帰属

学習理論備忘録(11) 電気仕掛けのオレンジ

帰属の話は続く。

(E)プレゼンがうまくいった のを (A)準備した から、ということと (B)人という字を手に書いてなめた から、というのと、2つの帰属をさせている人を考える。つまり、第1段階で

(A)と(B)→ (E) (プレゼンがうまくいったという効果)

を得ている。それからその人に、成功するには準備だけで十分であり

(A)→(E)

したがって、手をなめる迷信行動(B)は余計なもの

もっとみる
新一ったらー、どこにいってたのよぉ。もおー!
2

学習理論備忘録(10) どっちの理由ショー

「帰属」について再度説明すると、

出来事A → 刺激B → 「Bの原因はAだ!」

という学習である。

勉強した → 成績が上がる → 「勉強したから成績が上がった」

てるてる坊主をつるした → 晴れる → 「てるてる坊主をつるしたから晴れた」

真実であろうがそうでなからろうが、帰属は起こる。

帰属についてこんな実験がある。刺激の種類はパブロフの有名な実験に寄せて、少し変えておこう。光刺

もっとみる
もうあなたしか見えません。いや、あなたも見えません。
5

学習理論備忘録(2) 原因帰属

マンガで考えよう。主人公はとにかくサッカーやらテニスやら武術やら囲碁やら(最近は数学というのもある)で競う人物だ。ゲームでなく、命をかけて闘うというのでもよい。主人公なのでとにかく勝つわけだが、勝つ理由を分類すると

「相手がひたすら弱い」タイプ
そんなんで主人公が勝っても憧れや尊敬の対象にならないので、そもそも物語にならない。

「異世界チートもの」タイプ
現在の知識やら特別な道具やらを持って「

もっとみる
ツンツツンツンツンツツンツツン デレ!!
6

学習理論備忘録(1) 帰属・学習性無力感

娘が保育園に登園する際、マスクがうまくつけられずに泣き出した。その後も行く道々でさまざまなことがうまく運ばなかったようで、泣きつづけであったのだが、弱り目に祟り目。近所の番犬にひどく吠えられた。もう一度言うが道々ずっと泣きつづけであった。だが吠えられた途端に娘は「うわーん、犬のせいで泣いたー」と言った。娘は3歳である。

心の中のことをすぐに言葉にしてくれるので、私としてはありがたく考察の対象にさ

もっとみる
∫f(x)dx=f(x+π/2)
4

いまこそマズローに聞け

 今、AIなどのテクノロジーが急速に進歩し、グローバルな社会の変化の中で、人に求められることも、大きく変わりつつあります。変化が大きい時代だからこそ、人は変化に前向きに挑戦することが求められます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46719530Y9A620C1TCR000/

 この20年間の科学的な知見によれば、自ら工夫して道を見つけ、困難にも立ち向

もっとみる
スキをしていただきありがとうございます!
25

帰属と所属と参加

人の自律とは何によって成されるのか?

(ほぼ一年前に自律について今度考えようとnoteに書いていたのを確認した。思考が巡ってるなぁとちょびっと嬉しくなったり。)

自律という概念は、本来的には人の内側からしか発生しないものに思われる。一方で、人は環境に依存・順応し、またその環境を作り出すのもまた自身であると捉えると、自律はどこを出発点に置くかという自身の捉え方によって成立する概念のようにも思える

もっとみる

「The Millennials」で考える「ミレニアル世代」

京都に来たのに、実家に帰りませんでした。
ここに泊まってみたかったから。

京都の繁華街のど真ん中にあってアクセスよし
カプセルホテルっぽいけど設備(スマートポッド)は最新
一人ひとりのスペースは広くはないけど、でもベッドはゆったり
共有スペースは広く取られていて、コンセントたくさんある
誰かと繋がりたい人も、一人で過ごしたい人も共存できる
ゆったり過ごすことも、黙々と作業することもできる
外国人

もっとみる
ありがとうございます♡
6

祭りのあとのセンチメンタル

こんにちは。日菜子です。

今日は私が個人的に「大人になったなー」と思う出来事を。

私は幼い頃、華やかなものが大好きで、同時にとても苦手でした。
お囃子ときらきらひかる屋台のおまつり。
夢の国、テーマパーク。
非日常の連続、観光・旅行、ちょっとした遠出。

もちろん楽しくて、夢のようなのだけれど、帰ってきたときのなんともいえない虚無感と絶望感、本当にたまらなかった。

私はこれを江國香織が『ウ

もっとみる

〝依存〟との距離感とか付き合い方、そんな感じの処方箋、、どっかに落ちてないかなぁ、、w

たいがいやけども

たいがいてきとーに生きてきたけど、もっともっとてきとーに生きたかったなー。

少なくとも、てきとーに生きてきたことについて、全く責任なんて感じない程度には。。。

見ての通りの人間に、見ての通りだと言ったところで何になるか?

余計なお世話ってもんだ。

結局のところ、全くの独り相撲人生であった。。。独りで相撲とるのって本当にバカバカし過ぎて笑いも出ないね。

敬意とか尊重とか。。。

マジ辞書か

もっとみる
ありがとうございます。
8