田口ランディ

作家・「コンセント」「アンテナ」「モザイク」「ゾーンにて」「富士山」「パピヨン」など著書多数。作品は多言語に翻訳されている。最新刊は2021年9月刊行予定の「水俣天地への祈り」(河出書房新社)水俣はなぜ表現者をひきつけるのか。 noteマガジン「ヌー!」を発行中。(月額500円)
    • Spiritual magazine「ヌー!」

      Spiritual magazine「ヌー!」

      • ¥500 / 月

      このウェブマガジンは、精神世界の内容を多く含みます。もちろん社会問題や、身近な話題がほとんどですが、見えない、聴こえないけれど存在するもの、渾沌、闇、ユング心理学や、ミンデルのドリームボディ、無意識のこと、神様のこと、霊のこと。体験したままに書いています。特定の宗教や思想とは関係がありません。なかなか説明しずらい体験をていねいに観察し続けるために書いています。

    • 恋するリコーダー・本村睦幸さんからリコーダーを教えてもらう

      恋するリコーダー・本村睦幸さんからリコーダーを教えてもらう

      • 13本

      楽譜が読めない音楽音痴でド素人の私・田口ランディが、プロのリコーダー奏者である本村睦幸さんからリコーダーを習い、バロック音楽を演奏するという野望達成までを連載します。本村さんも「田口ランディさんと始めるリコーダー」という記事を教える側の視点から書いています。合せて読めば、きっとあなたもリコーダーでバロック音楽が吹けるようになる……かも。

「縄文とホピ」

 水俣のイベントでお弁当を配っていたら、手伝ってくれた女性がいきなり弾けて踊りだした。びっくりした。スイッチがオンになったって感じ?おとなしくて、声も小さい人だ…

楽しいときに笑う、ここにいる。

ワタクシ事で恐縮ですが(って、いつも自分の事しか書いていないんだが)、2000年に本がヒットして「作家」という仕事でメシが食えるようになったとき、「来る仕事は断わら…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

栗をむく

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

+1

ある多重人格者の記録をめぐって

「24人のビリー・ミリガン」のドキュメンタリー映画を観た。  この映画は同名の本を原作としている。私にとって懐かしい本だ。翻訳された時にすぐ購入して読んだ。今も持…

人間だもん、ねばねばしたい。

手紙の差出人は姓が変わっていた。 わあ、久しぶりだな。そうかご結婚なさったのか。 封を切って文面を読み進めるうちに「えっ? えっ?」となり、終いまで読んで、はーっ…

+1

総理、何とたたかっていたんですか?

コロナ情報に被曝してる。気分は低迷気味。加えて最近のニュース、菅総理総裁選出馬辞退でざわついている政治家の方々の「政治の私物化」ぶりに脱力感。どうにも、もやっと…