨てて片付けるようになった。引越しする度に物を減らしてきた。しかし、また物は増え、また減らしの連続だ。

そうして40代になり、今、「捨てる片付けは終わり」を宣言する。

これからは、捨てることを急がない。縁あってわたしのところに来た物を大切に使い、大切

もっとみる

なるようになる

七夕の短冊が強い風に吹かれて生き物みたいだった。

実家に電話をして母に今日は何をしたか聞いたら、食器棚の高いところにある食器を脚立で昇って沢山降ろして整理したよ、とのことだった。やりたいからやってそれを止めることはできないけれど、もし転落などしたらもう本当に大変なので、無理をしないでいただきたい。ということを伝えておいた。高いところのものは息子が帰ったらやるから、別のところを片付けて、と言ったけ

もっとみる
Thank you! ありがとう!

vol.8 決めることは捨てること

あなたの理想をグングン現実に変えていく
“女性みらいナビゲーター”秋元映利奈です。
 
コロナで家にいる時間が増え、
コーチングの質を上げる学びの時間が、
はるかに増えています。
 
こんな内容や要素を追加しようとか、
私が学んだ内容を追加しようとか、
 
そんなことを考えながら、
大きな紙の上で構想を練ったり、
インプット、アウトプットを
繰り返していたら、
あっという間に
時間が経っていきます

もっとみる
ありがとうございます!

再出発。

引越しをした。 

人生において、誰においても、決して味わうべきではない悲しみの底から2年が経ち、再出発を決意した。

この地に来る、きっかけを作ってくれた人の言葉で、前職を辞める決意をし、
その人と共に仕事をすることを決めた。
決断をしてからの、あっという間で、怒涛の2ヶ月間が過ぎ、
今は新居で初めてのnoteを書いている。

思えば、10数年ぶりの一人暮らし。
家電を買い揃え、気に入った家具を

もっとみる
恐縮です!! ワイ^o^
8

『絶独』

昔から子供が好きだった。

だから、公園で気に入った子を見つけると、

お菓子をあげて、言葉巧みに連れて帰る。

しかし、楽しいのは束の間。パパ、ママと

叫び泣き喚くので、殺して捨てる。

運悪くバレていないため、今も続けてしまう。

今日は砂場で遊ぶ男の子に声をかけた。

「僕と遊んでも楽しくないよ。パパとママも
 
 僕のこと嫌いだしね」小さな絶望の眼。

連れて行かない。だが、俺のようには

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです(^^)
9

とにかく捨てる!

とにかく何かを捨てよう!
と、年に数回思うことがあります。

衝動的な気持ちではありますが
そんな時はその気持ちに従います!!

中型のゴミ袋がいっぱいになるまで
部屋中のいろんなところに行き
引き出しや棚、クローゼットの中で
とにかく要らないものをゴミ袋に入れます。

捨てようかどうしようか迷う時
瞬時に決めて、ヒラメキが無ければ捨てます。

それでも決められない場合
ゴミ袋がいっぱいになりそう

もっとみる
スキしてくれてありがとうございます❤️
5

別人

詩を書く時 話し言葉はなんの助けにもならない
ノートに一つ文を書いては 中断し
正しい言葉を探したり 構成し直す
ほとんどの文を やり直す
骨が折れるが 最初からやり直す
満足するまで狂ったように 書き直す
自身の考え方自体さえも 丸ごと変えたりする
毎日 間違いばかり目につき 屈辱的な気分
私はいっそ 別の人間になりたいと考えている 
自分のことを考えると嫌悪感を覚えてしまうから

私はあまりに

もっとみる
ありがとうございます!
5

なぜ悩みから抜け出せないのか?悩まないシンプル思考のヒントとは

「どうすれば良いか分からず悩んでるんです…」

先日、会社の同僚から相談に乗ってと言われました。彼女は自分の担当する企画が上司や関係部署の思惑とズレていて、どうすれば良いか分からず途方に暮れていました。

こうした「悩む」というシーンは誰にでもあります。出口の見えないトンネルにいるような感覚。精神衛生上も良くないです。

「悩み」の正体とは何か、どうすれば悩まないで済むかについて考えます。

そも

もっとみる
ありがとうございます!!(^^) (まだの方はフォロー宜しくです)
53

捨てられる勇気とは?

シンプルな暮らしをしようと
ミニマリストという言葉がここ数年で
流行ってきて断捨離する人が増えてますね。

断捨離という言葉も

今では、だいぶ浸透して当たり前のように

なってきていますが

断捨離の本当の意味って
あなたはご存じですか?

僕は、ちょっと前までは

ただ、物を捨てればいいんだろうという
曖昧な考えでいました(笑)

この思考だと
全然、物が減らないんですよね。

たとえば、年末

もっとみる
スキをいただきありがとうございます♪
5

捨てることの苦悩

苦手だ。
粗大ごみを出すのが、である。

お金を払ってシールを買い、そのシールを貼って表に出しておけば、回収しに来てくれるのだが、処理場まで自力で運べば無料なので、車に乗せられるものは搬入することにしている。
しかし、この「粗大ごみの搬入」が私は大の苦手なのである。

粗大ごみの搬入がなぜ苦手かと言うと、一言でいえば、「かわいそう」になるからだ。
さっきまで自宅で我が家の一員として存在感を保ってい

もっとみる
うれしいです^^
1