看護師と患者

久しぶりの投稿。書きたいことができたので。

お暇な人は読んでくだされ。

以前、同じ内容でキャスをしたので、ステルベンのキャスを聴いていた人は今回のは読まなくても大丈夫。

早い話が、仲の良い担当患者が亡くなったのだ。

自分は病院で働きながら訪問看護の非常勤として働いていたのだが(勿論内緒で)

その最初から今まで関わっていた人

関わった期間は4年

最低でも週3回、多いときは連日訪問してい

もっとみる

アトピー性皮膚炎患者の私は、「自然派」を好まない

自分の人生と身体を賭けた、壮大な「実験」

随分壮大なサブタイトルだが、実際に私本人にとっては大げさではないことをまず断っておく。

私の身体は、産まれた頃からアレルギー疾患の宝庫だった。
気管支喘息は起きなかったのが幸いだが、食物、鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎、しまいには予防接種で具合が悪くなったりもした。
アナキフィラシーショックを起こすものがないのは不幸中の幸い。だけど、給食のそばを無理や

もっとみる
ありがとうございます!
4

最初の3年

社会人一年目、業界の著名な方が言っていた言葉
その言葉が今もなお心に残っている

「最初の3年頑張れない奴は、一生頑張れない」

新人から3年間この言葉を忘れることなく頑張った

まっすぐには進めてはいないが、いまもなお頑張れている自分がいる
自分のことだけを取って、この言葉が正しいというつもりではない
多くの後輩をみてきたが、やはりこの言葉は当たっていると思う

だから新人と面接で話すときは必ず

もっとみる

食事のあとの眠け。どうにかしないと。

お昼の後、猛烈に眠くなることが多かった。
でも、最近そういうことが少なくなった。

理由は単純なこと、「量を減らす」
でも、何を減らすか?

答えは炭水化物。

眠気の原因として考えられているのは、胃腸の血流増加⇒脳血流の低下が良く言われており、理解しやすい。

しかし、もう一つ重要なのは「反応的な血糖値の低下」。

炭水化物と摂取すると、血糖値があがるのでは?
その通り。
ただ、問題はそのあと。

もっとみる

3つのベクトルが未来の方向性を決める

「お金2.0 -新しい経済のルールと生き方-」(佐藤航陽著)を読んだ。

資本主義から「価値主義」という、これから時代の重要な変化について学べたことは大きかった。

私は今40歳。
「資本主義国 日本」で生きていると思っている。
しかし、もうそういう時代は終わりに向かっている。そういうことが良く理解できた。
それと同時に「自分の価値」という問いを突き付けられ、不安にもなった。だが、40歳の今、この

もっとみる

【患者が増える街、減る街】1,061万件のデータを分析して分かった、全47都道府県、全1,769市区町村のランキング。

こんにちは。医療介護データ研究所では、オープンデータを活用したデータ分析を行い、業界関係者に向けてわかりやすく情報発信をしています。

今回、医療介護データ研究所では、約1,061万件のデータを分析して患者が増える街、減る街を調査しましたので、その結果を発表致します。

【前提】2020年代と2030年以降で患者数の増減傾向が大きく異なる

ランキングを発表する前に、押さえておいてもらいたい傾向が

もっとみる
ありがとうございます!リクエストあればコメントください。
13

医師と患者の意識のズレ~偽医療って?~

SNSで「ニセ医療は許せない!」「ニセ医学は滅びるべき!」なんて意見をよく見かけます。

まぁその通りだとは思うんですけど、何となく違和感というかスッキリしないというか…

以下はウィキペディアのサイトからの引用です。

医療を受ける人の視点では、基本的には、ある行為に本当に治療の効果があるのか無いのかによって、本物の医療なのか偽医療なのか評価が分かれる傾向にある。

医療関係者の視点ではおおむね

もっとみる
嬉しいです、励みになります!
1

余命。

あけましておめでとうございます。

わたしは喪中でした。旦那方に不幸がありました。

でも結局病院では元旦から、あけましておめでとうを繰り返していました。

年末にあった悲しい話をします。

大晦日まであと少しの日、ある患者さんが天国へ行きました。

その患者さんは以前にも入院してたから、歩いたらご飯食べたりできていた頃から知ってる。

私が配属された頃に入院してて、私のことを「看護師さん」じゃな

もっとみる

患者数の目標ってどうやって立てるの?|将来推計患者数を分析しよう(後編)

はじめに

「病院・介護施設のはじめての外部環境分析」と題して、病院・介護施設の外部環境分析の方法について解説しています。

これから医療介護経営に関わる方、はじめての外部環境分析に挑戦したい方に向けて、出来るだけ分かりやすく解説していきます。

前回は、「今後、患者数は増えない!?|将来推計患者数を分析しよう(中編)」と題して、入院と外来の需要の違いや、高齢者増加により増えるはずの患者数が実際に

もっとみる
ありがとうございます!よろしければフォローもお願いします。
13

12.Iga血管炎疑い 入院8日目

朝からすごく調子がいい。
微熱と血圧高め(私にしては118/83mmHgでも高い)、下痢だけは続いているけど、痛みが何もない。

昨日の様子を主治医が見て、食事も全粥ハーフから常食に変更してくれてた\(^^)/
買ってきてもらったふりかけで久しぶりの普通のご飯。
美味しすぎる。
おとなのふりかけ最強。
お粥はもう一生見たくない。
細かくきざまれたおかずも一生見たくない。
普通のご飯が食べられるって

もっとみる
とーっても嬉しい😍ありがとうございます🤗🍀
9